ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

8/5 ハーメルン ⑤ 再び町を散策

ヨーロッパの夏の日は長い。
日没は21:00過ぎだから、まだまだ町ブラを愉しめる。

まずは、町を象徴するニコライ教会。

e0297347_15491288.jpg

町の中心マルクト広場に面しており、結婚式の家のすぐ隣にある。
周辺は中世以来の街の雰囲気を色濃く残している。

続いて見たのはその向かいにある「デンプターハウス」。

e0297347_15493790.jpg

オランダ建築の影響を受けた「ウトルフト」と呼ばれる様式。
1607年の建築。
細かい彫刻が一面に施されたファザードが見事。

歩き疲れたのでベンチで読書。
古い教会が隣にあり、その周りを歩いたら、壁に髑髏を発見!

e0297347_155091.jpg

以前にキリスト教と髑髏の関係を調べたことがあったので、こんな彫刻も私のお気に入りなのである。

明日からは、京都とドイツを交互に掲載していきます。

by doitsuwine | 2015-09-23 17:37 | ドイツ | Comments(0)