ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

8/6 ゲッティンゲン ① リーゼル像にご対面!

いよいよドイツの4日目。

e0297347_19334619.jpg

本日の午前はグリム兄弟が教鞭をとった大学街ゲッティンゲンへ。

ゲッティンゲンは、美しい自然に恵まれた学園都市。
1734年創立のゲッティンゲン大学は、ドイツ自然科学のメッカと言われ、過去に40人以上ものノーベル賞学者を輩出している。

その昔、城壁で囲まれていた旧市街は、半径400mの円の中にすっぽりと収まる。
その中心に位置するのが旧市庁舎のあるマルクト広場。
そしてその広場の噴水の中にたたずむのが、街のシンボル「がちょう娘リーデル」のブロンズ像。

e0297347_19341934.jpg

博士号を取得した学生は、リーぜルの頬にキスをするという伝統があり、世界でもっとも多くのキスを受ける女性と言われている。

e0297347_19343742.jpg

by doitsuwine | 2015-09-27 17:12 | ドイツ | Comments(0)