ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

ここは上賀茂の社家の道。

京都では哲学の道と並んで私が好きな道。

場所は上賀茂神社の門前を流れる明神川沿い一帯。

上賀茂神社の神官たちが住む社家が並んでおり、今も30軒ほどが残る。

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

西村家住宅では平安時代に上賀茂神社の神主によってつくられたとされる庭園があり、曲水の宴のための小川や井戸神山が今でも残る。

南天の実が真っ赤になっていたので、これをカメラアングルに捉えて撮影してみた。

e0297347_23125492.jpg
                   「社家には南天の実がよく似合う
# by doitsuwine | 2013-03-17 18:59 | 京都 | Comments(2)
ここは京都の北区鷹峯にある日蓮宗の寺院、光悦寺。

これといって何もない寺であるが、源光庵へ窓を見に行ったついでに立ち寄ってみた。

お目当てはただ一つ、「光悦寺垣」。

そう、ただの竹を組み合わせただけの垣根。

しかし、この垣根、ただものではない。

光悦寺垣は、この寺に由来する透かし垣の一種。

安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した芸術家、本阿弥光悦が創作したものと伝えられている。

枠を半月状に曲げてその中にひし形の格子を組んでいる。

e0297347_22561739.jpg


この他にも大徳寺垣、金閣寺垣、龍安寺垣、建仁寺垣などの様式があり、全部見学した。

我が家でも余裕ができたら、真似して作ってみようかな。

さあ、どれにしよう・・・




 
# by doitsuwine | 2013-03-16 18:41 | 京都 | Comments(2)
ここは嵐山(渡月橋)から徒歩15分ほどで行ける小倉山の麓にある大河内山荘。天龍寺や野宮神社の裏手にあたる。

時代劇で人気を集めた名優大河内伝次郎の元別荘。

30有余年をかけて造園した約2万平方メートルの見事な回遊式庭園がある。

敷地内では抹茶とお菓子が味わえる。

e0297347_19213228.jpg


お菓子は京都の老舗「鶴屋吉信」のうぐいす餡最中。

ここは嵐山の近くにありながら静かに庭園や風景を楽しめる。

私は誰かを京都に案内するときには必ずここに立ち寄ることにしている。



大河内山荘
9:00~17:00
入場料
1,000円(抹茶 菓子付)
# by doitsuwine | 2013-03-15 19:08 | 京都 | Comments(0)