ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

東福寺塔頭光明院 その5 庫裡の三和土

ここは東福寺塔頭光明院。

十分に庭を堪能した帰りがけに、玄関で靴をはきながら、視線をその土間に落とす。

そこにはなんとも美しい三和土に彫られた紅葉が散らしてある。

e0297347_10304763.jpg


三角の敷石との配置や色彩バランスも抜群で、そのセンスの良さに驚嘆した。

最後まで目を楽しませてくれた光明院に、もう一度、感謝の念を込めて、

ありがとうございました。

※三和土(たたき)は、「敲き土(たたきつち)」の略で、赤土・砂利などに消石灰とにがりを混ぜて練り、塗って敲き固めた素材。3種類の材料を混ぜ合わせることから「三和土」と書く。土間の床に使われる。
by doitsuwine | 2013-11-25 17:15 | 京都 | Comments(4)
Commented by N-styel at 2013-11-25 17:27
こんばんわ~♪
本日のlessonも無事に終了です?? (^^)v
あら!!スキンが変わりましたねぇ~♪素敵…
東福寺さん、色々と細かいトコロで楽しませていただけますね。
視点を変えると表情も違って見える…
人とのかかわり方も同じなのでしょう。( *´艸`)
今週もどうぞよろしくお願いします!!
Commented by doitsuwine at 2013-11-25 19:08
Naoさん(^^)/~~~
毎回のlessonお疲れ様です。
同じ寺でも訪れる時期によって顔を変えますね。
何回行っても飽きることのない寺と、一度行ったきり二度と訪れたくない寺・・・・
同じ事を人に言われても、仲のいい人に言われると親切な忠告に聞こえるけれど、仲の悪い人から言われると嫌がらせにしか聞こえない・・・・
そんな感じでしょうか。
京都の寺は人に話しかけてくれます。
その声を受け取るためには一人で観賞しないといけない・・・
と思うのです。
Commented by 南アルプス市 斉藤 at 2013-11-27 09:28 x
お世話になります。「三和土」又、一つ勉強させて頂きました。ありがとうございます。
Commented by 管理人 at 2013-11-27 09:36 x
斉藤さん(^^)/~~~
私も京都では学ぶことが多いです。
単なる散策ではなく、しっかりと学習を兼ねて回れるところも京都の魅力ですね。