ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:ソフトドリンク ( 35 ) タグの人気記事

渡欧から帰国するととにかく和食が食べたくなる。

まずは新宿駅でおにぎりを二つ011.gif
夕餉は我が家でYさんからいただいた福島県白川の 「瓶火入れ 純米吟醸 千駒」。

e0297347_2115636.jpg

酒飲みにはたまらない辛口。
 
火入れ殺菌を 「瓶火入れ」 という手法により、酒本来の香りと旨みをとじこめたので、開けた瞬間、注いでいる間、フルーティーな香りが立ちます。お酒を生のまま貯蔵し、生のままビンに詰め、封印後に低温殺菌しました。瓶火入れすることにより、フレッシュさと風味が味わえます。

とネットに出ている。
しかし、これは少し違う。
独特の香りに奥の深いやや辛口の味わい。
延びがあるのでロックでもいける。
とにかく旨い。

そしておやつは最近はまっている 「しるこサンド」 と 「ほうじ茶ラテ」。

e0297347_2121574.jpg

やっぱり日本が一番。




(完)
by doitsuwine | 2017-01-13 17:47 | 生活 | Comments(0)
来年一月にいくつかのパーティーがある。
その中のいくつかは私が主催。
あるパーティーではドリンクはコーヒーか紅茶だけ。
私が主催なので、今年の紅茶は、先日御殿場アウトレットのウェッジウッドで購入したものを持っていこう。

e0297347_2371276.jpg

これでティーカップはワイルドストロベリーに決定だ。

楽しみだなぁ016.gif


みなさん、すばらしい新年をお迎えください。
私は明日、渡欧します。
ブログは10日(火)まで休眠します。
一年間、お付き合いいただきましてありがとうございました040.gif040.gif040.gif





(完)
by doitsuwine | 2016-12-31 17:00 | 生活 | Comments(4)
京都で 『SUBWAY』 という全国でチェーン展開しているファストフード店に立ち寄った。

本を読むためで、付近に手頃な喫茶店が見つからなかったため。

こんなファストフード店を田舎者の私は京都で初めて知った。
「野菜のサブウェイ」と言われ、ヘルシー系のサンドが人気らしい。

しかし、いただいたのはアイスコーヒー。

e0297347_20461622.jpg

ガムシロもコーヒーフレッシュも2個ずつ。
(何が可笑しい?)

これ、両方ともヨーロッパにはないんだよな。




(完)
by doitsuwine | 2016-11-07 19:45 | 京都 | Comments(2)
朝食をしてすぐに歩き回る必要もない

カフェで本でも読むかな

リアルト橋の袂にあるカフェに入りの窓際に座る

e0297347_2215370.jpg

工事中で運河が見えない007.gif

e0297347_22143782.jpg

でもいい、読書だから

1時間ほどして外に出る
さあ、今日も歩くぞ!!!

e0297347_22153074.jpg

カンポ・マニンから南の脇道に入り、カッレを左、右と二度折れて、

e0297347_22161251.jpg

入り込むと、

e0297347_22163689.jpg

鉄柵で囲まれた庭の奥に、隠れた名所、パラッツォ・コンタリーニのボーヴォロ階段がある

e0297347_22211157.jpg

半円アーチが螺旋状に五層も六層もリズミカルに連なる美しい円筒形の階段が目を奪う

e0297347_22171874.jpg

ボーヴォロとは方言で、カタツムリを意味している

中に入れなかったのが悔しい022.gif
by doitsuwine | 2016-03-06 17:56 | イタリア | Comments(0)
またまた、またまたサン・マルコ広場へ

e0297347_23331125.jpg

そして再びカフェへ

本日は 『カフェ・フローリアン』 の向かい (といってもサン・マルコ広場なので200mは離れている) にある 『カフェ・クアードリ』 へ

e0297347_23352626.jpg

1775年、ギリシャのコルフ島からやってきたジョルジョ・クアードリがコーヒーをトルコから持ちこみ 『カフェ・クアードリ』 をオープンさせた。

この大広場にあって 『カフェ・フローリアン』 と双璧をなす
まるで京都の今宮神社前で睨み合っているあぶり餅の老舗 『一和』 と 『かざりや』 みたいだ041.gif

e0297347_2335522.jpg

コーヒーは飲み過ぎなので、珍しくオレンジのネクターを注文

e0297347_23361476.jpg

ここでしばらく読書タイム
by doitsuwine | 2016-02-29 17:17 | イタリア | Comments(2)
カフェでひとやすみ

『カフェ・デイ・フラーリ』

e0297347_16422495.jpg

ホテルの近く、サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会と運河を挟んで真向かいにある。

e0297347_16424238.jpg

2階は1階から吹き抜けになっている。

e0297347_16434792.jpg

ここではスプレムータ・ディ・アランチャをいただく

e0297347_1643117.jpg

この店のマスコットキャラクターが黒猫であることを、店の前に立って初めて知った。

e0297347_1643254.jpg

中に入って席に着くと、2階から黒猫をプリントしたTシャツが下がっていた。

妻とペアルックで2枚買った・・・053.gif



本日は街角 「少女」 ウォッチング

e0297347_16465541.jpg

路地に人形を置いて一生懸命撮ってました。
by doitsuwine | 2016-01-30 17:33 | イタリア | Comments(0)
京阪出町柳駅のすぐ近くにアットホームな雰囲気のジャズ喫茶がある。
ラッシュライフ。

e0297347_232923.jpg

ストライプのテントが目印。

e0297347_2323042.jpg

カウンターで心地よいひとときを過ごせます。

e0297347_23250100.jpg

いただいたのはマンゴー・ヨーグルト・シェイク。

e0297347_2331266.jpg

ご機嫌よろしゅう。
by doitsuwine | 2015-11-10 17:55 | 京都 | Comments(4)
『や満文』で昼食を満腹いただき、祇園を散策。
新橋通りを歩いていたら喫茶店を発見。

e0297347_19475994.jpg

『喫茶 祇園 花み津』
ここでひとやすみ。

e0297347_19473771.jpg

カウンターへ座ったら一人用扇風機を前に置いてくれた。
快適~~~~~016.gif
by doitsuwine | 2015-10-23 17:43 | 京都 | Comments(0)
クルージ・ナポカでの朝食はブランチとなり、『Bistro Viena』というレストランで。
e0297347_22512046.jpg

Vienaという名前からわかるように、ウイーン風の食事を提供する。
だから当然、コーヒーに水が付く。
■ヨーロッパに行ったことがない人は知らないだろうが、ヨーロッパのレストランは水が有料でワインやビールとほぼ同額。
■それにガムシロップがないから冷たいドリンクをいただくときには要注意。
この気色の悪いジュースも酸っぱくてこの上なく不味い。
e0297347_22514935.jpg

■「アイスコーヒー」を注文すると、少しのアイスクリームにベットリと乗った生クリームとコーヒーシロップが混ざったパフェが出てくる。
■90ユーロの食事をして、迂闊に100ユーロを出すと、釣り銭は来ない。
(9ユーロの食事をして10ユーロを払うのは当然であるが、高額の場合は注意)
■コメはインディカなのでコメ料理は全部不味い。

さて、ここでいただいたのはサンドイッチ。
e0297347_22522344.jpg

これは美味かった。
by doitsuwine | 2015-08-30 17:35 | Comments(0)
結局、車で向かったのだが、それでも細い参道(登山道)はつづら折りに長く続き、やっとの思いで境内に到着した。
先客が二人いたが、彼らは参拝に来たのではなく、清水を汲みに来たのだ。
「薬王水」。

e0297347_23581333.jpg

いわゆるミネラルウォーターで、腐らないため、コーヒーや料理に使うのだという。

e0297347_23582816.jpg

それにしても2リットルペットボトルを車一杯に積んでいるのだから、これは逆に天罰に処せられるのではないかといらぬ心配をした。

e0297347_23584354.jpg

こんな人たちがいるから私なんか試飲すらできない。

※薬王水
祭神の少彦名命が神仏混淆時には薬師如来と習合し、医薬の神(薬王)として信仰されたことによる。
by doitsuwine | 2015-04-14 17:45 | 山梨 | Comments(0)