ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

壱岐に上陸

何もない島、壱岐に着いた。
旅館に荷物を置いて、夕食に出掛ける。
何やら石像がある。
しばらく昔話にお付き合い下さい。

百合若大臣の鬼退治

今から、およそ1200年前の平安時代の話し。
豊後の国に「満の長者」が住んでいが、子供がいなかった。
二人は神に百合の花を供え、「どうか子供を一人授けてください」といつも熱心にお祈りをしていた。
この願いを神が聞き入れて、一人の立派な男の子が生まれ、夫婦は「百合若」と名づけた。
百合若はスクスクと成長し、二人はこの子どもを立派な武士に育て上げようと思い、鞍馬山の天狗のもとに修行に出した。
免許皆伝になって鞍馬山を下山するとき、天狗は「日の丸」の鉄扇を百合若に与え、「お前が先々危険な目にあったら、この鉄扇を使え。そうしたら、どんなに強い者にも勝つことができる」と言い渡した。
京都に帰った百合若は、48回もお見合いをしたが、気に入る人がおらず、結局、六条内裏から「春日姫」という8歳の姫君を強奪して嫁にした。

悪毒王
百合若が大臣になった頃、壱岐には5万匹ともいわれる多くの鬼が住んでいて、作物を荒らしたりして住民を困らせていた。
鬼の首領は「悪毒王」といい、この手下に、風よりも速く走る「ハヤテの太郎」、どんなに遠くのものでも見ることができる「遠見の次郎」、大きな石を遠くまで投げることのできる「ツブテの三郎」という三役がいた。

鬼退治
悪さの限りをつくしている鬼たちがいることを聞いた百合若大臣は、壱岐の島に鬼退治に行くことにした。

遠見の次郎
百合若大臣の船が、壱岐の近くにやって来た。
その船を遠見の次郎が見張り台のある初山の遠見石から見つけた。
遠見の次郎は、ハヤテの太郎に、百合若大臣がやって来たことを知らせると、ハヤテの太郎は矢のごとく走って黒崎半島にいた悪毒王に報告した。
百合若大臣は、初山の遠見石に上陸したが、再び船に乗り、渡良の沖を通り、黒崎半島に到着した。
 

大石と鉄扇
ハヤテの太郎から、百合若大臣がやって来たという知らせを受けていた悪毒王は、すぐに鬼たちを黒崎半島に集めて戦う準備をして、百合若大臣がやって来るの待った。
百合若大臣の船が近づいてくると、大きな風袋で大風を吹かせ、百合若大臣の船を沈めようとしたが、なかな沈まない。
やがて、百合若大臣の船は、だんだん鬼たちのいる黒崎半島の岸に近づいて来た。
船が近づいてきたので、今度は鬼たちは大きな石を船をめがけて投げつけた。 
石があたった船は沈んでいきた。
ハヤテの太郎は特に大きな石を先頭にいる百合若大臣の船をめがけて投げつけた。
しかし、百合若大臣は天狗からもらった鉄の扇で、この大石を鬼たちのいる場所まではね返した。
これを見ていた遠見の次郎は、「よし、こんどは俺が」と言って、大きな石を力いっぱい投げつけた。
しかし、百合若大臣はこの大石も鉄の扇で、鬼たちのいる場所まではねかえした。
百合若大臣がはね返した二つの石は、太郎礫、次郎礫といって今でもそのまま残っている。
ツブテの三郎は、歯ぎしりをして、もっと大きな99999個のイボのついた大きな石を投げつけた。
この石は天に7回、地に7回舞い上がり雷のようだった。
百合若大臣は、この大きな石を受け取り、「持って帰って、記念にしよう」と言って、船のへさきに置いた。

鬼凧(おんだこ)
こうして百合若大臣は、やっとのことで島に上陸し、大部分の鬼どもを殺し、最後に悪毒王と戦った。
悪毒王は大きな金棒を振り回してかかってきたが、百合若大臣は見事に鬼の首を打ち落とした。

e0297347_18322517.jpg

首だけになった鬼は「無念無念」と狂いまわりながら、空高く舞い上がり、そのまま見えなくなってしまった。
空高く、舞い上がった悪毒王は、首と頭をつなぐ薬をとりに天の国に行った。
これを知った、百合若大臣は、悪毒王の胴体を、岩陰に隠した。
しばらくして、悪毒王が、口に薬をくわえて、地上に帰って来た。
しかし、胴体のほうは百合若大臣が隠してしまったので、どこにあるのか分からない。
悪毒王は、しばらく胴体をさがしたが、見つけることができないので、今度は百合若大臣の兜にかみついてバリバリと音を立てて噛み破りはじめた。
すると百合若大臣は、兜を七重まで噛まれたとき、「俺の兜は十四重あるのだ、まだ七重あるぞ、落ちよ」と叫ぶと悪毒王の首は力尽きて、地面に落ちた。
本当は、兜は八重で残りは一重しかなかった。
危ないところだった。
一方、天上で戦いの様子をおそるおそる見ていた鬼の家来たちに向かって百合若大臣は叫んだ。
「壱岐の島の枯れ木に花が咲いたときと、いり豆に芽が出たときに限って降りて来い」と。
それ以来、毎年草木が芽吹く桃の節句の頃になると、鬼が天上から降りようと身構えるので、壱岐の人々は鬼が降りてこないように、鬼凧揚げをするようになった。

e0297347_18291751.jpg

鬼凧には、悪毒王が百合若大臣の兜にかみついた絵が描かれているが、あんなに強かった悪毒王が殺されたことを思い出し、鬼たちはおじけづいて降りてこないという。
 
日本全国に、百合若大臣の鬼退治の話しが残っている。
鬼凧も全国で作られている。
そして、そのどれもが、百合若大臣の兜にかみついている図案である。

寝島
さて、鬼退治をした百合若大臣は、戦いの疲れで勝本港にある寝島で寝込んでしまった。
これを見た味方の別府兄弟は、これ幸いと、百合若大臣を残したまま豊後の国に帰ってしまった。
別府兄弟は、百合若大臣は戦死したと嘘の報告をして、たくさんの褒美をもらい、百合若大臣の後を継いで、国主に任命された。
一方、寝島に残された百合若大臣は、たいそう驚いたが、船がないのでどうすることもできない。

片目の小鬼
しかし、どこからともなく一匹の片目の小鬼が現れ、大臣の世話をするようになった。
小鬼の名前は「木の葉隠れ」という。
二人の住み家は、串山半島だった。
今も、この半島には大臣が上り下りした「黒瀬の滝」という断崖絶壁がある。
壱岐では、断崖絶壁のことを「滝」という。
そこについている割れ目は、百合若大臣が鉄の下駄で上り下りした跡だといわれている。
食べ物は巻き貝・ミル・ワカメ・木の実などで、小鬼が口から火を吹いて、煮たり、焼いたりして食べさせてくれた。
夜は、洞窟の中で寝た。
一年余りこのような生活が続いた。
天手長男神社(あまのたながおじんじゃ)には、この鬼の墓がある。
平たい石を積み重ね、一番上に大きな石が乗っている。
これは、百合若大臣の世話をしていた小鬼の墓といわれている。
真偽のほどは定かではないが、なんとなくロマンを感じる。

帰郷
ある日、沖合いに一隻の船が通ったので、この船に乗せてもらい、豊後の国に帰ることができた。
そして、別府兄弟は死刑になった。 
メデタシ、メデタシ001.gif

e0297347_18294767.jpg

by doitsuwine | 2014-12-12 17:47 | 沖縄・九州 | Comments(0)