ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

カテゴリ:台湾( 9 )

このブログでは私的な仕事や技芸の趣味のことにはほとんど触れたことがない。

中国拳法もその一つ。

日本における中国拳法の黎明期(ブルース・リー全盛期)に日本のとある道場で基礎を学び、長じて台湾へ直接学びに行く。
その数、二十回以上。
台湾には古い時代の拳法がそのまま伝えられていた。

台湾は私の第二の故郷であり、師匠は第二の父であった。
その結果、私は日本でトップとなる「総教練」の資格を得た。

写真はその師匠。
60歳くらいのときだろうか。

e0297347_2383356.jpg


しかし、残念なことに日本での後継者はまだ育っていない。






(完)
by doitsuwine | 2017-04-25 17:57 | 台湾 | Comments(0)
台湾の高雄のさらに南にある港から船で島へ渡る。
島の名は小琉球。
海がない山梨県人にとっては海そのものが憧れの対象。
自転車をレンタルして小さな島をひたすら走る。
もちろん一人。
ときどき現地の人と会話をするが、お互いに何を言っているかわからない。
なんて人間は不便な生き物なんだろう。
猫や犬は世界中どこへ行っても会話をしているというのに。
海岸の断崖絶壁に立ち、写真を撮る。
e0297347_21415460.jpg

海の輝きがまぶしい。
そろそろ戻ろうか。
by doitsuwine | 2015-03-13 17:35 | 台湾 | Comments(0)
かつては毎年、台湾へカンフーの修行に出掛けていた。
すでに私が最初に師事した師匠は他界しており、その次の師匠たちも大分高齢になった。
ここのところしばらくご無沙汰してしまっているが、来年また行けるかもしれない。
すでに日本で最高位の総教練の資格を授かっているので、あとは後継者を育てるだけなのである。

さて、私が台湾に行くと、ホストの先生方が集まり盛大に歓迎会を催してくれる。
カンフーの修行に行っているのに太ってしまう・・・007.gif

そのウェルカムディナーの料理は・・・・・・・
e0297347_1611441.jpg

e0297347_16115769.jpg

e0297347_1612743.jpg

e0297347_16122030.jpg

e0297347_16123118.jpg

e0297347_16124365.jpg

e0297347_16125420.jpg

e0297347_1613639.jpg

e0297347_16131871.jpg

e0297347_16132934.jpg

e0297347_16133964.jpg

e0297347_16135152.jpg

e0297347_161427.jpg

e0297347_16141293.jpg

e0297347_16142336.jpg

e0297347_16143868.jpg


腹がパンクしてしまいそう066.gif
by doitsuwine | 2014-06-15 17:04 | 台湾 | Comments(2)
私が好きな料理の一つ、台湾の朝食の定番「お粥」。

もしかしたら世界の朝食で一番好きかも011.gif

とにかく好きな具を選んでお粥に乗せるだけ。

その具がどれも最高においしくてお粥にぴったり。

e0297347_2284093.jpg

この簡単にいただけるところもお気に入り045.gif

そしてどこの町、どこの通りにも必ずその食堂がある。

(はっきり言うと食堂というレベルには届いていない)

狭いガレージのような場所に古いテーブルと椅子が置いてあるだけ^^;

もちろんすべてセルフ。

しかし、豪華なホテルの整ったブッフェだけがおいしい朝食とは限らない。

夜市と朝のお粥は台湾の生活にはなくてはならないものなのだ。

うらやましい習慣である!
by doitsuwine | 2014-03-04 17:59 | 台湾 | Comments(2)
台湾へ行くと必ずいただくのは炒飯。

そう、元々中華料理では一番好きなメニューだし、日本の炒飯と比べることができる。

知らない料理もいいが、日本でいただいたことのないものは、その味が美味しいのか不味いのか、自分の中での判断基準がない。

それにくらべて炒飯はどこでも、いつでも食べることができる。

しかし、やはり本場の炒飯は美味しいのです。

e0297347_12273946.jpg


台湾の米は9割が日本と同じジャポニカなので、違和感もまったくないのがうれしい。

しばらく台湾も行ってないので、そろそろまた行ってみようかな。

私にとって台湾は第二の故郷と言える存在なのです。
by doitsuwine | 2013-08-15 17:18 | 台湾 | Comments(4)
台湾へはもう20回以上行っている。

もっと、紹介しないといけない。

ここは台湾中部に位置する台中・彰化の海の玄関口、鹿港。

ここでの昼食。

ごく普通の食堂。

いただいたのは豚飯と野菜炒め。

e0297347_12171399.jpg


これがいい。

本当の家庭の味。

そして台湾の味。

どこへ行っても食は第一の愉しみ043.gif
by doitsuwine | 2013-08-14 17:10 | 台湾 | Comments(0)
台湾料理は臭豆腐など、一部の料理を除けば、とてもおいしい!

夜市の屋台にはさまざまな食べ物が小吃(小皿の一品料理)で売られている。

まるでスペインのバルのようだ。

見てあるくだけでも相当楽しい。

そんな中で私の好きなの小吃の一つが「蚵仔煎」。

地瓜粉(サツマイモ粉)と片栗粉でとろみをつけた牡蠣(台湾では蚵仔と書く)と青菜を卵に混ぜて鉄板で焼き、ジャムをかけて、できあがり。

いわゆる台湾風オムレツ。

e0297347_2027653.jpg


これが旨い(^o^)

台湾が貧しかった時代の代替料理だというが、贅沢な一品ではないか。

もっちりとした独特の食感が人気の、台湾を代表する小吃。
by doitsuwine | 2012-11-30 20:26 | 台湾 | Comments(0)
今日、台湾の記事を、とのリクエストをいただいた。

台湾は私の故郷の一つ。

私は台湾が大好き(^o^)

しかし、このブログではまだ1回しか紹介していなかった^^;

ごめんなさい・・・<(_ _)>

これからは、もっと積極的に台湾を取りあげて行きますね!

ということで、今回は南部の高雄から一話。

ここは、現在でも中国福建・広東の古い伝統をよく残している。

夜市はその一つ。

今宵の一景は高雄の「六合夜市」(もしかしたら「瑞豊夜市」かもしれません^^;)

e0297347_20264320.jpg


台湾は毎晩夜市が開き、道路は人々で埋め尽くされる。

夜の外食は台湾の古き良き慣習の一つ。

道路の両側にビッシリ並んだ店の数々、そして食品、料理、スイーツ、菓子・・・

これほど楽しい食べ歩きはない(^^)

今宵は何を食べようかな♫
by doitsuwine | 2012-11-29 20:27 | 台湾 | Comments(2)
台湾は訳あってもう20回以上訪れている。

ある年の冬、南部のカオシュン(高雄)へ行った。

ここは漢民族がいち早く上陸した場所。

中国福建省の風習を色濃く残している。

近年は台湾の輸出加工区として経済成長を支えてきた。

この高雄をさらに南下して、船に乗ると台湾の琉球に着く。

台北でコートを着ていても、ここではTシャツでOK! 

そう、そこは北回帰線の真下にある小ちゃ~~~い島。

その名も「小琉球」。

貸し自転車で島を一周した。

e0297347_0305077.jpg


写真はこの島の名所「花瓶石」。

巨大な岩石の下部が波に浸食されて、こんなキノコみたいな形になった。
by doitsuwine | 2012-09-02 00:34 | 台湾 | Comments(0)