ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:オブジェ・彫像 ( 154 ) タグの人気記事

続いて訪れたのは風雲寺。

e0297347_19284079.jpg

小さな山寺だ。
参道の階段下には観音菩薩がずらり。

e0297347_19285883.jpg

そして階段の両脇にもずらりと並ぶ。

e0297347_19291010.jpg

観音様に守られて境内に上がると、下界の景色が美しい。

e0297347_19292526.jpg

散策は楽しい。




(つづく)
by doitsuwine | 2017-06-05 17:25 | 長野 | Comments(2)
さて昨日の庚申塔は離山という小山の麓にある。
離山は江戸時代、千曲川が大洪水になったときには住民が皆この山に避難したという。
平野部にポツンとあるから、この名があるのだろう。

その離山の頂には離山神社が鎮座し、諏訪大明神と同体の離山大明神が祀られている。
社殿は小さな清水の舞台のよう。

e0297347_22121748.jpg

神社の由緒書案内板は風化していてまったく読めない。

参道には珍しい石造物がある。
まずは 「山神」 と 「甲子塔」 の石碑。

e0297347_22124395.jpg

同じ形をして仲良く並んでいる。
甲子塔は、山梨県にはほとんど存在しない。
これは甲子講の人々が建てた供養塔である。
甲子日待は、甲子 (きのえね) の夜に、禍を転じて福を授けてくれる大黒天を祀り、夜遅くまで飲食をともにしながら語り合う行事である。
いいものを見た。

そして次なるは 「素貫翁」 の碑。

e0297347_22141365.jpg

これには 「全国気まぐれ路傍の石造物調査委員長」 の私もお手上げ。
神か人かもわからない・・・悔しい。

他に 「幸神」 や 「庚申塔」、

e0297347_22145967.jpg

「出羽三山」 の碑もある。
これは底部がコンクリートに埋められてかわいそう。

e0297347_2215148.jpg

石造物、おもしろいなぁ!




(読者から不服申し立てを受けそうなこの散策はさらにつづく^^;)
by doitsuwine | 2017-06-03 22:17 | 長野 | Comments(2)
長野市の松代を散策した。
城跡から少し離れると田園風景が広がる長閑な地域。

e0297347_23394974.jpg

ここにも庚申塔がたくさんあった。
私にはそれだけでも嬉しいこと。

e0297347_2340197.jpg

e0297347_23403940.jpg

文字碑の他に、
下部に三猿を彫塑した優れものにも出合った。

e0297347_23411430.jpg

行き当たりばったりの散策の醍醐味。




(つづく)
by doitsuwine | 2017-06-02 23:42 | 長野 | Comments(2)
さて、私のとてもとても楽しい諏訪上社周辺の石造物探訪の散策も惜しまれつつ最終回となった。

その間、だれもコメントをくれないということは、やっぱり凡人にはこの高尚な趣味が理解できないのであろう(>_<)

散策の最後は進友会館へ。
古い二階建ての建物がしっかりと保存されている。

e0297347_2301361.jpg

その前に祀られているのが子育聖観音。

e0297347_2304637.jpg

優雅で慈愛に満ちた顔をしている。

e0297347_2311186.jpg

会館の二階には子安観音像が安置されているが、それは会館が閉まっていて見ることができなかった。

因みに会館の前にこの二つの観音像についての説明板があるが、誤字・誤記が多くて残念である。
よほど頭の悪い人が書いたのだろう。






(完)
by doitsuwine | 2017-05-31 17:46 | 長野 | Comments(2)
連載の諏訪上社周辺の石造物に戻ります。

こんな地味な、そしておじん臭い趣味は同好者なんかいつもいない。
だからいつも一人で楽しむ。
でもな、そのおじん臭い趣味っていいんだよ。
その良さはやっぱり知識がないとわからないんだけどねえ・・・
行き当たりばったりで楽しめるのが最高!

さて、散策を続けるとT字路に石造物集合体を発見。
まずは道側の二基。
こちらは本当に微笑ましい双体道祖神というもの。

e0297347_2304369.jpg

夫婦が並んで手をつないでいる。
なんとも仲むつまじいではないですか。
中には接吻したりしているものもありますが・・・

続いてその裏には、立派な庚申塔・二十三夜塔・念仏供養塔が並んでいる。

e0297347_2313432.jpg

研究者はいるのだろうか?
路傍の石造物気まぐれ調査隊長は気になります。





(つづく)
by doitsuwine | 2017-05-30 17:50 | 長野 | Comments(0)
少し進むと路傍に馬頭観世音がある。
大層立派なもので、施主は天野勇造とある。

e0297347_1095827.jpg

白い枝垂れ桜に覆われて幸せである。
e0297347_10101572.jpg


その後、御坂町の旧鎌倉往還に残る唯一の石畳を撮影しに下りて行くと、

e0297347_10103886.jpg

カメラのバッテリーが無くなっていた。
e0297347_10105376.jpg


スマフォは車の中、あ~あ。

ちっくしょ~~~

また来ます。




(完)
by doitsuwine | 2017-05-01 17:01 | 山梨 | Comments(0)
松尾芭蕉の 『野ざらし紀行』 中の一句に、

甲斐の山中に立よりて、
行駒の麦に慰むやどり哉

というのがある。

駒の産地である甲斐に差し掛かり、我が行く駒もしばし麦を食らっては休らっている。
そのようにわたしもくつろいで休んでいることだ。(季語) 麦-夏

昨日、その名馬黒駒の産地、御坂町黒駒を散策していると、偶然にもその句碑に出合った。

e0297347_21133575.jpg

限界集落研究会会長として、また全国石造物保存調査委員会会長として、芭蕉の長旅に思いを馳せながら、しばらく私もその場所で佇んだ。

e0297347_21151625.jpg

山村歩き同好会会長の久しぶりの散策。




(つづく)
by doitsuwine | 2017-04-28 17:06 | 山梨 | Comments(2)
わが富士吉田市。
標高が高いので、関東でも桜の開花がもっとも遅い。

ここはわが町を通り抜ける旧鎌倉往還の要所。
ここには道標があり、その背後には根本から二股に分岐した見事な桜がある。
まさに夫婦桜。

e0297347_21311878.jpg

これから一週間ほどが見頃。

道標には「右 吉田ぬまつ(沼津) をだはら(小田原)」と刻まれている。

e0297347_21315121.jpg

市内でも屈指の優れた道標である。





(完)
by doitsuwine | 2017-04-20 17:26 | 山梨 | Comments(2)
路傍の青面金剛像にお別れを告げ、帰路に着く。

e0297347_21425869.jpg

山の中には食堂が一つもないから、里まで下りねばならない。

e0297347_2143137.jpg

ここは道の駅しもべ。

e0297347_21433346.jpg

『 木喰庵 』 という蕎麦屋で 「ざる蕎麦と蒸籠山菜おこわ」 をいただく。

e0297347_21435098.jpg

おこわが美味い!

こちらは本栖湖から眺める富士山。

何円札かのデザインになっているビューポイント。





(矢細工・完)
by doitsuwine | 2017-03-27 17:38 | 山梨 | Comments(0)
次に矢細工の原地区を歩く。
やはり十数軒の小さな集落であるが、そのうち5軒ほどが孤立している。
その一軒の裏に古い登山道があり、その上り口に二基の七面大明神の石塔がある。

e0297347_22514565.jpg

七面大明神は、昨日紹介した七面天女のことであり、日蓮宗系において法華経を守護するとされる女神とされている。
七面天女は当初、日蓮宗総本山である身延山久遠寺の守護神として信仰され、日蓮宗が広まるにつれ、法華経を守護する神として各地の日蓮宗寺院で祀られるようになった。
その本地は、山梨県南巨摩郡早川町にある標高1982mの七面山山頂にある寺(敬慎院)に祀られている神で、吉祥天とも弁財天ともいわれている。

さて、その二基、一つは自然石、もう一つは山状角柱型とよばれている形態のものであるが、一度何らかの理由により破壊されていることがわかる。
今では、この道を上る者もいない。




(つづく)
by doitsuwine | 2017-03-25 17:22 | 山梨 | Comments(0)