ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

名大関貴ノ花。
こちらの一番も相手は北の富士。
北の富士の外掛けをかわして土俵中央にもつれ込んだとき、強靱な足腰を持つ貴ノ花がうっちゃりを放った。
「つき手」 か 「かばい手」 か・・・
記憶によれば、相当長い物言いだった。
結局、かばい手で北の富士に軍配が上がった。



あと10cm高い位置でしっかり腰が生きていれば、見事なうっちゃりとなったが残念だった。





(つづく)
by doitsuwine | 2016-06-30 17:22 | 人物 | Comments(0)
長らく大関を勤め、三十路を越えてから横綱になった琴桜。
こちらも北の富士との一番。



こりゃ、強烈な押し倒しだ。

稀勢の里、まだ遅くない、がんばれ。





(つづく)
by doitsuwine | 2016-06-29 12:14 | 人物 | Comments(0)
すみません。
しばらく私の大好きな懐かしの大相撲の世界を連載していきます。
興味のない方、ごめんなさい。

まずはマイナーすぎる藤ノ川のけたぐり。
相手は何と今も解説者として人気の高い北の富士。



いつも見事に決まっていた。
それにしても昔の力士は立合で手を着いてないな。




(つづく)
by doitsuwine | 2016-06-28 17:54 | 人物 | Comments(0)
我が家の初夏は庭に数種の花が咲き誇る。
その一つ、チェリーセージ。

e0297347_2248360.jpg

可愛い白い花びらの下を真っ赤に染めて上品に咲いている。

e0297347_22481896.jpg

その前では涼しい風を受けて心地よさそうにクロッチが寝ていた。





(完)
by doitsuwine | 2016-06-27 17:44 | 我が家 | Comments(0)
職場に6月下旬に咲く花。
淡い紫と
e0297347_16162048.jpg


紅と
e0297347_16163864.jpg



e0297347_1616508.jpg


折角精一杯咲いているのだから、立ち止まって見てやらないとダメでしょ。






(完)
by doitsuwine | 2016-06-26 17:14 | 生活 | Comments(0)
私は小学生の頃から相撲を見ている。
だから相撲博士である。
大鵬が戸田に連勝を止められたのもリアルタイムで見ている。
琴桜の網打ちもリアルタイム。
このころ外人力士は高見山しかいなかった。
ところが今やほとんどモンゴル相撲と化している。

琴奨菊と稀勢の里。
相撲勘が鈍い。
モンゴル横綱に比べて明らかに技がなく、動作が鈍く、足腰に粘りがない。
この二人、私はファンなので意見も厳しい。

日本相撲協会が作成した今年のカレンダーの5・6月の力士は琴奨菊と稀勢の里。

e0297347_22194710.jpg

もう少し贅肉を落とさないとダメ。




(完)
by doitsuwine | 2016-06-25 17:11 | 人物 | Comments(2)
江戸時代の風俗研究は私のライフワークである。
その風俗を知るための絶好史料がイラスト集である。
私の研究分野の一つが武芸であるため、次の3つの画集を座右にしている。

『北斎漫画』(葛飾北斎)、『一掃百態』(渡辺崋山)、『写真学筆墨僊叢書全』(月光亭墨僊)。

今回紹介するのは最後の『写真学筆墨僊叢書全』。
画人の月光亭墨僊は葛飾北斎の門人で、画風もよく似ている。

e0297347_229192.jpg

これを見ると文化文政期の庶民の生活がよくわかる。
仕事や娯楽、その種類の多さに今さらながら驚かされる。
現代人よりよほど人生を楽しんでおり、教養が深いことはその絵図を見ればすぐにわかる。

日本人はいつになればエコノミックアニマルから抜け出すことができるのだろうか。
まずはとにかく労働時間の短縮である。
これなくして日本の未来は開けない。





(完)
by doitsuwine | 2016-06-24 21:56 | 生活 | Comments(2)
知恵のミタマを奇身魂という。
毎年、松代の象山神社に正式参拝しているが、今年は神社からこの奇身魂のお守りを拝受した。

e0297347_2129650.jpg

スパルタでエリートを育てるユダヤの人たちにはきっとこの奇身魂が宿っているのだろう。
私もこのお守りをデスクの前に祀り、日々祈願して、立派な智恵をもつ人間になれるよう見守っていただいている。
それにしても佐久間象山先生・・・・・・・

e0297347_2131630.jpg

私にはユダヤ人にしか見えません。





(完)
by doitsuwine | 2016-06-23 17:11 | 生活 | Comments(2)
私が12才から使用している歯磨きコルゲート。
もう●0年以上のお付き合い。
なんてったって、当時の芸能人は悉く皆コルゲートを使っていたのだ。
当時、「平凡」や「明星」で芸能人の持ち物公開という特集がかなりあり、その中に必ずあったのがこのコルゲート。
以来、ず~~~~~~~~~っと使ってきたが、10年ほど前だろうか、日本では販売が中止になってしまった。
だから、渡欧するたびスーパーに入り、大量に購入してきた。
しかし、ネットショップを見ると、いろいろ販売されているではないか。
何がどうなっているのか私にはさっぱりわからない。

ところで、今、使っているのはルーマニアとイタリアで買い込んできたもの。

e0297347_1953169.jpg

中には1チューブ2千円なんてのもある。





(完)
by doitsuwine | 2016-06-22 17:39 | 生活 | Comments(0)
東京に行くと、帰りに新宿駅で必ず買った。

「天津甘栗」(皮付き)

一つ食べるごとに手がベトベトになり、爪が汚くなる。
そしてまた渋皮がむきにくい。
大月駅で食べ終わる。

しかし、これは画期的だった。
天津甘栗 むき栗

e0297347_2313098.jpg

技術の進歩、恐るべし。





(完)
by doitsuwine | 2016-06-21 17:08 | 生活 | Comments(0)