ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

江ノ島散策 その⑤

江島神社の社紋である波に囲まれた三つの三角の紋は、三つ鱗(みつうろこ)という北条氏の家紋である。

e0297347_20483279.jpg

江ノ島は、島全体のあちこちに三つ鱗の紋が彫られている。

国際神学紋様学会会長 (会員ゼロ) としては見逃すことはできない。

e0297347_2049110.jpg

実はこれも伝説の大蛇の化身、蛇女の残した三つの鱗から来ている。

『太平記』 に、時の執権・北条時政が榎嶋 (江の島 ) に参籠して子孫の繁昌を祈ったところ、赤き袴に柳裏の衣を着た美しい女性が現われ、「汝の前世は箱根法師である。その善行によって子孫は末永く日本の主となる」 と告げ、たちまち大蛇の姿となって海中に消えた。あとに鱗が三つ落ちていたという。
by doitsuwine | 2016-03-29 17:36 | 東京・神奈川 | Comments(0)