ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

二条城御殿の豪壮な大入母屋破風

ここは京都、二条城。

その御殿の豪壮な大入母屋破風に目を留める者は少ない。

一度何かで建築に興味を持った者でなければ、まず見落としてしまう場所である。

e0297347_22174251.jpg


頂に菊紋、両サイドに桐紋、懸魚の下には鳳凰。

鳳凰は古くから霊長として麒麟、亀、龍とともに四瑞として尊ばれた想像上の鳥。
その形は、鶏、蛇、龍などの特徴を併せ持ったものとされている。

鳳凰はまた、古くは風を司るとされたが、朱雀と同一視されるようになって火を司るとされるようになった。
すなわち、鯱と同じよう破風の鳳凰は防火の役目を果たしている。
by doitsuwine | 2014-10-07 17:30 | 京都 | Comments(0)