ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

教会と髑髏

ここはスペインのとある教会。

その敷石にはたくさんの髑髏が描かれている。

e0297347_20442785.jpg


墓の彫刻や教会の絵画に髑髏や骸骨を示すことをキリスト教が公認していたために、ルネサンス以後も髑髏は死と人間の運命の象徴としてしだいに確立し、現代に至っている。

海賊の旗、毒薬のラベル、ドイツのかつての髑髏軽騎兵の連隊記章など、いずれも見る者に死の恐怖を抱かせるものとして用いられた。

新選組隊長近藤勇の稽古着の背中にも髑髏が刺繍されていたことを知る人は少ない。
by doitsuwine | 2013-07-26 17:32 | スペイン | Comments(0)