ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:世界遺産 ( 51 ) タグの人気記事

ホラショヴィツェは、チェスキー・クルムロフのすぐ北にある。
折角なので帰路に立ち寄った。

e0297347_2246366.jpg

村は第二次世界大戦中にも中世の村落構造や南部ボヘミアの民俗的・農村的なバロック様式建造物群が無傷で済んだものの、戦後に放棄された。

e0297347_22463692.jpg

1990年から修復されて再び人が住むようになり、1998年にユネスコ世界遺産に登録された。

e0297347_224742.jpg

ホラショヴィツェが最初に歴史に登場したのは1263年。

e0297347_22473814.jpg

1520年から1525年、ホラショヴィツェはペストの大流行に見舞われ、生き残った住民はわずかに2人だった。

e0297347_22483480.jpg

そう言えば、観光客がだれもいない世界遺産を訪れたのは初めてだった・・・

e0297347_22485655.jpg

というか、住民にも誰一人として出会わなかった。

e0297347_22491872.jpg

これもまた凄すぎる!!!

e0297347_22493248.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2017-01-29 17:50 | Comments(0)
本日もヴェネツィア休刊日。

わが富士吉田市には世界的に知られている富士山の絶景ポイントがある。

外国人(欧米人)が頻繁に訪れるようになったため、市がようやくこのポイントを整備した042.gif

この絶景ポイントは戦没者の慰霊五重塔がある山腹地であり、この塔と富士山のコラボレーションが「日本」を象徴しているのだ。

e0297347_2119647.jpg

しかし、日本人も外国人も、だれもこの五重塔に祈りを捧げず下山していますよ、政治家と市の観光課のみなさん!!!

この塔に戦没者が眠っていることを外国人に知らせるための案内掲示板を設置すべきだと思うよ、私は・・・
まだ、ここは中国人の観光ルートに入っていないからいいが、彼らが来たら悲惨なことになること間違いなし021.gif

この下に鎮座している浅間神社からはネックレスをした富士山が鳥居を額縁にして望めるポイントもある。
e0297347_21192592.jpg

by doitsuwine | 2016-03-12 17:03 | 山梨 | Comments(2)
散策と言うには及ばない。
人混みの中を彷徨うと言った方が適当だろう。

人がいなければきれいなのだがなぁ、有料でもいいからまた来よう。
声のやかましい国の人たちがいないときに。

神苑は池泉回遊式庭園で、明治の有名な造園家7代目小川治兵衛らの手になるもの。
平安京千年の造園技法の粋を結集した庭園として、昭和50年12月に国の名勝に指定された。

e0297347_18162012.jpg

e0297347_1817152.jpg


こちらは臥龍橋。
蒼龍池にある沢渡。
天正年間の三条・五条両大橋の橋脚や梁が使われており、東側の大島(珊瑚島)と北岸を石づたいに渡ることができる。
e0297347_1817236.jpg


そして緑紅葉。
これはこれなりに美しいが、こんなに人がいては哲学ができない。
e0297347_18174273.jpg

by doitsuwine | 2015-09-28 17:11 | 京都 | Comments(2)
9月はシルバーウイーク。
この時期は毎年決まって上洛。
19日(土)三島で駅弁を買って新幹線へ。
午後2時、京都着。
ホテルに荷物を預けて町ブラへ。

ここはあまりにも有名な平安神宮。

e0297347_2223631.jpg

でもいる人たちの多分8割は赤い旗の国の人002.gif
だから当然、境内は騒然!!!

南神苑に「平安の苑」が開設された日を記念し、秋の訪れの近い神苑がこの日だけ無料公開される。
もちろんここは朝夕の山手線ではない。
なのにラッシュで身動きするのもやっと007.gif
来なければよかった、と後悔。
おまけに周りは黄色い大地の国の人々・・・・・

でも人の波に逆らえず、逆行もできない。

最初に目に飛び込んできたのは「日本最古の電車」。

e0297347_223188.jpg

いくら京都を走ったからといっても、こんな場所に近代機械の産物を展示してはだめでしょ、京都府さん030.gif

そしてうるさいよ、黒い空気の国の人たち047.gif

つづく
by doitsuwine | 2015-09-24 17:45 | 京都 | Comments(3)
黒海に出てボートに乗るといろいろな水鳥にも出合う。

e0297347_14583212.jpg

カエルもたくさんいる。

e0297347_150681.jpg

浜辺には牛だって。

e0297347_1502638.jpg

乳牛なのか肉牛なのかさっぱりわからない。
両方いるのだろう。

ここは本当に平和な村。
人にとっても生物にとっても・・・
by doitsuwine | 2015-02-09 17:57 | ルーマニア | Comments(0)
鶏は大切な家禽。

どこの家の庭にもたくさんいる。

e0297347_1450896.jpg


アヒルも子どもはかわいい。
e0297347_14511088.jpg

by doitsuwine | 2015-02-08 17:46 | ルーマニア | Comments(2)
ドナウデルタは自動車がないから犬にとってもここは天国001.gif

e0297347_14422662.jpg


道ばたも犬の昼寝や水浴び場
e0297347_1444083.jpg


あ~~~あ
e0297347_14444297.jpg

by doitsuwine | 2015-02-07 17:40 | ルーマニア | Comments(2)
初めてルーマニアを訪れたのは夏だった。

ヨーロッパは都会も綺麗だが、自然はさらに綺麗。
特に、私が訪れた中では、このルーマニアのドナウデルタの自然はダントツで一位である。

デルタの無数の湖や沼地は、45種の淡水魚に加えて、300種の鳥類、更に1,200を超える植物の亜種を擁している。
ドナウ・デルタは、ユネスコの世界遺産と生物圏保護区のリストに登録されている。デルタのなかの 2,733平方キロメートルが特別保護地区である。

当然、自動車も電車もないので、デルタの村へは船で下っていく。

河岸でのお迎えは馬車とトラクター001.gif

e0297347_14332382.jpg

少年だって馬を操る

e0297347_14341044.jpg

ネコもここは天国

e0297347_1436437.jpg

by doitsuwine | 2015-02-06 17:23 | ルーマニア | Comments(0)
おいしいランチの後は宇治の平等院へ。

あまり気が進まない場所。

京都の場合、大きい建物自体が好きではない。
侘びも寂びもないからだ。

結局、鳳凰堂の廻りを一周しただけ。
e0297347_17315440.jpg

e0297347_1732960.jpg

e0297347_17323223.jpg


鳳凰堂より女の子を見ていた方が愉しい。
e0297347_17335873.jpg


最後の一枚は鬼瓦と鳳凰。
e0297347_17342370.jpg

by doitsuwine | 2015-01-15 17:28 | 京都 | Comments(0)
我が家から車で5分の場所に、世界的に知られている富士山のビューポイントがある。

忠霊塔。

e0297347_2124184.jpg


戦没者を祀る五重の塔であるが、その背後から眺める富士の絶景はポスターやカレンダーでよく知られている。

9月の富士は冠雪がまったくないので、あまり面白いとは言えないが、それでもこれほどまでに左右対称な円錐火山は世界のどこにもない。

せっかく世界遺産になったというのに、地元には何の見返りもなく、変わったことは何もない。

マナーの悪い中国人が汚して帰るだけである。
by doitsuwine | 2014-09-29 17:57 | 山梨 | Comments(2)