ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

ベルリンのクリスマス

このブログがいくら日記ではないと言っても、多少時宜を得た季節感のある記事もたまには必要である。

ここはベルリンの大通り、ウンターデンリンデン。

以前にもモノクロの綺麗な一景を紹介したが、本日の一景はクリスマス・イヴに撮影したブランデンブルク門前の巨大クリスマス・ツリーをご案内。

e0297347_20145533.jpg


人の大きさからこのツリーの大きさがお分かりいただけると思う。

冬のドイツは本当に寒く、「特殊な事情」がない限り、絶対ドイツには、否、ヨーロッパには夏に行くべきである。

その「特殊な事情」のある私は毎冬ヨーロッパを歩いているが、それはそれで、楽しみがないわけではない。

寒さを除けば・・・・・・
by doitsuwine | 2012-12-10 20:15 | ドイツ | Comments(2)
Commented by かおり at 2012-12-11 12:05 x
これはすご~い!!、この高さはディズニーランドのツリーと同じくらいかな!(^^)!クリスマス時期はこんな感じになるんですね。夏を知っているだけに、本当に寒そうなドイツ。一番感動したブランデンブルク門もツリーは素敵ですが、なんだか天気の関係か夏の方が門も輝いて見えますね~。
Commented by 管理人 at 2012-12-11 20:34 x
かおりさん♫

はい。冬のヨーロッパは毎日が「どんより」です。輝きなんかほど遠い。雪がときどきまぶしいだけ。夏は最高ですよ。だから私は最近冬にヨーロッパに行くときはなるべく地中海に近い国に立ち寄ることにしています。年末に行くルーマニアは今大雪とのこと(>_<) だから、その後、スペインのバルセロナで遊んできます。ここならセーターだけで町を歩けます(^o^)