ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

身延町矢細工集落を歩く ③

久保地区のもっとも低所に位置する日蓮宗妙泉寺に立ち寄る。

e0297347_2214430.jpg

老人が作業をしていたので、墓地の場所を尋ねる。
寺から離れた場所にある墓地までの山道を100mほど歩く。

e0297347_2221627.jpg

矢細工という名前のとおり竹林が山一面を覆っている。

e0297347_2233651.jpg

この竹で古くは弓矢をつくっていたという。
墓地への山道を歩いていると、苔むした六地蔵塔に出合った。
全国路傍の石造物調査委員会会長 (会費無料、しかし会員ゼロ(>_<)) としてはこれを見逃してはならない。
じっくりと睨めっこだ。

e0297347_2235571.jpg

傍らにもう一つ、倒れた六地蔵塔がある。
だれも修復する人がいない。

道行く人々の安全を守った地蔵様もその役目を終える日は近い。

e0297347_2242449.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2017-03-23 17:50 | 山梨 | Comments(0)