ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

魚噴水とイノシシのブロンズ

ノイシュヴァンシュタイン城からホテルへ戻ったのが18時。
ディナーは21時からだという。
だったら市街地で降ろせよ、バカ野郎!!!021.gif 

ということでホテルからタクシーでマリエン広場まで行く。
そしてそこからカールス門までを散策する。
フラウエン教会に入り、かなり長い時間「悪魔の足跡」を探したが、ない。
その辺の係員に尋ねたら「クローズ!」だという。
しかし、一体どこにあるのだろうか、それは現在工事中の玄関ホールの真ん中にあり、何と意地悪く置物で隠してあった。これでミュンヘンが嫌いになった。不親切極まりない022.gif

新市庁舎前の魚噴水(フィッシュブルネンFischbrunnen)は、下の人物と魚の雰囲気に違和感一杯。

e0297347_21272170.jpg

この魚は二代目のようである。
昔々ここで魚屋が魚を売っていたのだという。
だから、魚が主役である。

イノシシのブロンズ。鼻を撫でると幸せになれるという。

e0297347_21275920.jpg

カールス門は、カールス広場からノイハウザー通りに入るところに立っている大きな門。

e0297347_21281938.jpg

元々は通りの名前と同じで「Neuhauser Tor」と呼ばれていたが、1791年に選帝侯カールテオドールによって建て直され、名前もカールス門となった。
まったく面白くない門である015.gif

タクシーでホテルへ引き返す。
by doitsuwine | 2014-09-04 17:21 | ドイツ | Comments(2)
Commented by N-styel at 2014-09-04 19:26
お察しいたします…(/ω\)
touristにとって時間はホントに大切ですモノね…やはりおもてなしの心、ございませんでしたかぁ~ ˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚
噴水、なんとも美観が…不思議な印象です…。
お夕飯でご機嫌がなおりましたか?? (。◕ ∀ ◕。)
Commented by 管理人 at 2014-09-04 20:29 x
Naoさん(^^)/~~~
年に一度の「夏の」欧州。
楽しみをぶっ壊されることほど不愉快なことはありませんよね(>_<)
ということで、私自身、もうミュンヘンには二度と行かないし、人にも勧めません。
夕飯も連中がいない方がむしろよかったのです。
ただただ邪魔でしかありませんでした。
旅行慣れしている私なのですから「おもてなし」がないと怒ります。
噴水・・・でしょう?