ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

二代目社長というのにろくな奴はいない。
オヤジの臑にかじり付き、財産を思いのままにし、努力もせずに先代が築いたレールの上を、行き先も知らずに乗っている・・・
そんなクソ野郎の顔も見たくない。

先日、知己の何人かからそいつの講演会へお誘いがあった。
知己には悪いが、俺がそんなクソ野郎の講演会に行くわけねぇーだろ!
100万円くれても行かねぇよ、本当。

間抜けな顔をして偉そうな口を利く。
自分のことしか頭にはなく、地位を鼻に掛けて人を使う最低の人間だ。

e0297347_15594054.jpg





(おわり)
# by doitsuwine | 2017-03-20 17:51 | 生活 | Comments(2)
こちらのワインもいただきもの。
初めていただくカナダ産のワイン。
本日はスパゲティ。
で、白だと思って開栓したら赤でした(>_<)

e0297347_2315081.jpg

(いただいてばっかりで恐縮ですが、赤が苦手なので、ぜひ白を^^;)

でも、この赤、ほんのり果実味があり、なかなかグーでした。
(でも、私、ポリフェノールが天敵なんです(/_;))

ワイン情報
HENRY of PELHAM
深いルビー色。ベリーを思わせる果実香と共に、スモーキーなアロマが漂う。しっかりとした酸が果実の凝縮感を引き締め、ピノノワールやメルローのような口当りの良さと、深い複雑味が絡み合う。5~10年の熟成にも耐えられる本格的なミディアムボディー。
スパイシーな肉料理や、中華料理に合せやすい。
バコノワールとは、1894年にフォルブランシュとヴィテスリパリア系品種の交配種として開発された。Bacoとは種苗家の名前で、発祥はフランスだが、総栽培面積は年々減少し、現在は北米(カナダ・オンタリオ州・ニューヨーク州・一部のカリフォルニア)に移行している。
※フォルブラン種:西フランス大西洋沿岸地方でかつて大量に栽培されていた葡萄で非常に酸度が強く、蒸留酒用のベースワインを造る。




(完)
# by doitsuwine | 2017-03-19 17:05 | 生活 | Comments(2)
家の近所に和菓子屋の 『東京屋製菓』 がある。
店舗を新築して盛況だ。
ここで最近売り出し、好評なのが 「最中アイス」 シリーズ。
7~8種類ある。
やはり一番最初に食べたいのは小倉emoticon-0144-nod.gif

e0297347_17165313.jpg

あ、うま~~~~~~い(宮川大輔風に)




(完)
# by doitsuwine | 2017-03-18 17:09 | 生活 | Comments(4)