ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

河口湖には自然の流出河川がないため、古来より大雨により増水し、湖岸の村々に洪水被害を出した。

一方、山を挟んだ東の新倉村(現・富士吉田市新倉)では透水性の溶岩台地が広がり、水利に乏しく、湖水を新倉方面へ通水させる用水路の開発が求められていた。

新倉掘抜は江戸時代初期から工事が行われ、曲折を経て、慶応元年に完成し、新倉村は河口湖の水利権を保持している。

明治44年には新たなトンネルが掘削されたため、それ以降、新倉掘抜は利用されていない。

現在は、大正6年に竣工した東京電力の放水路と平成6年に完成した嘯治水トンネルを合わせた、嘯(うそぶき)川から構成される放水路により、宮川に放水される。

e0297347_22134763.jpg


写真は東京電力の放水路。

昔はこの川の中でよく遊んだ。
河口湖に生息する淡水魚がたくさん流れてきて、網で掬ったものだ。
ナマズや沢ガニがよく捕れた。
今では、写真の通り、立ち入り禁止の危険河川となってしまった。
子どもの遊ぶ場所がない。
by doitsuwine | 2014-09-30 17:05 | 山梨 | Comments(0)
我が家から車で5分の場所に、世界的に知られている富士山のビューポイントがある。

忠霊塔。

e0297347_2124184.jpg


戦没者を祀る五重の塔であるが、その背後から眺める富士の絶景はポスターやカレンダーでよく知られている。

9月の富士は冠雪がまったくないので、あまり面白いとは言えないが、それでもこれほどまでに左右対称な円錐火山は世界のどこにもない。

せっかく世界遺産になったというのに、地元には何の見返りもなく、変わったことは何もない。

マナーの悪い中国人が汚して帰るだけである。
by doitsuwine | 2014-09-29 17:57 | 山梨 | Comments(2)
山梨県笛吹市御坂町の旧鎌倉往還に「百番巡礼供養塔」がある。

安永戊戌初夏、と脇に刻まれているから、1778年の建立である。

もう236年もその場所で人びとを見守っている。

e0297347_20283131.jpg


かつて平安貴族の間にもてはやされた観音信仰は、江戸時代に入ると庶民の中にも広がり、信仰の対象を観音札所とか四国遍路とかに定めて巡拝する諸国巡礼が流行した。無事に参拝が成就するとその証しとして、地元に満願の供養塔を建てて感謝をし、身近で拝める対象物にした。

百番巡礼供養塔は西国三十三ヶ所・坂東三十三ヶ所・秩父三十四ヶ所を巡礼してきた人たちが記念に建てたもので、江戸時代後期に全国に広まって、体の弱い人やお年寄り達が地元にある百番供養塔で巡礼をしたと伝えられている。

当時の農民は大した手続きもせずに(往来手形を持つだけ)、全国に物見遊山の旅に出ることができたのだから、何と自由な世の中だったことだろう。江戸時代に人生をもっとも謳歌したのは、紛れもなく農民たちであった。
by doitsuwine | 2014-09-28 17:09 | 山梨 | Comments(0)

先年、宮崎県へ出張に出掛けた。

真夏のこと。

蝉時雨が炎天下に響く。

e0297347_21434278.jpg


短い地上での生活に全身全霊を傾けて泣き続ける。

松陰先生の「攘夷」に聞こえた。
by doitsuwine | 2014-09-27 17:40 | 沖縄・九州 | Comments(2)
久しぶりに本のご紹介。

柚木麻子さんの『ランチのアッコちゃん』。

e0297347_20433065.jpg


都会の職場で働くOLの日常を描く。
 
主人公二人はともにOLをやめて、新たな仕事を・・・

不思議な縁が二人を繋ぐ。

女性の内面世界と生活感覚を著者独特のストーリーで綴る。

読書の秋に一押しの小説。
by doitsuwine | 2014-09-26 17:28 | 生活 | Comments(0)
光勝寺は山梨県市川三郷町の芦川渓谷入り口付近にある。

ここには旅の安全を祈願する大小多くのわらじが奉納されており、ここが街道筋であったことをしのばせる。

e0297347_14285176.jpg

わらじを奉納するのは旅人が健脚を祈願するのと、もう一つ別の意義がある。

わらじは仁王の力を表し、「この様な大きなわらじを履くものがこの寺を守っているのか」と驚いて魔が去っていくのだといわれている。

芦川渓谷は私の大好きな場所。

毎年、春秋に散策を愉しんでいる。
by doitsuwine | 2014-09-25 17:18 | 山梨 | Comments(0)
何度観たことだろう、この砂と石しかない庭。

e0297347_14113967.jpg

なぜ、こんなに人びとの関心を引き付けるのだろう。

外人が見ても感動するのだろうか。

いや、これは日本人だけが持つ大和民族のDNAゆえのことではないのだろうか。

「わび」と「さび」。

外人がいくらわかった振りをしても、わかるはずはないのだ。

この幽玄の世界観を。

しばらく本来の一景一話に戻ります。
by doitsuwine | 2014-09-24 17:04 | 京都 | Comments(0)
by doitsuwine | 2014-09-23 17:53 | 京都 | Comments(0)
我が家から歩いて1分の場所に居酒屋 『 湯座 』 がある。

近所組の宴会でも利用している店。

宴会の料理はお任せであり、予算の関係で・・・・であるが、先日家族で食事に出掛けたら、なかなかいいメニューが目白押し・・・・・゚+(人・∀・*)+。

まずは枝豆とソーセージ。

e0297347_21361042.jpg

続いて牛タン。

e0297347_21362692.jpg

そして三種キノコのバター炒め。

e0297347_21364592.jpg

定番のお好み焼き。

e0297347_213786.jpg

人気メニューからは卵巻き明太子。

e0297347_21372541.jpg

そして〆は裏メニューの「秘伝のおにぎり」(*^_^*)

e0297347_2137459.jpg

訳ありで娘は食べられず、妻が2つ、私が4ついただいた(w´ω`w)

スペイン産の白ワイン、ボトル1本を妻と二人であっという間に空けてしまった(>_<)

ごちそうさまでした。
by doitsuwine | 2014-09-22 17:24 | 我が家 | Comments(2)
最後に空港でいただいた 「バターライス付きサーモンのグリル」 とワインは非常に美味しかった。

e0297347_17135071.jpg


21:25 ミュンヘン発 NH276

帰国便は乗り換えなし。

疲れがドッと出てほとんど爆睡していた。

29日(火)15:50 羽田着
by doitsuwine | 2014-09-21 17:11 | ドイツ | Comments(0)