ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

パリ 竹之雫集 ④ EIFFEL

エッフェル塔は、パリの象徴的な塔である。

フランス革命100周年を記念して、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために建造されるべくコンペティションが開かれた。

ここで、ギュスターヴ・エッフェルほか2者の案が採用になった。
設計者がステファン・ソーヴェストル、モーリス・ケクランとされたり、エッフェルは工事を請け負ったにすぎないとされたりするが、当時ソーヴェストルとケクランは、2者ともエッフェル社の社員で、エッフェルとともにコンペに参加していた。
最終的にはエッフェルが著作権者となり、この塔の名前の由来になった。

塔の下に彼の胸像があることはあまり知られていない。


e0297347_19555235.jpg

by doitsuwine | 2014-02-05 17:23 | フランス | Comments(0)