ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

カテゴリ:我が家( 80 )

5月の花が一斉に開いた056.gif

e0297347_19235257.jpg

花たちの世話は女性陣の仕事(趣味)^^;

私は観賞役045.gif

ということで・・・
by doitsuwine | 2014-05-24 17:20 | 我が家 | Comments(0)
まだまだ鍋料理がおいしい。

本日は豚鍋。

もちろん一人鍋016.gif

出汁がよく出てネギや豆腐も美味しい。

e0297347_21513352.jpg

合わせた酒は今、フィーバー中の「獺祭 純米大吟醸50」

「松竹梅 白壁蔵」のすっきりした味わいに口が慣らされてしまったため、最初はその「ぬめ~~~」とした喉ごしが気になった。
香りも今いち007.gif
しかし、飲み慣れてきたら、普通にいただけるようになった。
「獺祭」は京都祇園の「や満文」でいただいて以来。
もともと山口県なんかは酒所ではないから、私にはあまりピンと来ない。
行きつけの酒屋の主人が勧めてくれたのだが、もう少し変わった酒の方が私にはありがたい。
by doitsuwine | 2014-05-04 19:43 | 我が家 | Comments(2)
昨日は娘の○○歳の誕生日067.gif060.gif

ランチを河口湖町の『LYON』でいただいた。

パリ以来のフレンチ d(*^v^*)b♪

私たちは一番乗りだったが、オードブルが出てきたときには満席!

まずはスープとサラダ。

e0297347_14361928.jpg

メインは「牛テールの煮込み南仏風」をchoice016.gif

e0297347_14372991.jpg

合わせたワインはこのレストランお勧めの南仏産オーガニックワイン、白のシャルドネ「レ・ヴィノー」。
クセがないが、コクも深みもあって、辛口ながらいただいているうちにわずかな甘みを感じるすぐれもの。
とんな料理にも合いそうだ。

e0297347_14421973.jpg

ちなみに妻は「スペイン産ひな鶏のロースト」を、

e0297347_1444349.jpg

娘は「富士桜ポークロースと春キャベツのブレゼ」をchoice

e0297347_1447068.jpg

私のデザートは「クレームブリュレ」016.gif

e0297347_15103332.jpg

おっと、モンマルトルとは大分違うな037.gif
でも正直、こちらの方がおいしい016.gif

リーズナブルで量もあり、満足なランチでした。


LYON (リヨン)
0555-72-2762
営業時間ランチ12:00~14:00LO
ディナー18:00~21:00LO
定休日火曜
平均予算1260円~4000円
席数20席
by doitsuwine | 2014-05-03 07:30 | 我が家 | Comments(2)
先月関西へ行って、明石の魚の棚から私宅に鯛を送った。

今月初めにこれを鯛鍋にしていただいた016.gif

e0297347_1146053.jpg

あわせた酒は「松竹梅 白壁蔵 生酛純米」。

この酒は昨年からはまっており、ここでも紹介した?と思う。

とにかく宝酒造の革命酒といえるほど、おいしい酒。
きりっと冷やした切れのいい味わいは、それでいて深みと香りがあり、洋食にも合わせることができる。

以前は小瓶で買っていたが、最近では一升瓶を買っている045.gif
by doitsuwine | 2014-04-26 17:36 | 我が家 | Comments(2)
まだまだ鍋物がおいしい季節。

本日は「一人寄せ鍋」001.gif

具は白菜・ニンジン・ネギ・水菜・海老・鱈、そしてつくね。

e0297347_1945053.jpg

しかし、味はいたってさっぱり!(塩分を控えなければいけないので009.gif
なので、濃厚な餃子を付けて、バランスよくいただく045.gif

今宵、合わせた酒は「白鶴 純米吟醸」
ブルーのボトルが綺麗016.gif
モンドセレクション金賞受賞(2012,13年 2年連続)049.gif
兵庫県産山田錦を100%使用、 原料米にこだわった純米吟醸酒。
低温でじっくりと仕込んだ深い味わいと気品のある香りが特長。

もちろんこれは白鶴酒造資料館を見学し、試飲をして求めたお気に入り。
他にもいろいろお土産を買い込んでしまいました(?_?)
by doitsuwine | 2014-03-19 17:32 | 我が家 | Comments(0)
明石の魚の棚で買った鯛を香菜焼きにして、酒は南会津、大内宿で買った『開當男山 特別純米酒 夢の香』を合わせる011.gif

e0297347_2042417.jpg

兵庫と福島で、共に天災の大被害を受けた場所。
これを合わせて幸せをいただく。

鯛は肉厚でしかも身が締まり、何にでも料理できそうなので、いろいろ愉しむ予定。
家族は私が帰る前にすでに刺身をいただいている016.gif

『開當男山 特別純米酒 夢の香』
享保元年、天領南会津に創業した開当男山酒造。
その歴史は間もなく300年を数える。
雪国の寒冷な気候と、その雪がもたらす水、そして平均50%という精米歩合や蔵人のきめ細かな造りが、ここならではの酒を造り上げる。
雪が多く年間の平均気温は10度以下、最低気温がマイナス20度になることもあるという。
そんな自然によって生まれる地下水は、酒に清冽な味わいを与える。
今宵いただいたのはこの夢の香シリーズでももっともリーズナブルな特別純米。
実は大内宿で購入した店にこれしか置いてなかったのだ007.gif
和紙に書かれた朱書きの「夢の香」が気に入って購入045.gif
福島県産酒造米「夢の香」を100%使用した特別純米酒「開当男山 夢の香」
上品な味わいとなめらかな喉ごし、どのような料理でも合わせられるクセのない美酒だ043.gif
by doitsuwine | 2014-03-13 17:14 | 我が家 | Comments(0)
冬の一人鍋は最高。

何たって煮えばなをいただけるし、嫌いなものが入らない016.gif

今夜は鶏鍋。
それにキツネ、ネギ、白菜などを入れてグツグツ011.gif

e0297347_2014686.jpg

合わせた酒は『生酛 高清水 特別純米酒』。
秋田酒類製造株式会社から2009年4月6日より全国一斉に発売されたニューフェイス。
秋田で生まれ育った酒造好適米を丁寧に磨き、清らかな秋田の水で仕込んだ、手間暇を惜しまない生酛造り。
純米酒ながら重すぎず、上品でやわらかな香りとまろやかなコク、ふくらみのある旨さが鍋にピッタリ001.gif

白地の和紙に金箔で力強く、大きく描かれた「生酛」の2文字は、「高清水から、生酛造り」を印象づけるラベルデザインになっている。

大型スーパーで購入できると思います。
by doitsuwine | 2014-03-08 17:49 | 我が家 | Comments(0)
本日ご紹介のお酒は、生吟醸賀茂鶴 四季彩酒 『あらばしり』 吟醸生原酒。

e0297347_20261767.jpg

名前が長くて覚えられない007.gif

だから ここでは『あらばしり』 だけでいいということに(^^;)

あらばしりとは、寒中に手仕込みの吟醸もろみを酒袋に詰め、自然に流れ出す新酒のこと。
1月下旬の限定販売!!
杜氏が寒中に心を込めて仕込み、新酒をそのまま瓶詰した、 爽やかな香り、芳醇な味わいの吟醸酒の生原酒。

春を予感させる新鮮な風味、春告げ酒。
四季彩酒・・・素敵な言葉ですね045.gif
賀茂鶴酒造の中で一番旨いという声もある吟醸原酒あらばしり016.gif
さわやかで軽い飲み口、この一歩で、春を先取り???
料理はサンマに厚揚げで043.gif
by doitsuwine | 2014-03-06 17:10 | 我が家 | Comments(2)
温野菜を鍋でいただく016.gif

ポテト、ブロッコリー、トマトであっさりと。

酒はドイツワインで、もちろんリースリング。

e0297347_2233059.jpg

普通はデザートワインとしていただくベーレンアウスレーゼを食中酒として合わせる045.gif

私の場合、洋食にソフトドリンクを合わせる場合は甘いノンアルコールカクテルをいただくことが多いので、まったく問題なし。

むしろ、このくらい味が強烈なワインの方がいい006.gif

ドイツワインはベーレンアウスレーゼクラスでも酸が利いており、フレッシュかつフルーティーなので、トカイやソーテルヌのような甘ったるいベタ付き感がないのもお気に入り。
by doitsuwine | 2014-03-05 17:51 | 我が家 | Comments(4)
この冬のマイブームは「一人鍋」016.gif

何種類いただいたことだろう。

妻に感謝053.gif

こちらはキムチ風ややグヤーシュ系スープに豚肉・豆腐・ネギ・モヤシなどを入れてグツグツ001.gif

e0297347_21321391.jpg


合わせた酒は「五凛」。

「天狗舞」で知られる蔵元「車多酒造」(文政6年(1823)創業)が平成18年に送り出したニューブランド。

酒名は、「蔵元」「杜氏」「酒販店」「飲食店」「一般顧客」の五者が凛とした関係で酒を楽しめるようにとの思いを込めて命名。
軽快な飲み口で、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒などをラインナップ。
原料米は山田錦。仕込み水は白山水系の伏流水。

それでいただいたのはもちろん純米大吟醸043.gif

現在、「車多酒造」の専務である車多一成氏は「酒SAMURAI」「和醸和楽」などなど日本酒再興に全力を尽くされている若旦那さんで、業界では蔵元・酒屋を問わず、兄貴のように慕われる存在。
その氏が生涯をかけて世に問うNEWブランドが「五凛」。
「日本酒は美味しい」をコンセプトにした上質の食中酒で、天狗舞同様注目の酒。

あれあれ酒の紹介がメインになってしまった042.gif
by doitsuwine | 2014-02-24 17:13 | 我が家 | Comments(2)