ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

京都。木屋町四条下ル、に日本一おいしい釜飯を提供する「月村」がある。

もう通い始めてから何年経つのだろう。

日本の釜飯を全部食べたわけではないが、多分、ここよりおいしい釜飯は日本国中、どこへ行ってもないだろう。

それほどここの釜飯はおいしい。

きっと客のすべてが釜飯を食べて帰るのだと思う。

今回は大阪のMさんから「先年行ったら休みだった」という話を聞いていたので、確認の意味もあって足を運んだ。大将は足を悪くされている様子だったが、元気に狭い厨房に立っていた。

釜飯は注文してから出てくるまでに30分かかるので、それを計算に入れて注文を入れ、おいしい一品料理に舌鼓を打ちながら、出てくるのを楽しみに待つ。

一品料理の一番人気は「聖護院大根煮」。

今回はそれに「小芋」を付ける。

酒は「白鹿」、これしかない。

料亭、酒場というより「食堂」と言った方が合う店だ。

そして、ここの一番は釜飯だけではない。

なんと女将が、多分、京都で一番の美人なのだ!

私などは釜飯と同じくらい女将に会うのが楽しみ(^^;)

さてさて、今回は「鶏釜飯」を注文。

e0297347_18462267.jpg


混ぜてしまった後の写真で失敬!

陶器についたお焦げが抜群の味をしみ出している。

これがこの店の勝負所。

釜飯を出す店は京都にいくつかあるが、断然月村の釜飯がうまい(^^)
# by doitsuwine | 2012-10-11 18:46 | 京都 | Comments(2)
すでに紹介した京都・祇園、私の一番のお気に入り料亭「ぎをん や満文 青木庵」。

もちろん今回もお邪魔させてもらった。

この料亭には団体客は決して見ることも知ることもできない定員6名の“隠しカウンター”がある。

一人で予約して行く客だけが知ることのできる、本当は誰にも教えたくない「究極のくつろぎ空間」(^^)

e0297347_2024343.jpg


厨房が目の前、そして大将と一対一で(バイトの女子大生がときどき加わる)談笑できる場所。

しかし、だれにも紹介しないのはまずい。

おいしい料亭はどんどん紹介して繁盛してもらわないといけない。

今回、隣で飲んでいた見知らぬ二人組には申し訳ないくらいの私へのサービス。

イクラに始まり、松茸和え、蒸し鱈子、芋煮、大根煮、牡蠣のおろし和え、お造り、カマス焼き、★絶品のスッポン鍋、栗ご飯に鯖寿司(*^_^*)

酒は裏から特別に持ち出してきた美酒のオンパレード!!

お隣さん、ごめんなさい。

帰宅して体重計に乗ったら+3㎏ഈഏಧౠឿ∰☄

いかん、いかん。
# by doitsuwine | 2012-10-10 20:02 | 京都 | Comments(0)
ここは京都。

立命館大学から金閣寺に向かう途中の「きぬかけの路」に「まざあぐうす」というケーキ屋がある。

近くの「オムラハウス」でオムライスをいただいた後、いつも立ち寄るお気に入りの店。

上品な喫茶室も備えている。

この店はロールケーキが専門であるが、シュークリームも美味しい。

しかし、私の大のお気に入りはそのどちらでもない。

そう、それは『かぼちゃの馬車』

今回、dieElfenさんのブログで、それはそれはおいしそうなカボチャのプリンが紹介されていたので、飛び入りで紹介することになった。

さて、その『かぼちゃの馬車』。

e0297347_21545872.jpg


簡単に説明すると、かぼちゃの種をくり抜いた部分に「濃厚なかぼちゃプリン」をたっぷり流し込んだケーキ。

素材そのままの甘さと、プリンとの相性が抜群。

これに甘さを抑えたメープルシロップがかけてある。

これも文句なしに合う。

もちろん、かぼちゃの皮まで食べられる。

京都のスイーツ、否、世界のスイーツにはまっている私を唸らせた逸品である。
# by doitsuwine | 2012-10-09 21:55 | 京都 | Comments(2)