ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

久しぶりの奈良井 その2

宿場町入口の楽々亭でおいしい蕎麦をいただいて、散策。

e0297347_2044455.jpg

ここの蕎麦は私の中では「日本一」です。

さて、家内と二人で店を覗きながら歩いていると、おや?これは一体何て読むんだ??
トンチの利いた看板に出合った。

e0297347_20442048.jpg

もちろん「春夏冬」は秋がないから「秋ない」=「商い」、だから「春夏秋中」は「商い中」=営業中ということ。
これは多くの人が知っている。

でもこの看板「春夏冬二升五合」???
なんだこりゃ???

お手上げなのでサイトで調べてみると、

居酒屋でときどき目にする表題のことば、「商いますます繁盛」と読みます。「春夏冬」で「秋がない=商い」、「二升」で「升升=ますます」、「五合」で「半升=繁盛」ということです。なかなかしゃれています。

だって(@_@)

こちらは奈良井で唯一の鍾馗。
江嶋屋の屋根に立っている。
e0297347_20452791.jpg

by doitsuwine | 2014-11-24 17:31 | 長野 | Comments(2)
Commented by かおり at 2014-11-24 19:25 x
同じ奈良井を歩いていても、目の付け所が違いますね(^ ^)勉強になりました(o^^o)
Commented by doitsuwine at 2014-11-24 20:46
かおりさん(^^)/~~~
久しぶりに妻とデートをしました♫
毎回、新たな発見があって楽しいものです。
でも紅葉は終わっていました^^;
続きもよろしく。