ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

大徳寺大仙院の木札

ここは京都、大徳寺の塔頭、大仙院。

この中の一部屋の柱に何気なく掛かっている木札がある。

彫られている文字を読むと、

「気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく 」

e0297347_2365751.jpg


最後の「己」は見えないほど小さい(^^;)

これはここのご住職、尾関宗園氏の名言。

豪快な説法で知られる名物の和尚さん。

こんな言葉のような人間になれたらすばらしいだろうな。
by doitsuwine | 2013-05-04 17:55 | 京都 | Comments(2)
Commented by N-styel at 2013-05-06 10:50
そうそう!!
これ、家訓として!?義母のお部屋に飾ってありますが…
( *´艸`)
実行していただけると素晴らしいですよね!!
Commented by 管理人 at 2013-05-06 17:24 x
Naoさん

へぇ~~~、私も部屋に飾っちゃおうかなぁ。
あっ、でも、ちょっと待て!
多分、こんなの毎日見てたら私は生きていけないかも^^;
私は多分「気が短く、心には角があり、腹を立てやすく、人が小さく、己がでかい」。
こりゃ、端からダメだわ。
だから京都のお寺へ行ってせめてわずかな自制心を養わないといけないのかもしれません^^;