ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

プラハ城 その5 黄金の小径

次に訪れたのは私がプラハ城でもっとも楽しみにしていた「黄金の小径」。

プラハ城の北の隅にある細い路地。

e0297347_1843474.jpg

色とりどりの小さな家が並んだおとぎ話の世界のような通り。

1597年にできたもので、城内で仕える召使いなどが住んでいた。
やがてその一角に錬金術師たちが住むようになり、この名前が付いた。
どれも小さな建物で、身をかがめないと入れない。現在は土産物屋になっている。
この通りの中程に青く塗られたNo.22と書かれた家(写真で私が背にしている家)がある。

e0297347_185069.jpg

ここは、作家のフランツ・カフカのために彼の一番下の妹オドラが仕事場として提供した家。
下宿の騒がしさに困り果てていたカフカは、1916年11月から約半年間、旧市街の下宿からここに通って毎晩遅くまで仕事に励んだ。

ここでナイスな栞を購入した。大事に使おう。
by doitsuwine | 2014-08-15 17:29 | チェコ | Comments(0)