ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

毎月2回、論語を勉強している。
老後の暇つぶしで勉強しているわけではない。
自ら貴重な時間を割いて勉強するからには学んだことが身にならなければいけない。
最初からおさらい。

子曰、
学而時習之不亦説乎
有朋自遠方来不亦楽乎
人不知而不慍不亦君子乎

「学」は学問するということ。
それは、詩の古典を学び、礼・楽を勉強することであった。

「習」は繰り返し練習する。
復習・練習・習熟の習。
「学習」という言葉は、「学」と「習」を合わせてできたもの。

中国では武術を修行することを学習という。
日本でも武芸を修めることを「学ぶ」という。
そして武芸を行ずることを「稽古」という。

「稽古」とは、(デジタル大辞泉の解説)
[名](スル)《古(いにしえ)を稽(かんが)えるの意》
1 芸能・武術・技術などを習うこと。また、練習。「稽古に励む」「稽古をつける」「毎日稽古して上達する」

とあるが、ケチを付ければ練習と稽古はまったく違う。
デジタル大辞泉の執筆者はこれを知らないのだろう。

わが師、吉田松陰先生は『講孟余話』の中で、
「学は道の得否に在り」と言っている。
松陰先生は嘉永四年に江戸へ出て、学問をするが、名士に出会えなかった。
先生は、学問の本当の目的は「知識」ではなく、「道」を得ることにある、とする。

それでは学問の到達点である「道」とはいったい何だろう。
『論語』の中で孔子の高弟である曾子は、
「先生のおっしゃられる道とは、忠恕のことだけを意味する」
と説いている。
この孔子の解釈は松陰が求める「道」そのものだったに違いない。
※「忠」は人間が自然に持っている真心。「恕」は人間が自然に持っている思いやりの心。忠恕を一つの漢字「仁」で表す。

柔道・剣道・空手道・茶道・華道・書道と「道」を求める習い事はいろいろあるが、果たしてそれで本当の道が得られるのだろうか。

e0297347_2013273.jpg

勝った選手がガッツポーズをする礼知らずの者たちに道も何もない。
ちなみに剣道ではガッツポーズをすると勝ちが取り消しになる。
by doitsuwine | 2016-05-10 18:41 | 生活 | Comments(4)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (11) 実行


久しぶりの論語。

子曰、仁遠乎哉。我欲仁、斯仁至矣。(述而第七)


先生は言われた。「仁は遠いところにあるものだろうか。いや、自分が仁を求めさえすれば、仁はたちまちここにやってくる」。

仁とは思いやり、人間愛などを包括した徳であり、仁者とはその徳を体現した人のこと。
仁の深遠なるを知り、到底そこに至ることなどできないと嘆く弟子に向かって孔子は言った。
「仁はそんなに遠くにあるものではない。お前たちの求める力が足りないだけのこと。強く求めれば仁の方からここにやってくる」と。

ここは私が受講している講座で前回学んだところ。
咀嚼してみよう。
正に孔子の言うところは正しい。
物事が成就しないのは、そのことに対する「熱意」「努力」が不足しているからに他ならない。
恋愛が成就しないのは「愛情」が足りないから。ただそれだけのこと。
その際、重要なのは「愛」「熱意」を向ける方向、すなわち方法・方策を誤らないことである。
スポーツや学問も同じ。いくら一生懸命頑張ってもそのやり方が間違っていれば、いつまで経っても上達は望めない。
これが世に言う「実践と理論」。
実践の伴わない理論は空論であり、理論の伴わない実践は無力である。
武術の世界でももっとも重要なのは「事理(業と理論)一致」なのである。

e0297347_2104058.jpg

「仁」の定義再考。
前にも述べたとおり、儒学の「仁」はキリスト教の「愛」に等しい。
キリストは言う。神は人を差別しない。神を信じる者は等しくその愛を受けることができる。
論語にたびたび出てくる「天」の存在は、明らかに神と同等である。
しかし、儒学は宗教ではない。むしろ哲学である。
孔子よりやや遅れてギリシアではソクラテスが産婆術を説く。
そしてアリストテレスは徳を強調する。
洋の東西で時を同じくして人間が人間としての「生き方」を模索したのはどういうわけだろうか。
ギリシアには奴隷制度があり、支配者には哲学をする「暇」があった。
しかし、孔子の時代は世が栄枯盛衰する春秋時代。
この謎は永遠に解けないのだろうか。
by doitsuwine | 2015-06-29 17:00 | 生活 | Comments(2)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (10) 徳は孤ならず

子曰、徳不孤、必有鄰。(里仁第四)

子曰く、徳は孤ならず、必ず鄰り有り。

先生は言われた。「徳を体得した者は孤独ではなく、必ず隣人がいる」。

【釈義】
里仁全体の流れから、徳を体得した者=「君子」ということがわかる。
文意は、人間という者は誠実に生きていれば必ず認められ、友人や理解者が現れるということ。

まあ、私なんぞは徳などといものはないに等しいだろうが、武術を通じて多くの同士と交わることが楽しみであり、また生き甲斐でもある。その輪はヨーロッパにまで広がっているから、隣人が世界中にいるということでよしとしよう。
e0297347_22232645.jpg
なお、群馬県の桐生市には江戸中期に醸造業で栄えた豪商「有鄰館」があり、長州藩士で儒学者の富永有隣(右画像)は、名に反して周囲と打ち解けず、その反発から入獄、維新後も精彩を欠いた。また、私は学生時代、神奈川に下宿していたので、有隣堂書店によく通った。

この孔子の教え有鄰を西洋キリスト教倫理の根本原理である「隣人愛」といかに結びつけることができるだろうか。有鄰はこちらで待つ立場(受動)、しかし隣人愛はこちらから動く立場(能動)としての教えである。

旧約聖書に「あなた自身のようにあなたの隣人を愛さなければならない」とある。イエスは、神を愛することとともに、この隣人への愛こそもっとも大切な戒めだと教えた。また、今助けを必要としている人の隣人になってあげることにその意味があるとして、善きサマリア人のたとえを語った。自己を重んじることもまたこれに含まれる。

キリスト教では隣人を愛する結果として徳が芽生えるのだろう。しかし、孔子は徳を以てすれば隣人が集まるという。 徳は行動の先だろうか、後だろうか。
by doitsuwine | 2015-06-14 17:31 | 生活 | Comments(2)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (9) 君子の学び

子曰、學而時習之、不亦説乎。有朋自遠方來、不亦樂乎。人不知而不慍、不亦君子乎。(学而第一)

子曰く、学んで時に之れを習う、亦た説ばしからず乎。朋有り遠方自り来たる、亦た楽しからず乎。人知らずして慍らず、亦た君子ならず乎。

先生は言われた。「学んだことをしかるべきときに復習するのは、喜ばしいことではないか。勉強仲間が遠方から来てくれるのは楽しいことではないか。人から認められなくとも腹をたてない。それこそ君子ではないか」。

『論語』の開巻「学而第一」の最初の発言で、私の好きな言葉である。
「学習」という言葉はここから来ているが、学習とはただ学ぶだけではなく、それが身についたときに、再度おさらいをして完全に自分のものにすることをいう。

昔の武術の稽古はまず形を学び、それを何ヶ月か稽古して身に付いたら、仕上げに「数稽古」というのをやる。これは一人の者が複数の練達を相手に学んだ形をひたすら何千回も繰り返す。早朝から夜までかかることもある。これこそが学習である。しかし現在、このような稽古をしている道場は一つもない。武術は遠方より学びに来る者の方が免許皆伝に達する割合が高い。近所から通っている者は、たまたま近くで教えているからという浅薄な動機で学んでいるが、遠くから通っている者は、その魅力に引かれて通っているからだ。まさに惚れて通えば千里も一里である。

同じ事をして、ともに感動して、ともに談笑する楽しみがある以上、世間から評価されなくとも腹を立てない。
それこそ君子ではないか、と孔子はいう。イエス・キリストも、吉田松陰先生も、極悪人として処刑された。しかし、彼らには学びを共にした立派な弟子だちがいたのである。キリスト教は後にローマ帝国の国教となり、さらに世界宗教へと発展し、松陰先生の教えは明治維新を導いた。

e0297347_063114.jpg

正義はかならず後の世に迎えられる。
by doitsuwine | 2015-06-11 17:37 | Comments(2)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (8) 黙って食らえ

本日は、振る舞いの美意識を説いた一文を見てみたい。
食不語。寝不言。(郷党第十)
食らうに語らず。寝ぬるに言わず。
孔子は食事中は口をきかず、寝ているときも口をきかなかった。

【釈義】
生理的欲求はそれに集中せよ、という教えであるが、「孔先生、これだけは現代に向きませんよ」。
かつて幼稚園児~小学生だったころ、確かにそのように躾られた記憶がないでもないが、グループで食事をするのに無言で食べることほど無味乾燥したものはない。「まいう~」ぐらい言ったっていいじゃないか。
食事は楽しくいただかないと。
ここは時代の違い、とくに西洋文化に染まってしまった今の日本では「躾」が死語になっていると言っても過言ではあるまい。「躾」が大事なことはもちろんわかるが、みんなが愉しそうに食事をしているときに、一つだけシーーーーーンとしているテーブルがあったら、それこそ異様である。

さてさて、その次の「寝ぬるに言わず」であるが、これをどう解釈するか。
ふむふむ・・・眠れば口はきかないのが当たり前ではないのか? 
寝ていてしゃべるのは寝言ではないのか?
寝ころんだら口をきかずにすぐに寝なさい、ということだろうか。

どうも、曲解があっていけない。というか、このような短文ほど解釈が分かれて然りであると思うし、それぞれの時代によっても受け取り方が異なるのも当然である。

e0297347_21584055.jpg

本日の教訓
「食事は語らいながら愉しくいただくべし」


by doitsuwine | 2015-06-07 17:33 | 生活 | Comments(0)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (7) グルメ

食不厭精、膾不厭細。食饐而餲、魚餒而肉敗不食。色惡不食。臭惡不食。失飪不食。不時不食。割不正不食。不得其醤不食。肉雖多。不使勝食氣。唯酒無量、不及亂。沽酒市脯不食。不撤薑食。不多食。
(郷党第十の八)

【意訳】
飯はいくら白くとも宜しく、なますはいくら細かくても宜しい。飯がすえて味変わりし、魚が腐り肉が腐れば食べない。色が悪くなったものも食べず、臭いの悪くなったものも食べず、煮方の善くないものも食べず、季節外れのものも食べず、切り方の正しくないものも食べず、適当なつけ汁が無ければ食べない。肉は多くとも主食の飯よりは越えないようにし、酒については決まった量はないが乱れる所までは行かない。買った酒や売り物の干し肉は食べず、生姜は除けずに食べるが多くは食べない。

【釈義】
すごいグルメじゃないか。というよりも、ただ腐ったものを食べず、いい加減に手抜きされた料理はいただかないということだ。しかし鮮魚が殊の外尊ばれた時代に、季節外れのものを食べないとは、やはり贅沢なグルメ以外の何者でもない気もするのだが・・・・・・・
孔子先生は巨漢だったというから酒には強かったのだろう。

孔子先生、時代が一緒だったら二人で祇園に行けたのに・・・
e0297347_2249048.jpg

(「ぎをん や満文 青木庵」にて)
by doitsuwine | 2015-05-31 17:29 | 人物 | Comments(2)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (5) 学び

子曰、十室の邑、必有忠信如丘者焉。不如丘之好學也。

先生は言われた。「戸数十軒の小さな村にも、きっと私と同様、真心をもった誠実な人はいるであろう。しかし、学問を好むという点では、私に及ばないだろう」。

人間は単に誠実であるだけではダメである。学問をして知性や感覚を磨いてこそ、真の誠実な人間になることができる。自ら積極的に学ぶのでなければ人は成長しない。孔子は十五才以降、学を志し、生涯にわたって学問を愛した。

釈義
この時代の人々、特に宗教や哲学の先哲たちは、どうも自己の素晴らしさを自ら誇張して私は好まない。
これを「自負」と言えば聞こえはいいが、「自惚れ」と言われると醜いかぎりである。

松陰先生は次のように言われた。
学問とは自分の才能を見せびらかせて、人を従わせるためにするのではない。人を教育して一緒に正しく生きようとすることである。

後半部分は孔子と似ているように思われるが、実はその前提としての前半が重要であり、先生は「自分の才能を見せびらかすこと」を嫌っている。
孔子はどうも「俺と同じような人間になれ」と言っているようで、孔子のこうした性格は、現代の時代から見れば好まれないのではないか。
e0297347_2156615.jpg
福沢諭吉は言う。
賢人と愚人の違いは、学ぶか学ばないかによって、決まるのである。

この簡潔明瞭な表現こそ金言である。
どうも「不如丘之好學也」は余計に思えてならない。

本日の締めくくり
学問ばかりやっているのは、腐れ儒者であり、もしくは専門馬鹿、または役立たずの物知りに過ぎず、
おのれを天下に役立てようとする者は、よろしく風の荒い世間に出て、なまの現実を見なければならない。
(吉田松陰)

(了)
by doitsuwine | 2015-05-25 17:03 | 生活 | Comments(0)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (4) 礼

子入大廟、毎時問。或曰、孰謂鄹人之子知禮乎。入大廟、毎事問。 子聞之曰、是禮也。

子大廟に入りて、事ごとに問う。或るひと曰わく、たれか鄹人の子を礼を知ると謂うや、大廟に入りて、事ごとに問う。子これを聞きて曰わく、是れ礼なり。
e0297347_2003241.jpg
口語訳
先生は大廟に入って儀礼を一つ一つ尋ねられた。ある人が言った。「誰が、鄹の田舎出身の役人(孔子)が礼を知っているなどと言ったのだ? 彼は、大廟の中で儀礼について一つ一つ尋ねているではないか」。先生はそれを聞いておっしゃられた。「それが礼なのだよ。」

釈義
孔子は、礼節とは、知らないことを知っていると言って優越感に浸ることではなく、その道の先達に敬意を払って、丁重に教えを乞う謙虚さこそが礼の道だと語った。相手を見下す傲慢不遜な態度や知的優越感に浸る姿勢こそが、もっとも礼から遠い振る舞いであることを示した印象的なやり取りである。

問答法によって相手の無知を露見させ、屈服させる手法は、ソクラテスの産婆術と同じである。相手に「無知」 を悟らせることによって「真の知」を得ることを常に実践していたことがわかる。
しかし、論語の場合には孔子が問いかけるのではなく、相手からの問いかけに孔子が応じる点でソクラテスのそれより優れているように思われる。

「礼」
礼は儒家によって観念化され、秩序原理にまで高められた。荀子によって理論的整備がなされ、六経の一つとして挙げられると、礼を研究・実践する学問である礼学が起こった。
江戸時代、武術が武士の稽古事であり、教養であったことを考えれば、武術に礼学の位置する比率が高い理由は自ずと理解できる。

e0297347_16525532.jpg

武術が後輩・同輩・師範の序列を重視する一方で、稽古の始終に序列を越えて相互に礼を行うのは、稽古においてはどのような相手にも敬意を表するからである。

礼を学ぶ場が少ない時代になった。
中学校の必修科目となった「武道」でしっかりと「礼」を教育してほしい。
by doitsuwine | 2015-05-20 17:11 | 生活 | Comments(2)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (2) 少年時代


大宰問於子貢曰、夫子聖者與。何其多能也。子貢曰、固天縱之將聖、又多能也。子聞之曰、大宰知我乎。e0297347_21858100.jpg吾少也賤。故多能鄙事。君子多乎哉。不多也。(子罕第九)

大宰とは大臣のことで、当時呉の王だった夫差の腹心だった大宰嚭のこと。彼は夫差のライバル越王の句践から賄賂をとるなど、強欲な政治家だった。子貢は孔子の高弟で弁論にすぐれ、外交官として活躍した。彼は二度にわたって魯の代表として大宰嚭に面会している。                                 
← 子 貢

孔子は聖人にしては多芸すぎるという大宰嚭の問いに、子貢は「孔子は天が自在に才能を与えているのだから何でもできて当然である」という煮え切らない答えをした。

この会話を聞いた孔子は、彼がなぜ多芸なのかを明解に断言した。「自分は貧しいからこうなったけれども、君子は本来多芸であってはならない」と。孔子は「吾れ試いられず、故に芸なり」(子罕第九)と述べている。

神の子イエスやヒマラヤ山麓を治めていた釈迦族の王、浄飯王と、その妃摩耶夫人の間に王子として生まれたブッダとは大きな違いがある。どこへ言っても仕官が叶わず、晩年は隠棲して弟子を育てることは剣聖宮本武蔵に重複する。武藏は自ら 『五輪書』 を書いたが、『論語』 は弟子や孫弟子が筆録した点でやや説得力が落ちる。あたかもソクラテスの弟子プラトン(前427~347)が著した対話集 『ソクラテスの弁明』 の東洋版とでも言うべき典籍である。

ここでこの章のキーワード、中国における「天」の思想について考えてみたい。
天を中国では人の上の存在として考えられており、「天」の文字も人の上に一を書く。中国の思想では、全ての人には天(天帝)から、一生をかけて行うべき命令(天命)が与えられており、それを実行しようとする人は天から助けを受けるという。逆に天命に逆らう者は必ず滅ぶと考えられている。

e0297347_21302270.jpg










天は全ての人のふるまいを見ており、善を行うものには天恵を、悪を行うものには天罰を与える。そこにおける天はやはり、イコール神である。天は神の住む所とされてきたので、派生的用法として天だけで神を意味することがあるわけである。しかしながら孔子の説くところは天=神への信仰心ではなく、あくまでも人間の行動規範=倫理であり、儒教では、五常(仁、義、礼、智、信)の徳性を拡充することにより、父子、君臣、夫婦、長幼、朋友の五倫の道をまっとうすることを説いている。


(了)
by doitsuwine | 2015-05-18 17:21 | 生活 | Comments(2)
人類の歴史を貫く『論語』一人語り (1) 孔子とは何者か

はじめに

人生の下り坂を転げ落ちている年齢で、縁あって今年から 『論語』 を学んでいる。
講師はこのブログにも気まぐれでコメントをくれる同級生の渡辺洋之さん。
各地で精力的に論語教室を開催している。
最近は毎年、ヨーロッパに夫妻を同行して共に愉しんでいる。

折角学んでいるのだから、自分なりに咀嚼して、微細にしても骨肉の一部にしなければ意味がない。
専門的な釈義はその道の人たちに委ねるとして、私には私なりの解釈と見方がある。
そう、このような「思想書」は読む人間によって受け取り方が異なるのが当然であり、それを人生にどのように生かしていくかもまた個人の資質に関わることである。

聞いただけで、「はい、おしまい」では老婆の日向ぼっこではないか。
ということで、これまでの学者連中が書かなかったもう一つの 「論語釈義」 を私の独断と僅かな知見によって思いのままに綴ってみようと思う。

性格柄、すべて変化球で勝負するので、直球を望む人には「毒」になるかもしれないが、私としては「薬」を処方しているつもりなので、ご了解願いたい。

~孔子とは何者か~

子曰、吾十有五而志于學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲、不踰矩。(為政第二)
e0297347_16264951.jpg
孔子が晩年に弟子たちに聞かせた自らの懐古である。この一文から、後世十五歳を志学といい、六十歳を耳順というようになった。
十五で学を志すのは少々遅い嫌いがあるが、少年時代の孔子は貧窮に直面していて学問どころではなかったと思われる。成長してからも彼は「自分は何でもできる」と言っているが、これは彼が少年時代に貧しい生活を乗り切るために職の選択などする余裕もなく、何でも手当たり次第にこなした経験による。藩士に兵学を講義した吉田松陰の少年期とは雲泥の差がある。

e0297347_1628563.jpg
三十歳で学識を認められたのは、イエス・キリストがバプテスマのヨハネから洗礼(水に全身を浸す儀式)を受けた年齢に等しく、吉田松陰が斬首刑に処された年齢である。まさに而立の年齢である。そう、松陰の処刑(その間際に記した 『留魂録』 )は維新の起爆剤になったのであり、正に死=生なのである。
e0297347_16285369.jpg
そして孔子は五十歳で天命を悟り、下剋上に揺れる故国魯の政治体制改革を目指して出仕した。この天命が西洋と違うのは天に具体化した神の存在が示されていないことである。西洋で唯一絶対とされた神の存在が中国にはなかった。儒教が思想であり、倫理でありながら宗教に昇華しなかったのは無神だったからであろう。確かに孔子の弟子たちも孔子を天命を悟ったものと捉えてはいたが、果たして孔子は何を以てこれを具現化したのだろうか。もって生まれた学究心だったのか。

しかし、この徳を以て国を治めることを理想とする思想は、アリストテレス(前 384~322)が「人間にとっての善とは徳に基づく魂の活動である」と人間生活における本質的な部分を説いたのと酷似しており、プラトン(前427~347)が理想とした「哲人政治」、すなわち真理を把握した哲学者が国を統治すべきであるという考え方も一種の徳治主義である。これは孔子の「子曰 為政以徳 譬如北辰居其所 而衆星共之」(為政編)という考え方が西洋の玄関口であるギリシアに伝わったのではないか、と限りなく可能性の低い仮説に思いを巡らせている。

ちなみに、インドでブッダ(前566~486)が出家したのが29歳、悟りを開いたのが35歳である。こちらは苦悩を断ち切って涅槃に達するための方法と実践を説いた。

(了)
by doitsuwine | 2015-05-17 17:49 | 生活 | Comments(2)