ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

H27 初秋 京都 19 蹴上インクライン

時間がたっぷりあったので、蹴上インクラインを歩いた。

e0297347_22365374.jpg

蹴上インクラインは琵琶湖疏水による舟運ルートの1区間をなす傾斜鉄道で、1891年(明治24年)から1948年(昭和23年)まで実用に供された。

琵琶湖疏水は京都と大津間の船の輸送を用途の一つとしていたが、落差の大きい場所は船が運行できないので、台車に船を載せて上下させるインクラインで運行していた。

e0297347_22413233.jpg

蹴上インクラインは蹴上船溜りと現在の琵琶湖疏水記念館前の南禅寺船溜りを結ぶ延長640メートル、敷地幅22メートル、勾配15分の1の路線で、運転用の巻き上げ機は蹴上発電所の電力で運転した。
通過時間は10分から15分だった。

最後は南禅寺の水路閣に出てくる。

e0297347_22383985.jpg

散策にはもってこいの場所だ。

でもやっぱりここはカップルで歩くべきだろう。
by doitsuwine | 2015-11-06 17:29 | 京都 | Comments(2)
Commented by kw2525 at 2015-11-06 22:35
素敵な場所ですね(^-^)初めて知りました。これは桜の季節に散策すればもっと気持ちが良いでしょうね。良いところを教えてもらいました(メモ、メモ)
Commented by doitsuwine at 2015-11-07 15:58
kw2525さん(^^)/~~~
場所が場所だけに意外に穴場です。
散策には哲学の道と並んでお勧めのコースです。桜の季節は最高です。
人の多いのを気にしなければね・・・