ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

<   2015年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

私は気に入った店が見つかるとそこへしか行かない。
何日か同じ町に滞在すると別の店も開拓するが、気に入った店で別の料理をいただく方がいい。
最近、出版関係の編集会議で上京する機会が増えた。
しかし、東京に私の気に入っている個人経営のレストランは神楽坂の 『夏目亭』 しかない。
このブログでも最近何回か紹介している。
もともと麹町にあり、藤村俊二さんもよく通った店。
店名にもなっている夏目さんは、今は別の店を出して、そちらでシェフをしているが、こちらはその後を継いだシェフとソムリエが昔からの名前を変えずに 『夏目亭』 のままで頑張っている。

e0297347_22552791.jpg

私はいつも一人で食事をするので、シェフやソムリエと会話をするのが好きである。
日本料理屋であればマスター(関西では大将という)と話をしたい。
みんなでテーブル席に座ってしまうと店の人と会話ができない。
だから私の行きつけの店、たとえば京都なら 『や満文』 『いさ吉』 『一養軒』 『うゑだ』 『月村』・・・すべて数名座ればマックスのカウンター席があり、そこには私の指定席がある。

この日にいただいたのは「天然猪 ホホ肉の赤ワイン煮」。
この日の最高額のアラカルト。
ワインは食前にアルザスの白、そして料理には赤を付ける。

e0297347_22555471.jpg

ジビエを「煮た肉」でいただくのは初めて。
私は個人的には焼いてほしいのだが、このワイン煮はジビエとしては信じられないほどの柔らかさに仕上がっている。

e0297347_22561493.jpg

美味い。

e0297347_22562839.jpg

もちろん、これはこれでいいが、次にはもう少し肉の味そのものを生かした調理法でいただきたい。
やや臭みの残った肉が本来のジビエの真骨頂なのだから。

また、来ます。
ごちそうさまでした。
by doitsuwine | 2015-11-30 17:27 | 東京・神奈川 | Comments(0)
ペンギンや

e0297347_18574795.jpg

これはアザラシ? アシカ? オットセイ?

e0297347_1858019.jpg

そしてシマウマ

e0297347_18582094.jpg

そしてこちらはヒョウ? チーター? ジャガー?

e0297347_1924150.jpg

ベルリン動物園、全部廻るとさすがに疲れる。
そんなときに氷菓は最高!

e0297347_19104699.jpg

動物園もこれだけ見れば未練の欠片もない。

e0297347_1925751.jpg

by doitsuwine | 2015-11-29 17:55 | ドイツ | Comments(2)
今年も近くのスーパーに松竹梅 『白壁蔵』 が並んだ。
手頃な価格でこんなに美味しい酒はない。
スーパーに並ぶ『白壁蔵』 は3種類ある。
『生酛純米』、『生酛吟醸』、そして『生酛大吟醸』。

e0297347_14241837.jpg

『生酛大吟醸』 だけは少し値が張り、木箱入りになる。
どれもみな美味しい。

今宵は湯豆腐に馬刺、そして『湯座』でいただいた塩辛で一杯。

e0297347_1424363.jpg

もちろん無銘のワイングラスで。
食事はこだわらないとダメ。
by doitsuwine | 2015-11-28 17:14 | 我が家 | Comments(0)
ベルリン動物園で飼育されている鳥類の数は計り知れない。
とにかく世界中の鳥がいる。

e0297347_17455175.jpg

e0297347_174663.jpg

e0297347_17462257.jpg

e0297347_17463626.jpg

e0297347_17465253.jpg

e0297347_1747755.jpg

e0297347_17472017.jpg

e0297347_17472871.jpg

e0297347_17474994.jpg

e0297347_174818.jpg

e0297347_17481985.jpg

e0297347_17483546.jpg

e0297347_17484752.jpg


これでもほんの一部に過ぎない。
もはや鳥類図鑑のようだ。
by doitsuwine | 2015-11-27 17:43 | ドイツ | Comments(0)
自宅から徒歩1分。
もう何回か紹介している居酒屋 『湯座』。
メインはお好み焼きだが、麺類やご飯物、何でもある。
ラーメンやカレーライスといった国民食も美味い。

今宵もいろいろいただいたが、いつもいただくのは「フグの唐揚げ」。
酒は熱燗で。

e0297347_21275925.jpg

そして出汁巻き。

e0297347_21281893.jpg

その他、三種茸炒めに、マグロのぶつ切り、納豆豆腐にお好み焼き・・・・・・・・
どれもこれも美味いなあ~~~

ラーメンをいただきたかったが、すでにマックス042.gif

お土産に特製の塩辛をいただいた。
これは絶品。
ご馳走様でした040.gif
by doitsuwine | 2015-11-26 17:12 | 山梨 | Comments(0)
ベルリン動物園は1844年に開園したドイツで最古の動物園。
現在約1500種、1万4千匹の動物がいる。
続いて見たのは猿。

e0297347_17303298.jpg

e0297347_17304792.jpg

e0297347_1731947.jpg

e0297347_17312646.jpg

e0297347_17313815.jpg


e0297347_1732264.jpg

e0297347_17321321.jpg


どうだい、この種類。
名前の知らない猿ばかり。


で、結局はここに落ち着く。

街角女性ウォッチング。
ベルリン・ズー編、その②

e0297347_17354214.jpg

今回は隣の男が邪魔だった022.gif
くっそ~~~
by doitsuwine | 2015-11-25 17:27 | ドイツ | Comments(0)
もうお江戸へ出掛けても楽しみは食事だけ。

今宵も夕餉は神楽坂。
『西洋料理 夏目亭』。

シェフの篠田さんとオーナー兼ソムリエの荒川裕さんの二人で切り盛りしている。
ここに移転してまだ4年しか経っていないのに、このノスタルジックな空間はなんだろう。

e0297347_1753377.jpg

前菜にフランス産フォアグラのコンフィ。
すごい厚切りだ。

e0297347_17531668.jpg

メインは糸縒鯛(いとよりだい)のムニエル。

e0297347_17535730.jpg



神楽坂で一人ワイングラスを傾ける夕べ。
こんな空間が似合う大人になれたのだろうか。
by doitsuwine | 2015-11-24 17:11 | 東京・神奈川 | Comments(6)
セミナー2日目は午後3時に終了。
まだ、一箇所くらいは観光ができる時間。

さすがに私も 「いい大人」 なので、これまでベルリン動物園だけは一度も行かなかった。
しかし、もうベルリンに私の行くところはない。

一大決心してベルリン動物園へいざ。
案内役が一人付いてくれたので、園内を効率的に廻ることができる。

e0297347_12515050.jpg

まずはアフリカ系の動物から。

e0297347_12523386.jpg

e0297347_12524444.jpg

e0297347_1253131.jpg

e0297347_12531716.jpg


本当に久しぶりの動物園。
意外に楽しい。

なになに? 
そんな動物はどうでもいいから、きれいな女性を早く見せろ?



では街角女性ウォッチング、ベルリン・ズー編

e0297347_12571557.jpg

こんなでかいケツ2つはいかがでしょうか037.gif
(直近撮影のため我が輩の影が・・・・・)
by doitsuwine | 2015-11-23 17:45 | ドイツ | Comments(0)
今、マイブームは神楽坂。
最近、東京に出掛けるのが少しだけ楽しみになった。
学生時代から、東京は好きではない。
かつては3年間、毎週末上京していたのに、性に合わない街とは正にこういう街のことをいうのかと思い続けていた。
今も、ある地区を除けばそれは変わらない・・・

神楽坂。

この魅力は一体なんだろう。

熱海湯階段。

e0297347_13233111.jpg

京の祇園にない風景。

そして芸者新道。

e0297347_13234625.jpg

今宵も足は『夏目亭』へ。


※ここはまだ爆買賊に汚染されていません。
by doitsuwine | 2015-11-22 17:10 | 東京・神奈川 | Comments(0)
宿泊したホテルは例のユダヤ人夫妻の邸宅だった建物。
夫妻が住んでいたときから使用されていたエレベーターが現役で稼働している。

e0297347_22183785.jpg

最初、使い方がわからず、数分閉じこめられた。

使えるのなら、新しいものに変える必要はない。
こういったところがドイツの素晴らしいところでもある。
なんでもすぐに古いものは取り潰してしまう日本のアホな行政とはわけが違う。

私はヨーロッパでは近代的なビルのホテルよりもこのような個人経営の質素なホテルが好きだ。
by doitsuwine | 2015-11-21 17:11 | ドイツ | Comments(0)