ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

カテゴリ:西日本( 17 )

ここは法善寺横丁。
私が大阪で一番好きな場所。
京都の先斗町みたいな通り。
なんだか、最近はどこへ行っても食べることがメインになっている(>_<)

この通りの入口に「洗心水」がある。
なんと、慶応四年四月の建立。

e0297347_23124769.jpg

深く彫られた八分隷書の文字が厳めしい。

慶応四年の四月といえば戊辰戦争の真っ只中、江戸の無血開城がなされた頃。

「洗心水井戸は手と口を清めるためのもの」などと言われているが、元は違っていたはず。

かつてこの界隈で働いていた女たち・・・仲居、職業婦人、娼妓、半玉、そして芸者たち・・・・・・。
この井戸水でけがれた心を洗いまひょと、彼女たちは不動明王の尊像に水をかける。
何十年来一日も欠かさず水をそそがれた不動明王の体からは蒼い苔がふき出している。  
しかし、それも明治以降の話。

近代国家の夜明けの年にできた井戸。
当時、この一帯は刑場だった。
井戸の建立にはさらに別の意味があったはずである。
そう、刑場に引かれる罪人は、この井戸水で親族と水杯を交わし、悲しい別れに涙したのである。
今はそんなことを知る人はだれもいない。
by doitsuwine | 2015-04-03 17:23 | 西日本 | Comments(0)
徳島への出張の帰り。

徳島空港内のレストランで「和牛カレー」をいただく。

あんなにヨーロッパでビールを飲んだのにまたビールemoticon-0124-worried.gif

e0297347_2327116.jpg


牛肉が軟らかくておいしくいただきました。
by doitsuwine | 2014-08-03 17:23 | 西日本 | Comments(2)
徳島へ出張した。

夜の懇親会は知らぬ人たちばかりなのでキャンセルして一人でワインビストロへ。

入ったのは徳島駅前にある駅前ワインビストロ「わたなべ精肉店」

肉屋さんが経営しているんだったらここはやっぱり肉料理emoticon-0144-nod.gif

「和牛赤身とフォアグラのロッシーニ トリュフ香るマディラソースで」

ワインは肉でも白・・・・で「ドメーヌ・アストラック・ミュスカ」をチョイス。

e0297347_2313311.jpg


美味い!

これがモンマルトルだったら百点なのになぁ~~~~~~~~emoticon-0105-wink.gif
by doitsuwine | 2014-08-02 17:04 | 西日本 | Comments(6)
『天下一品』の「支那そば」

「こってり」と「あっさり」がある。

「あっさり」を選ぶ年齢になってしまった。

e0297347_2172041.jpg

食べ過ぎが続いたときの軽いラーメンは最高emoticon-0110-tongueout.gif
by doitsuwine | 2014-04-02 17:56 | 西日本 | Comments(0)
大阪で唯一残っている路面電車に乗る。
街並みにとけ込んだ小さな車両は、「ちんちん電車」の愛称で親しまれている。

e0297347_20543630.jpg

ちんちん電車は、阪堺電気軌道といって、天王寺駅前から住吉公園までの上町線4.6kmと、恵美須町から堺市の浜寺駅前の間を結ぶ阪堺線14.1kmからなり、両方は住吉で交わっている。

e0297347_2055314.jpg

住吉大社に用事があったので、この懐かしい電車に乗ることができた。
いつまでも残して欲しい。
by doitsuwine | 2014-04-01 17:48 | 西日本 | Comments(2)
池田駅の近くにLucci(ルッチ)というイタリアンレストランがある。

e0297347_20452052.jpg

白と黒を基調とした店内はカウンター席のみ。
オープンキッチンのめずらしいイタリアンレストラン。
きっと以前は居酒屋かラーメン屋だったんだろう。
若いコックが一人でアルバイトを使って切り盛りしている。

ここでランチをいただいた。
メインのパスタは「キノコと山芋のクリームパスタ」をチョイス。
これが美味いemoticon-0115-inlove.gif

e0297347_20454950.jpg

グラスワインもバッチリemoticon-0144-nod.gif
いただいたのはKore Chardonnay
ヴィンテージ: 2012
産地: イタリア、シチリア
品種: シャルドネ100%
アルコール度数: 13 %
ボディ: フルボディ
適性温度: 18 °C
相性の良い食材:オードブルやシーフード、白身肉

ぶどうは手摘みで行い小さな容器に入れ、 除梗、破砕後、厳選酵母を用いて温度制御付きステンレスタンクで発酵させる。ぶどうの特徴は海抜500mのシチリアの丘陵地帯で育った上品なシャルドネ。果実味とルローラルな香りのあるエレガントな造りで、余韻が長く続く。
by doitsuwine | 2014-03-31 17:30 | 西日本 | Comments(2)
ここは法善寺のすぐ近く。
戎橋筋と法善寺を東西に結ぶ中間に「アラビヤコーヒー店」がある。
ターバンを巻いたオジサンのマークがインパクト大の昭和レトロな佇まいの喫茶店。
60年の歴史を刻む老舗。

e0297347_20244840.jpg

コーヒーは機内のCAや行きつけのバーのママが笑うほどのフルコースの私であるが、ここではビスコッティを付けたので、思いっきり渋いマンデリンをチョイス。

e0297347_20251149.jpg

老舗のコーヒー店はどこへ行ってもいいねぇemoticon-0144-nod.gif

このあと「なんばグランド花月」へ行って大笑いしたemoticon-0140-rofl.gif
by doitsuwine | 2014-03-30 17:06 | 西日本 | Comments(2)
ここは法善寺横丁。
もう一つお気に入りの店がある。
『元祖串かつだるま 法善寺店』。

e0297347_20514823.jpg

本店ではなく、法善寺店というのが私のこだわりemoticon-0144-nod.gif

オーダーするのはいつも「レディースセット」emoticon-0152-heart.gif

e0297347_2052561.jpg

男性でも提供してくれるのがうれしい。
私がこれをいただく理由はいたって単純で、最後にソフトクリームが付いているからemoticon-0102-bigsmile.gif

e0297347_20524360.jpg

e0297347_20525679.jpg

合間にいただくキャベツが甘くて美味しい。
タレはもちろん最高である。
by doitsuwine | 2014-03-29 17:38 | 西日本 | Comments(0)
大阪難波へやってきた。

e0297347_20285234.jpg

ここは法善寺横丁。

e0297347_20292393.jpg

私が大阪で好きな場所はここしかない。
今まで大阪に来たときもここだけは必ず来る。
そしていただくのは『夫婦善哉』の「夫婦善哉」emoticon-0110-tongueout.gif

e0297347_2030535.jpg

店内には織田作之助関係の資料が展示されている。

e0297347_20303769.jpg

いついただいても美味いemoticon-0115-inlove.gif

e0297347_20305342.jpg


※夫婦善哉(めおとぜんざい)
大阪の法善寺の横にある店名。ぜんざい一人前を2つの椀で出すことから夫婦善哉という。明治創業時の店名は「お福」だった。 戦前、織田作之助が、この店や法善寺を舞台にして書いた小説『夫婦善哉』のヒットで一躍有名になった。
by doitsuwine | 2014-03-28 17:12 | 西日本 | Comments(0)
ここは酒所、灘。
酒蔵巡りをした。
まずは「白鶴」。

e0297347_204889.jpg

最近の高級志向の時流にいち早く乗って、品質重視の酒造りに転換したのが大成功。
今ではおいしい酒を造っていて、京都の飲み屋でもよく見るようになった。

e0297347_2044195.jpg

展示資料館も観光客で一杯だった。
もちろん試飲を愉しんで、いろいろお買い物emoticon-0115-inlove.gif

e0297347_205520.jpg


次はこちらも息の長い菊正宗。
e0297347_2053193.jpg

ここも企業努力を怠らない。
おいしい酒を造り続けている。

e0297347_2055797.jpg

e0297347_2061220.jpg

展示を見るより、ショッピングの方が楽しいemoticon-0144-nod.gif

当分、晩酌が愉しめそうだemoticon-0140-rofl.gif
by doitsuwine | 2014-03-27 17:56 | 西日本 | Comments(0)