ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

カテゴリ:ルーマニア( 70 )

本日、ヴェネツィア休刊日

クリスマスに訪れたルーマニアのワイン街道で唯一オープンしていたワイナリーで購入した白ワイン

e0297347_1413532.jpg

もちろん試飲をしてから、その場で瓶詰めしていただいて購入
ラベルもしっかり貼ってもらう

ワイン単独でいただくと、どうしても甘口に気持ちがいってしまう

このボトルは日本に持ち帰り、先日、家でいただいた

e0297347_13561791.jpg

やっぱり料理に合わな~~~~~~い042.gif

ドイツのリースリングだったらシュペートレーゼまでは料理に合うんだが、他の国の甘口はどうしてもダメですな(/_;)
by doitsuwine | 2016-02-16 17:48 | ルーマニア | Comments(0)
12月27日(日)

本日のセミナーはカンフー

そしてルーマニア最後の晩餐は市街地から外れた『La Cocosu Rosu』

e0297347_2105965.jpg

いただいた料理はスープ、そしてスパイシーソーセージ

e0297347_211211.jpg

e0297347_211454.jpg

e0297347_212620.jpg

ここでも民族舞踊が披露された

e0297347_2122127.jpg

建物も料理もいいのだが、難点が2つ

喫煙可、そしてうるさい022.gif
私は煙った部屋とうるさい場所が大嫌いなのだ
おかげでその晩着ていた服をヴェネツィアのホテルで二日間干しましたよ
by doitsuwine | 2016-01-09 17:45 | ルーマニア | Comments(0)
25日はホストのためにプライベートセミナーを
26日は早朝小さな教会に行き、それから居合と剣術のセミナーを開催

e0297347_17512098.jpg

ディナーは参加者たちと一緒にいつもの 『VATRA』 にて

e0297347_17515721.jpg

e0297347_17521643.jpg

いただいたのは豆スープと

e0297347_1755754.jpg

「Trout "Vatra"」

e0297347_17552836.jpg

店名が付いている料理は決まって美味い
これは私個人の経験から来ている

ヨーロッパのレストランメニューを見て嫌なのは、料理名がやたらと長いこと
この料理にしても「Trout "Vatra"」だけで十分だ
しかし、その下に続いて、
Lake(salmonized) trout fille, covered with corn flakes served with boiled potatoed and sour creum sause.
とある。

(すべての日本人を代表して一言) 日本のように写真メニューにしてくれないかなぁ!

食事中、民族舞踊の披露があった

e0297347_17575989.jpg

それにしてもルーマニアには美人が多い
by doitsuwine | 2016-01-08 17:37 | ルーマニア | Comments(2)
クリスマス・イブの夜は一度入ってみたかった 『ハヌル・マナクHanul manuc』 でディナー

e0297347_1723355.jpg

ブカレストの中心街にある高級ホテル兼レストラン

e0297347_17235139.jpg

そこで、一押しの Try our most famous dish と書かれた「 Caramelized Lamb Knuckle 」 をいただく

e0297347_17241194.jpg

美味い!!!

ワインは高級スパークリングの LHEIN EXTRA をチョイス

e0297347_17242989.jpg

ごちそうさまでした。
by doitsuwine | 2016-01-07 17:14 | ルーマニア | Comments(0)
遅ればせながら、

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



昨夜遅く、無事に帰国しました
今回の訪欧は、ルーマニアとヴェネツィア
ルーマニアは武術のセミナーのためなので、さっと通り過ぎ、ヴェネツィアで年末年始を過ごしました

それではまず本日はルーマニアから

12月23日深夜(日付は24日)にブカレスト着
24日はワイン街道へ

まずはドライブインでランチ
スープとソーセージの盛り合わせ

e0297347_15311352.jpg

e0297347_15312571.jpg

そしてお楽しみのワイン街道へ
でもどのワイナリーもクリスマスで閉店・・・
営業の確認をしておいた1軒だけ訪問した

e0297347_15203778.jpg

「Pensiunea La Butoaie」 という小さなワイナリー

e0297347_15211794.jpg

そう、ペンションを兼ねたワイナリー

e0297347_15205598.jpg

ここに泊まりたかったなぁ

一帯は白ワインがメインなのでワクワクウキウキ

e0297347_1522773.jpg

いろいろと試飲を愉んだ

e0297347_15222312.jpg

この日は南部の村に宿泊する予定だったのにホストが予約を入れてなくて、あえなく撃沈!
毎回、こんなのばかり

だから今回のルーマニアでの 「観光」 は唯一、このワイナリー1軒!!!
by doitsuwine | 2016-01-06 15:07 | ルーマニア | Comments(4)
ルーマニアでの最後の晩は、私の門下生の中でもっともリッチ?な女性宅を訪問。

車はBMW、車内通話は無線、門扉は自動開閉、敷地には鶏が放牧、家は3階建てで2階はトレーニングルームが設えてある。

e0297347_2105976.jpg

彼女はここに一人暮らし。

旧ソ連一帯に企業を展開するスーパーウーマン。
着ている服はいつもグッチにシャネル、バーバリー・・・・
多分、月収は国民平均の100倍くらいあるだろう。
当然、英語はペラペラ。
日本語も少しだけ話せる。

ここで中国茶とリキュールをいただいた。
棚に置かれたいくつものボトルを見ると、その中に「ベヘロフカ」を発見069.gif
久しぶりにこれをオン・ザ・ロックでいただく。
◆ベヘロフカ
チェコの良質な温泉地カールスバードに住む薬剤師ヨゼフ・ベッヒャーが、あらゆる薬草とアルコールの調合を繰り返し、1807年に完成させたリキュール。 消化液の分泌を刺激し、食欲を整え、消化促進に効果があるといわれている。世界中でヒットし、数々の賞やメダルを獲得している。 観光客が土産として必ず持ち帰るといわれ、オーストリア皇太子のご用達にもなっている。

e0297347_2113082.jpg

うまい!!!

この日のディナーはホストのお薦めレストランだったが、イマイチだった。
e0297347_238274.jpg

e0297347_2384022.jpg

本日の街角女性ウォッチングはお休みします。
男性諸君、ごめんなさい004.gif
ドイツの美人に乞うご期待!!!
by doitsuwine | 2015-09-09 17:07 | ルーマニア | Comments(2)
セミナー2日目は丸一日。

だから本日はディナーだけ紹介。
私の好きな地下レストランで豪華なディナーとなった。

e0297347_1795175.jpg

私のチョイスはワインに合うように野菜やハムの盛り合わせ。

e0297347_17101219.jpg

だけど、海外の料理によくあるように、ここの料理も思いっきり塩辛い033.gif
完全にミスチョイス。
珍しくメニューに写真があったのだけれど、出されたのは別物022.gif
でもワインと会話を十分楽しんだ。

e0297347_17104477.jpg

e0297347_1711794.jpg

デザートのアイスは旨い!

e0297347_1712118.jpg

こちらは私のお弟子さんたち。

e0297347_17123743.jpg

本日の街角女性ウォッチング。

e0297347_17131324.jpg

片肌脱いで・・・いいねぇ053.gif
by doitsuwine | 2015-09-08 17:01 | ルーマニア | Comments(0)
私の訪欧の目的は武術による交流。

観光はあくまでそのオマケ。

交流のない旅行なんて、ただ外国にカネを落としてくるだけで、人類の平和には何一つ貢献できていない。

自分自身の気分転換と違う文化を味わう体験はいいが、人とのコミュニケーションの方がはるかに大事。

ただの旅行は、思い出にはなっても、終われば次につながるものが何もない。

コミュニケーションに必要なのは、海外の人たちと交流できる共通の趣味・特技を持つこと。

しかし、これがなかなかできることではない。

仮に趣味があったとしても交流の機縁がなければ、永遠に自己満足の世界から抜けることはできない。

9割以上(恐らく)の日本人がそうであるように。

少なくとも時間とカネの使い道を知らないおばさんと一緒の、そして文化の「ぶ」の字もないギャルたちと一緒のツアーになんか絶対に行くものではない。

閑話休題

今回のルーマニアでのセミナーは剣術・杖術・柔術の3種目を指導した。
経済はなかなか進展しないが、趣味はしっかり持っている。
日本人よりはるかに人間らしい生活をしている。

e0297347_16344439.jpg

e0297347_16354130.jpg

夜はピザをいただいた。

e0297347_1637267.jpg

e0297347_16372413.jpg

本日の街角女性ウォッチング。

e0297347_16385544.jpg

いいねぇ053.gif
by doitsuwine | 2015-09-07 17:19 | ルーマニア | Comments(2)
ホテルは朝食付きであったが、同行者たちは初めてのブカレストなので、一度は 『カルク・ベレ』 で朝食を、ということで案内した。

e0297347_1625932.jpg

e0297347_1633165.jpg

ブカレスト最古の、そして最高級のレストランではあるけれど、朝食はリーズナブルなのである。

e0297347_1634688.jpg

午前中は皆さんと町巡り。
私がガイド。

革命広場。
e0297347_1641698.jpg

大学図書館。
e0297347_1645781.jpg

そして、国立美術館。
e0297347_1653196.jpg

ここは収蔵品が多く、見応えがあった。
そして、アテネ音楽堂。

e0297347_1664089.jpg

その近くの高級レストランで高価なランチ016.gif

e0297347_1672835.jpg

ここで皆さんとはお別れ。
私はホテルにもどって夜のセミナーに備える。

どうもこのブログには「色」がなくていけない。
だから本日から毎日「街角女性ウォッチング」をお届けしたい。

本日は黄色の濃淡でオシャレしたポニー。
e0297347_1618278.jpg

by doitsuwine | 2015-09-06 17:49 | ルーマニア | Comments(2)
この日は当然、シビウに宿泊する予定でいた。
しかし、ホストは「今夜はブカレストに泊まります」だって!?!?!???
ドライバーに気を使ってディナーをわざわざシビウに設定し、われわれもシビウの町をゆっくり観光するはずだった。
だって私は前回もここで泊まりそこねてるんだよ、あなた。
もはや言葉も出ない。
そこまで私はあなたに指示を出さないとダメなの?
で今からブカレストまでまた車を走らせるのだという。
30分だけ時間をもらって、旧市街地の大広場周辺を超高速で観光。
というより私の案内で同行者にガイドをしただけで終了。

e0297347_14373411.jpg

e0297347_14381324.jpg

こちらはこの橋の上でウソをつくと崩れ落ちると言われている「うそつき橋」。
たまには私も登場します。

e0297347_1439231.jpg

e0297347_14414948.jpg

だから私は目新しいものは何一つ見ることができなかった044.gif
到着はまたもや深夜だ。
まっいいか。
やれやれ008.gif
by doitsuwine | 2015-09-05 17:25 | ルーマニア | Comments(2)