ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

妙法寺の三猿

私の地域で毎週土曜日、新聞に折り込みで入るタウン紙 『フジマリモ』。
このタウン紙に毎月一度「富士北麓見てある記」を連載して、昨日掲載されたのが第46回。
そろそろ4年が経つ。
今回は富士河口湖町の妙法寺にまつわる記事。
このタウン紙を見ることができない県外の人たちのために記事の一部を紹介します。

その中のハイライトは何と言っても寺の山門冠木に並ぶ「三猿」。
関東では日光東照宮の神厩舎以外に見たことがない。
名も知らぬ田舎の宮大工の作品。

e0297347_19355623.jpg

実にすばらしい。
この三猿のうち「見ざる」以外の二猿は、晴れた日には霊峰富士を正面に眺めている。
私も山門を入って踵を返してみる。

e0297347_19361611.jpg

山門が額縁となって、見事な富士がトリミングされる(これで電柱・電線がなければね)。
地元の方はもちろん、県外の人たちも河口湖周辺にお出かけの際は、ぜひこちらの寺にお参りを。
by doitsuwine | 2015-04-26 19:21 | 山梨 | Comments(2)
Commented by N-styel at 2015-04-27 19:18
素敵!!正面に富士山とは!!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
ホント、仰るように電柱電線が無粋です…(/ω\)
良いお仕事をなさる方はいらっしゃいますねェ~
技は勿論でしょうが、やはりお心がこもっていらっしゃるのでしょう…??
(*˘︶˘*).。.:*♡
Commented by doitsuwine at 2015-04-27 21:27
Naoさん(^^)/~~~
何事も「心を込めて」です。
松陰先生もそうでした。
心を込めれば何でも成就します。
可か否か、心次第です。
Naoさんのコメントで大事な事が蘇りました。
感謝!多謝!!