ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

パリ郊外のフォンテーヌブローの森にある、バルビゾン村に定住し、風景や農民の生活を描いた画家たちがいた。

ミレー、コロー、テオドール・ルソー、そしてドーミエ。

その中で、ルーヴルで見られる作品のうち、私の一番のお気に入りは、ジャン=バティスト・カミーユ・コロー (1796-1875)の「モルトフォンテーヌの思い出」(1864年)

e0297347_14105260.jpg

森と湖を描写させたら彼の右に出る者はいない。

この叙情的な風景は彼にしか描けない世界。

右の大木が重くならないように、小木の下に人物を配する・・・

風景画のセオリー。
by doitsuwine | 2014-02-28 17:56 | フランス | Comments(0)
ときどきパリに戻り、随想します。

本日は、ルノワール作「読書する二人の少女」

e0297347_13473229.jpg


印象派の作品の多くはオルセー美術館にあるので、ルーブルにはあまり所蔵されていないemoticon-0112-wondering.gif

しかもオルセーは撮影禁止emoticon-0121-angry.gif

なぜなのかよくわからない。

ルーヴルは私が好まない宗教画が圧倒的に多いemoticon-0114-dull.gif

さて、この作品、ルノワールはたくさんの娘たちの読書風景を描いているが、私のお気に入りはこれemoticon-0144-nod.gif
淡い色彩を用い、背後から差し込む光が見事に色調を整えている。

敢えてバックに部屋の様子を描かないのがルノワール。

ふっくらほっぺの愛らしい少女を描くことが多かったルノワール。

お気に入りの一枚emoticon-0137-clapping.gif
by doitsuwine | 2014-02-27 17:27 | フランス | Comments(0)
昨年末に描いた水彩画 『 百花繚乱 』 。

展示が終えて帰宅しました。

天井画のような雰囲気を醸し出して描いてみました。

e0297347_21373751.jpg

絵の部分は70×70㎝で、かなり大きいですよ。

もっと各花たちをアップで観ていただけるといいのですがemoticon-0144-nod.gif

それは我が家にお出でいただいたときにでも。
by doitsuwine | 2014-02-26 17:31 | 生活 | Comments(4)
メロンパンは我が家全員が大好物。

東名海老名SAは言うに及ばず、ヤマザキデイリーストアーもお気に入り。

そしてもう一つ。

地元にいながら滅多に登ることのない富士山五合目のメロンパンがこちら。

e0297347_2156358.jpg


五合目の売店『あまの屋』で売られている『富士山めろんぱん』は、まさにここでしか食べられない貴重なメロンパン。

五合目のオーブンで毎日作られる焼きたてメロンパンは、富士山の形をしていて、ココアパウダーが溶岩、シュガーパウダーが雪をイメージしている。

サクサクで美味しいメロンパンemoticon-0100-smile.gif

ただ、チャイニーズが団体で買ってしまうので売り切れが多いemoticon-0124-worried.gif
by doitsuwine | 2014-02-25 17:45 | 山梨 | Comments(0)
この冬のマイブームは「一人鍋」emoticon-0115-inlove.gif

何種類いただいたことだろう。

妻に感謝emoticon-0152-heart.gif

こちらはキムチ風ややグヤーシュ系スープに豚肉・豆腐・ネギ・モヤシなどを入れてグツグツemoticon-0100-smile.gif

e0297347_21321391.jpg


合わせた酒は「五凛」。

「天狗舞」で知られる蔵元「車多酒造」(文政6年(1823)創業)が平成18年に送り出したニューブランド。

酒名は、「蔵元」「杜氏」「酒販店」「飲食店」「一般顧客」の五者が凛とした関係で酒を楽しめるようにとの思いを込めて命名。
軽快な飲み口で、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒などをラインナップ。
原料米は山田錦。仕込み水は白山水系の伏流水。

それでいただいたのはもちろん純米大吟醸emoticon-0142-happy.gif

現在、「車多酒造」の専務である車多一成氏は「酒SAMURAI」「和醸和楽」などなど日本酒再興に全力を尽くされている若旦那さんで、業界では蔵元・酒屋を問わず、兄貴のように慕われる存在。
その氏が生涯をかけて世に問うNEWブランドが「五凛」。
「日本酒は美味しい」をコンセプトにした上質の食中酒で、天狗舞同様注目の酒。

あれあれ酒の紹介がメインになってしまったemoticon-0141-whew.gif
by doitsuwine | 2014-02-24 17:13 | 我が家 | Comments(2)
最終日のディナーは前回、最高だったセルビア料理のレストラン『タヴェルナ・スルブルイ』へ。

郊外にある高級レストランだが、いつも満員である。

今回はビーフステーキをいただいた。

e0297347_1762992.jpg

e0297347_1754381.jpg

ステーキもケーキも美味いemoticon-0115-inlove.gif
しかし、こんな高級レストランにも欠点が・・・emoticon-0120-doh.gif
向こうに見えるドリンク、これはオレンジジュースではありません。
実は「テキーラ・サンライズ」を注文したのだemoticon-0168-drink.gif
ふつうなら下にグレナデンシロップが沈んでいるはず。
でなければサンライズにならないemoticon-0144-nod.gif
何だこれ??? 最初から混ざってるぞemoticon-0121-angry.gif
日本なら完全に作り直しさせているが・・・・・・・
by doitsuwine | 2014-02-23 17:49 | ルーマニア | Comments(0)
この日のディナーは私のセミナーへの参加者たちと。

レストランは一昨日と同じブレビスタ。

笑って食べて、飲んで食べて・・・emoticon-0167-beer.gif

この日はウサギの肉料理をいただいたemoticon-0115-inlove.gif

e0297347_16453862.jpg
 

ワインはパーティーだったので珍しくロゼを。

このディナーに参加している人たちは皆、リッチな階層の人たちemoticon-0164-cash.gif
by doitsuwine | 2014-02-22 17:40 | ルーマニア | Comments(0)
翌日のディナーは久しぶりに和食を食べたくなったので、『禅(ZEN)』という名の寿司屋へ。

e0297347_16313057.jpg

何とシェフは日本で修行をしたルーマニア人だと『地球の歩き方』には出ているが、C氏に聞いたらシェフはフィリピン人だというemoticon-0107-sweating.gif

e0297347_16314879.jpg

e0297347_1632356.jpg

しかし、味はしっかりしていました。合格です。emoticon-0144-nod.gif

残念なのは箸の置き方が上下逆だったこと。

教えてあげたのに、直っていなかったemoticon-0146-punch.gif
by doitsuwine | 2014-02-21 17:28 | ルーマニア | Comments(0)
ブカレストへ戻ってお待ちかねのディナー。

本日はジビエ料理で有名な「ブレビスタ」ヘ。

e0297347_16221417.jpg

ここへは以前にその本店へ行ったことがあるが、支店が市の中心にできたということでそちらへ。

私は自分で勝手に今回のルーマニアでの食のテーマをジビエと決めたのであるが、実はルーマニアはジビエ料理で有名なのだとか。
初めて知った・・・emoticon-0141-whew.gif

それで、この日注文したのは「熊肉料理」。

e0297347_16214885.jpg

名前は控えていないので、わからない。

大きなポテトが2つも添えられていてボリュームも満点emoticon-0115-inlove.gif

しかも臭みもなくて、美味しいemoticon-0142-happy.gif

次に行くときも料理はジビエに決定!
by doitsuwine | 2014-02-20 17:14 | ルーマニア | Comments(2)
さて、お待ちかねのランチはニコラエ・バルチェスク通り沿いにある「CASA FRIEDA」で。

e0297347_1581712.jpg

トランシルバニアの定番料理を出すレストラン。

隣りがペンションになっている。

e0297347_1584469.jpg

いただいた料理は猪のステーキ。

e0297347_1592075.jpg

そう、今回のルーマニアでの食のテーマは「ジビエ」emoticon-0134-bear.gif

最初に猪からトライした。うまいemoticon-0115-inlove.gif

もう、ご機嫌であるemoticon-0102-bigsmile.gif
by doitsuwine | 2014-02-19 18:05 | ルーマニア | Comments(2)