ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

<   2016年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

暑い、暑い。
でも頑張って歩こう。
ビッティ宮から裏のボーボリ庭園に行くのに迷った。
しかし、無事、辿り着く。
ジャン~~~~~プ

e0297347_22223376.jpg

炎天下の中、緑の庭園を上っていく。

e0297347_22225438.jpg

実に優雅な散策である。

e0297347_22232165.jpg

時には美女もいるし。

e0297347_2224552.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2016-08-31 17:10 | イタリア | Comments(2)
フィレンツェ2日目の次の見学は、イタリア1のラファエロ・コレクションを誇るパラティーナ美術館へ。
実はここ、フィレンツェで一番入りたかった美術館emoticon-0115-inlove.gif
ラファエロは宗教画でも特に女性を描かせたら天才の画家である。
それではごゆっくりと。

まずは 『マッダレーナ・ストロッチの肖像』

e0297347_2248984.jpg

続いて 『アニョロ・ドーニの肖像』

e0297347_22423470.jpg

実はこの二人は夫婦。
この絵には色々なエピソードがある。

そして 『ヴェールの女』
レオナルドの影響を受けたルネッサンス肖像画の最高峰と言われている。

e0297347_2243186.jpg

そして最後は、あの誰でも知る、そう世界史の教科書にも載っている 『小椅子の聖母』

e0297347_22432281.jpg

フィレンツェの典型的な様式である円形 (トンド) の構図に描かれたラファエロのもっとも有名で、唯一のトンド。
これには大感激。



(つづく)
by doitsuwine | 2016-08-30 17:08 | イタリア | Comments(0)
本日は朝一でドゥオーモのクーボラに上る。
すでに長蛇の列。
でも我慢して列に並ぶ。
二重構造の壁の間に付けられた500段近い狭い階段を上がっていく。
クーボラの基部に巡らされた歩廊からは天井のフレスコ画が見られる。

e0297347_2157441.jpg

そして頂上へ。

e0297347_21572634.jpg

こちらはジョットの鐘楼よりもやや高く、街の眺めも素晴らしい。

e0297347_21574759.jpg

見て下さい。この絶景。

e0297347_21582578.jpg

十分楽しんだところで次の目的地に向かおう。

e0297347_2158496.jpg





(つづく)
by doitsuwine | 2016-08-29 17:42 | イタリア | Comments(2)
ディナーを終えて、アルノ河岸を散策。
もう21時をまわっているのに、ようやくサンセットの時間。
この時間に夕暮れを体験できるのが、夏のヨーロッパの魅力でもある。
ゴルドーニ広場から見たカッライア橋。

e0297347_20591443.jpg

アルノ川の川面に映る河岸に並ぶ建物。

e0297347_2193748.jpg

カッライア橋を側面から見てみる。

e0297347_21104458.jpg

こちらはサンタ・トリニタ橋。

e0297347_21134063.jpg

そして、最後はヴェッキオ橋。

e0297347_21114221.jpg

帰りの旧市街地はゴールドタウンと化していた。

e0297347_21143893.jpg





(つづく)
by doitsuwine | 2016-08-27 17:55 | イタリア | Comments(0)
フィレンツェで最初のディナーは 『ガルガーニ』 と決めていた。

e0297347_2036247.jpg

e0297347_20364989.jpg

このトラットリア、作り置きはトマトソースを除いて一切なく、注文の都度、パスタをゆで、同時にソースを作るというこだわり。

最初はスパゲッティだけにしようかと思ったが、メニューを見たら、前菜に 「フィレンツェ風鶏レバーペーストのブルスケッタ」 があるではないか。
これを食べないで帰るわけにはいかない。
わお!前菜なのにすでにメインのボリューム。
同行のW夫妻にもシェア。

e0297347_2038950.jpg

さっそくフィレンツェ名物をいただいて感激emoticon-0115-inlove.gif

パスタはこのトラットリアの一押し「スパゲッティーニ・アッラ・ボッタルガ」。
簡単に言うと、私が大好物の 「からすみスパゲッティ」。

e0297347_20384180.jpg

タラコがここではからすみに。
何という贅沢なのだろうか。
3人とも迷わずこれを注文(だってこれをお目当てに来たんだから)。

美味いよ、これは。
満足、満足。

外に出ると、一人旅行の女の子が河壁で佇んでいた。
旅行はこうじゃなくっちゃ!

e0297347_2039298.jpg




(つづく)
by doitsuwine | 2016-08-26 17:09 | イタリア | Comments(0)
すべてが自由時間の気ままな旅行であるが、こちらは友人夫妻と別れて一人で訪れたガリレオ博物館。
ウッフィッツィ美術館は見学必須であるけれど、やむなく断念。
それよりも私にとって絶対に見逃してはならない博物館があったからである。
それがガリレオ博物館。
アルノ川沿いに建つ14世紀のカステッラー二宮にあるこぢんまりとした博物館。
私はこういう人があまりいない小さな博物館が好き。
というよりも仕事柄、ガリレオへの興味が尽きないのである。

まずは世界に2点しかないというガリレオ製作の望遠鏡。
この中のどれか2点(いい加減なのです)。

e0297347_22543120.jpg

これよりも私が見たかったのは、世界最大の400年前の天球儀。

e0297347_22545533.jpg

しばらく睨めっこ。

e0297347_2255943.jpg

その他、科学史上重要な器具の数々を見て、外に出る。

e0297347_22553287.jpg

入館時に降っていた雨は上がり、気分も良く散策。

e0297347_2256886.jpg

本日の街角女性ウォッチングは、スマフォに夢中な彼女。

e0297347_22562510.jpg





(つづく)
by doitsuwine | 2016-08-25 17:17 | イタリア | Comments(0)
この日(8/18)のランチは河口湖で一番人気の食堂 『マルシゲ』 で。
レストランと言うよりはやっぱり食堂。
外観も中も、何の飾りもない殺風景な食堂。
知らなければ完全に通り過ぎてしまう建物。

e0297347_1642110.jpg

この食堂、ほとんど毎日、満員となる。
お目当ては 「ステーキランチ」 、970円。

e0297347_16421070.jpg

不思議な現象である。




(完)
by doitsuwine | 2016-08-24 17:27 | 山梨 | Comments(0)
河口湖のベルの近くに 『富士河口湖食堂』 はある。

e0297347_1732463.jpg

ここがいいのは、なんといってもすべてがセルフでランチがいただけること。

e0297347_1733237.jpg

バイキングと違って、盛りつけてあるのをとるだけ。
これがいい。
12時前に行くと種類が多いかも???

e0297347_17331185.jpg

1000円以下でおいしくいただける。




(完)
by doitsuwine | 2016-08-23 17:26 | 山梨 | Comments(2)
富士吉田市の西裏、ミリオン通りに 『はな夢』 はある。

e0297347_17232944.jpg

伊勢正三の追っ掛けをしている同い年のママが一人で切り盛りしている。

e0297347_17234680.jpg

私はカウンターで伊勢正三を独占して、美味しい銘酒に酔いしれる。

鰻の肝串

e0297347_1724132.jpg

山芋の千切り

e0297347_17241237.jpg

ソース焼そば

e0297347_17242557.jpg

ごちそうさまでした。





(完)
by doitsuwine | 2016-08-22 17:16 | 山梨 | Comments(2)
本日もフィレンツェ休業します。

河口湖では有名なうどん屋 『たけかわ』 と同じテナントで営業しているワンコインランチの店 『あぶり亭』 。
私はうどんより定食の方が好きだから、こちらの店に入る。

e0297347_18183875.jpg

このところよく利用している。
なんと言っても 「ワンコイン」 というのがいい。
定食は量もそんなに多くなく、しかも美味しい。
大食しないおじさんには丁度良い。

また、行きます!

この日はミックスフライ定食で。

e0297347_18185080.jpg

ごちそうさまでした。




(完)
by doitsuwine | 2016-08-21 17:11 | 山梨 | Comments(0)