ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

山法師

今、職場の庭に2本の山法師が真っ白な苞を開かせて、葉の緑とのコントラストを愉しませている。

e0297347_21412062.jpg

山法師はミズキ科の落葉高木。
山野に生え、葉は楕円形で先がとがり、対生。
夏になると淡黄色の小花が集まってつき、花びら状の4枚の白い苞をもつ。

e0297347_21414070.jpg

山法師の下に一つの碑がある。

e0297347_21383747.jpg

朝鳥に 花ちりばめつ 山法師   秋桜子

日本は季節感が明瞭に味わえて最高です。





(完)
by doitsuwine | 2016-06-14 17:24 | 山梨 | Comments(2)
Commented by 政房 at 2016-06-14 22:16 x
山法師、うちの庭にもありますが花の付きがよくありません~_~;

秋桜子は高校の授業で啄木鳥の俳句を学びました。
現国の加藤先生は楸邨さんの息子で俳句の授業にはとりわけ熱が入りました。。

いろいろな想いが巡る、花の色ですね。



Commented by doitsuwine at 2016-06-14 22:23
政房さん(^^)/~~~
花にはそれぞれの人にいろいろな思いがあります。
私なんか、山法師を見ると、それこそ武藏坊弁慶か延暦寺の僧兵しか浮かびません(>_<)
高校時代の授業、保健の授業のブルース・リーの話しか覚えていません(*_*)