ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

ドイツワイン ヒキガエルの泉

大好きなドイツワインの記事が全然ないので、これからしばらく続けます。

ワインをいただかない人、ごめんなさい。お付き合い下さいm(_ _)m

でもドイツワインは度数も低くフルーティーで、ワイン初心者には絶対お勧めですよ(^o^)

アルコールアレルギーでなかったらぜひ試してください。

ドイツワインを「甘い」と言ってバカにする人たちがいるけれど、私は断然ドイツワイン派。あの酸味と甘みの調和のとれたワインは世界中のどこにもありません。特にリースリングは文句なしに最高です。フランスワインなんか問題じゃない。

本日紹介するのはラインヘッセンのOppenheimオッペンハイム村にある集合畑Krotenburunnenクレーテンブルンネン=「ヒキガエルの泉」。

ラインヘッセンの中でもオッペンハイム村のあるニールシュタイン地区は特に上質のワインが生産されることで有名な地区である。リープフラウミルヒと並んでドイツワインの中でもっとも世界に広く知られ、かつ飲まれているワイン。

オッペンハイム近郊の広大なぶどう畑の斜面の中に、クレーテンブルンネン(畑ではなく本当の泉)はある。周りを石垣に囲まれた小さな泉である。苦労してぶどう畑の中を歩き回り、ようやく見つけた。おそらく日本人でこの泉を見たことがある人はいないだろう。否、ドイツ人だってこんな場所には来ない。

このブログは一日一景なので、本日はワインも畑も泉も出さず、この町を有名にした「ヒキガエルのオブジェ」を出してみた。町中はヒキガエルだらけである。

e0297347_19452083.jpg


ちなみにこのワイン、日本の酒屋でおいている店は少ないです。ネットで購入してみてください。
by doitsuwine | 2013-04-17 18:31 | ドイツ | Comments(0)