ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

カテゴリ:コレクション( 41 )

ドイツはロマン街道のハイライト、ローテンブルク。
ロマン街道が古城街道と交差する小さな城郭都市。
ドイツ屈指の美しい町として、カップルでの旅行ではヨーロッパ屈指の観光地でもある。
かつてこの町に宿泊もしたことがある。
だから町の中を隈無くゆっくりと散策することができた。

この小さな町に、お土産として人気のあるおもちゃがあることを知る人は少ない。
おもちゃといってもただ吊しておくだけの飾り物。
しかし、いかにもドイツの職人が作ったという、その雰囲気がいい。
それは針金とブリキで作った飛行機。
これを天井から吊して飾る。

e0297347_2264648.jpg

吊るしの部分はバネになっているので、下に引っ張るとプロペラが回転してしばらくフライトを続けるようになっている。
これがなかなか味があるんですよ。
わっかるかなぁ?
わかんねぇだろうなぁ(古)






(完)
by doitsuwine | 2017-04-27 17:56 | コレクション | Comments(0)
4711。
ナポレオンがドイツを支配したときにケルンの町に付けた地番の一つ。
この地点がオーデコロンの発祥地となった。
当初、ここで造られた香水は 「ケルンの水」 、すなわちドイツ語で 「ケルニッシュ・ヴァッサー」 と呼ばれていた。
しかし、その名を外国人が聞くと不味い 「うがい薬」 のように聞こえるため、フランス語の綺麗な 「オー・デ・コロン」 (ケルンの水の仏語) とした。
その後、この男女兼用のフレッシュな香水は瞬く間にヨーロッパ全土に売れ渡った。
この4711番地の家、実はモーゼル屈指の上級ワインを醸造するアイテルスバッハのカルトホイザーホフベルクと深い関係にあり、そのラベルにあしらわれた金とブルーの色彩が双方の関係を物語っている。

e0297347_1745963.jpg







(完)
by doitsuwine | 2017-04-22 17:46 | コレクション | Comments(0)
十数年前、ブダペストのアンティークマーケットで購入した旧ソ連の放出品、すなわち置きみやげがこのホワイトオペラグラス。

e0297347_18291948.jpg

いくつあるかわからないマイコレクションのオペラグラス。
http://doitsuwine.exblog.jp/20629413/

しかし、観劇にいつも使っているのはこれだけ。
コレクションとはそういうもの045.gif





(完)
by doitsuwine | 2016-12-29 18:29 | コレクション | Comments(0)
アルフは、アメリカ合衆国のNBC制作のテレビドラマ。
UFOごと落下してきた宇宙人が居候となるというシチュエーション・コメディ。
その声の吹き替えを所ジョージがしていた。
確か小松政夫も吹き替えしてたと思う。
もう20年くらい前のこと。

非常に愛嬌のあるキャラで、私はこの番組が好きだった。
だから彼の置物やぬいぐるみがたくさんある。

e0297347_11585939.jpg

by doitsuwine | 2016-12-21 11:53 | コレクション | Comments(2)
まだ、飼い猫のクロッチが健在だった頃、パリ土産に買ってきたのが数々の黒猫グッズ。

その中の一つ、小さな陶器製の黒猫。

e0297347_11502434.jpg

一週間滞在したモンマルトルのネコグッズ専門店で購入した。

クロッチはいないが、我が家は今でも黒猫だらけ。





(完)
by doitsuwine | 2016-12-20 17:41 | コレクション | Comments(0)
年に一度のクリスマス。
この数年はヨーロッパでクリスマスを迎えていたので、今年は久しぶりに我が家でクリスマス。

そのイブの晩に活躍するのがサンタのゆらぎ灯ランプシェード。

e0297347_11394152.jpg

おいしいシャンパンでキリスト生誕のお祝いだ!





(完)
by doitsuwine | 2016-12-19 17:33 | コレクション | Comments(2)
ハンガリーの名窯ホロハーザの陶器をたくさん持っている。
というよりも実際にホロハーザへ行ったことがあるので、愛着があるから、アンティークマーケットで見つけると、つい購入してしまう。
今回、紹介するのはいつ購入したものか覚えていない。
そして、それよりもこれは一体何に使う物なのかも判明しない。

e0297347_17522112.jpg

盃とも思うが、こんな器で洋酒をいただいたことは少なくともハンガリーではない。

でもこれからの季節、妻とこんな洒落た器で熱燗とでもいこうかねぇ。





(完)
by doitsuwine | 2016-12-02 17:52 | コレクション | Comments(0)
昨日の画像にも登場したブラス製トンボの置物。

e0297347_21332615.jpg

先日、上京したときに靖国神社の骨董市で購入したお気に入り。

箸置きに使っているが、実際の用途は何だろう013.gif

e0297347_21335389.jpg

ペーパーウエイトかとも思ったが、少し軽い。
by doitsuwine | 2015-07-21 17:28 | コレクション | Comments(0)
先日の誕生日にダヤンの貯金箱をいただいた♪
ダヤンとのお付き合いも、もう20年。
出会いは神戸港。
ほどなくして河口湖にもオープン。
池田さんにもお会いして、たくさんのコレクションにサインをいただいた。
そして、今、ダヤンのすごい絵を描いている。
仕上がるまで内緒。

e0297347_20365330.jpg

下半期もよろしくお願いします。
by doitsuwine | 2015-06-20 17:31 | コレクション | Comments(0)
アンティークコレクション月間の最後はリクエストにお応えして、品々の飾り棚を一つ。

実際には書棚。

しかし、本はアンティークで隠れてほとんど見えない003.gif

e0297347_1738838.jpg


ガラスの入った書棚は埃が入らないから、小物を飾るのには最適?

我が家にはこんな書棚がいくつもあり、さらに壁に掛けたり、長押の上にもコレクションがずらりと並んでいる。

ちなみに、私の本格的な趣味である武具の世界は、こんなものではない。

いつでも、博物館が開けるほど。

ときどき、海外から見学に来る者もいる027.gif
by doitsuwine | 2013-06-30 17:28 | コレクション | Comments(0)