ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

御坂町藤野木を散歩②

藤野木の墓地を少し登ると小さな神社が見えてきた。

e0297347_2033836.jpg

三星神社とある。
珍しい名称だ。

e0297347_20332466.jpg

調べると、武田信玄がこの地を通行の折、夕立に遭い、この宮で休んだとき、御神領として山林を寄進した。
江戸時代の建物は五尺の九尺で、藤野木の氏神として信仰されてきた。
修復は、村山の立木を切り、その費用に当てた。
三星という社名の由来は一説には三柱の神を奉斎したためとも、三上皇を助けた三星左衛門が勧請したためとも言われている。

以上が由来のようであるが、なお一考の余地を免れない。

さてさて、境内を眺めると・・・
あったあった、丸石道祖神。

e0297347_20334850.jpg

これ、郡内ではほとんど見られないもの。
ここは旧鎌倉往還の通り道であり、御坂のこんな山の上にも丸石道祖神が祀られているのである。

おもしろいなぁ
15分の散歩終了。




(完)
by doitsuwine | 2016-05-19 17:24 | 山梨 | Comments(0)