ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

古民家復元完了

昨日のつづき。
上芦川集落に先年まで修復中の古民家があった。
その民家がその後どうなったのかを見たかった。

じゃ~~~~~ん006.gif

e0297347_19365202.jpg

すっかり修復も完了し、すばらしい姿に復元されていた。
裏側もご覧の通り。

e0297347_19382340.jpg

向こうに見える新しい建物はトイレ。
すごいじゃん!!!
この地区に典型的に存在する 「兜造り」 の民家。
これだったら訪れる人たちも満足していくだろう。
遠くには南アルプスを眺望できる。

e0297347_19395029.jpg


行政とはこうでなくっちゃね045.gif

帰り道に双体道祖神を見つけた。

e0297347_19404651.jpg



(つづく)


by doitsuwine | 2017-02-22 17:29 | 山梨 | Comments(4)
Commented by umi_bari at 2017-02-22 17:44
日本家屋は本当に強いですね、古くても
復活出来るんですからね、匠の技にバグースです。
鉄筋や鉄骨の方が早く立て替えでしょうかね。
我が家は、セラミックの一面全部の壁を工場で
作っての組み立てなんですよ。
Commented by N-styel at 2017-02-22 18:23
素晴らしい景観‼︎ nice projectですね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و ♫
屋根を葺くのも費用が莫大でしょうに…すごいお仕事ですね〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
Commented by doitsuwine at 2017-02-22 18:47
アラックさん(^^)/~~~
そうですね。
鉄筋はもっても50年、メンテナンスに莫大なカネが飛びます。
我が家はわが地区で唯一とも言える宮大工が建てた木造和建築なんです。
築40年、あと100年は使えそうです(^^)
Commented by doitsuwine at 2017-02-22 18:50
Naoさん(^^)/~~~
はい、景色抜群ですが、過疎化が進行していて若者がいません。
なにしろ、現代の生活からすると不便が多すぎるのです。
しかし、退職後に田舎で自給自足をするのなら最高の場所です。
近くに道の駅もありますし。