ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

吉田山の銅板葺き住宅群

京都大学の裏手にある吉田山は、別名を神楽岡ともいう。
足利尊氏の軍勢がこの山に陣を敷いて南朝方と戦ったことで知られている。
カフェで休憩の後、山の東斜面を下っていった。

e0297347_19281417.jpg

するとそこに突如として銅板葺きの住宅群が現れた。
伝統的建築物群が大好きな私は、この思いもしなかった出合いに心が躍った。

e0297347_19283899.jpg

この住宅群は元々、豪商谷川茂次郎が大正末期から昭和初期にかけて建設した京大の教官のための上質な借家住宅だった。

e0297347_19291857.jpg

吉田山の東麓の傾斜地に石垣を築き、数段からなる段地を形成している。

e0297347_19293967.jpg

東側に東山の山並みを展望する傾斜地に立地することから、採光、通風・、見晴らしなどに優れ、まるで別荘地のようなたたずまいである。

e0297347_19295728.jpg

汗がジワジワと滲み出てきた。

e0297347_19301598.jpg

いい運動だ。

e0297347_19302627.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2016-09-26 17:13 | 京都 | Comments(0)