ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

一昨日のディナーは家族で河口湖にある欧風田舎料理のレストラン『ルッコラ』へ。

ここの料理、ヨーロッパのどこの田舎料理よりもおいしい(^_^)v
キノコや芋類をたっぷり使っているから、満腹になるのもうれしい。
サラダだって一つで4人前しっかりとある。

e0297347_2156392.jpg

私はスズキのムニエルをいただいた。

e0297347_21565487.jpg

ワインもおいしい。

e0297347_21572830.jpg

ごちそうさまでした。
e0297347_21574123.jpg






(完)
by doitsuwine | 2017-05-26 17:51 | 我が家 | Comments(1)
本日、またも政房さんからいただいた新潟の銘酒『越後流』を開栓した。

大吟醸でありながら、スッキリの奥にコクのある味わい。
う~~~ん、本日の肉料理にピッタリだ。

e0297347_22163371.jpg

いつも高級な酒をいただいて恐縮です。





(完)
by doitsuwine | 2017-05-25 17:12 | 生活 | Comments(4)
一昨日は自宅近くの居酒屋で夫婦酒°˖✧☻໌♡☻ັ✧˖°

e0297347_22181067.jpg

e0297347_22181918.jpg

e0297347_22185113.jpg
e0297347_2219543.jpg

e0297347_22191838.jpg
e0297347_22194140.jpg


たまには二人でゆっくりとね・・・




(完)
by doitsuwine | 2017-05-16 17:15 | 生活 | Comments(4)
一昨日はランチにイタリアンレストランで角ピザをいただき(美味しいけど、もう少し厚みがほしい)、

e0297347_22103980.jpg

夜は晩酌で政房さんからいただいた真澄の 『純米吟醸 うすにごり』 を開栓。

e0297347_22105531.jpg

肴はカマスのお造りで。
こんな旨い酒は久しぶりだ(*^_^*)





(完)
by doitsuwine | 2017-05-15 17:05 | 生活 | Comments(4)
長男が帰郷して二ヶ月経った。
たまには二人で居酒屋へ。
入ったのは 『やまちゃん』。
いつも私には裏メニューで歓待してくれる!!!
お通しですでに生酒が一本空き、
次の出汁巻きでもう一本空き、
焼き山芋からウイスキーになり、
e0297347_2112415.jpg


お好み焼きでどんどんなくなり、

e0297347_2124100.jpg

最後の特性スパゲティで・・・

e0297347_2121662.jpg

ここで長男とはお別れ。
一人でスナックへ。
ここでまた、スコッチのいいやつを・・・
時計を見れば、日付が変わって2時。

よく家まで帰れたもんだ。
死にそう・・・




(完)
by doitsuwine | 2017-03-30 17:50 | 生活 | Comments(0)
武州は上尾の銘酒 「文楽彩」。
この香りの利いた個性の強い酒は、埼玉のSさんからのいただきもの。
この酒は、他のすっきりとした味の酒と飲み比べをすると、その香りの強さに度肝を抜かれる。
純米吟醸なのにこの香りは何だろう。
面白い酒だ。
うん、やっぱり合わせるのはお造りですな。

e0297347_19462723.jpg

なんてったって陶器瓶に入っているんですよ。

いつもごちそうさまです040.gif040.gif040.gif




(完)
by doitsuwine | 2017-03-29 17:41 | 生活 | Comments(0)
こちらのワインもいただきもの。
初めていただくカナダ産のワイン。
本日はスパゲティ。
で、白だと思って開栓したら赤でした(>_<)

e0297347_2315081.jpg

(いただいてばっかりで恐縮ですが、赤が苦手なので、ぜひ白を^^;)

でも、この赤、ほんのり果実味があり、なかなかグーでした。
(でも、私、ポリフェノールが天敵なんです(/_;))

ワイン情報
HENRY of PELHAM
深いルビー色。ベリーを思わせる果実香と共に、スモーキーなアロマが漂う。しっかりとした酸が果実の凝縮感を引き締め、ピノノワールやメルローのような口当りの良さと、深い複雑味が絡み合う。5~10年の熟成にも耐えられる本格的なミディアムボディー。
スパイシーな肉料理や、中華料理に合せやすい。
バコノワールとは、1894年にフォルブランシュとヴィテスリパリア系品種の交配種として開発された。Bacoとは種苗家の名前で、発祥はフランスだが、総栽培面積は年々減少し、現在は北米(カナダ・オンタリオ州・ニューヨーク州・一部のカリフォルニア)に移行している。
※フォルブラン種:西フランス大西洋沿岸地方でかつて大量に栽培されていた葡萄で非常に酸度が強く、蒸留酒用のベースワインを造る。




(完)
by doitsuwine | 2017-03-19 17:05 | 生活 | Comments(2)
先日、職場の宴会を 『浜っ子』 という地元では老舗になりつつあるレストランで催した。
前回の 『美味 滝本』 とは打って変わって、こちらは上品なうえに料理も美味しい。
これを世は雲泥の差という。
もちろん泥は 『美味 滝本』 で、雲は 『浜っ子』。
料理のいくつかは話に夢中で撮れなかったが、ご覧のようなコース。

e0297347_2075672.jpg

e0297347_2081162.jpg

ワインもボトル3本を飲み干し、

e0297347_2084676.jpg

この店の名物 「海老フライ」 をいただき、

e0297347_2093378.jpg

お品書きがないのが残念なほど。

e0297347_2095489.jpg

ごちそうさまでした。





(完)
by doitsuwine | 2017-03-16 17:59 | 山梨 | Comments(0)
結局いつもの 『夏目亭』 でランチ

e0297347_21182321.jpg

でも実はランチは初めて
前菜から

e0297347_2119470.jpg

続いてスープ

e0297347_21194339.jpg

メインは「長崎産平目のポワレ ソース マリニエール」をチョイス

e0297347_212049.jpg

こちらは以前にもディナーでいただいたことがある。
ワインは白を二種
最初は軽いのをいただき香りを愉しみ、次はブルゴーニュの濃厚なのをいただき味を愉しむ。
最後のデザート

e0297347_2121353.jpg

テーブル席は予約客で満席でした。

ごちそうさま。




(東京はつづきます)
by doitsuwine | 2017-03-09 17:11 | 東京・神奈川 | Comments(0)
これもいただきものの純米酒「七冠馬」。
このお酒が醸される島根県雲南市は、中国山地の山間の地。
古来より「たたら」と呼ばれる製鉄の技法により、玉鋼を生産する日本刀の故郷でもある。
伝説の七冠馬シンボリルドルフと縁の深いこの蔵が、その名を冠して生み出すこの酒は、風土に根ざした濃醇で太みある味わいを楽しめる。e0297347_20361586.jpg
旨い016.gif



あの位置からゴボウ抜きだぜ、涙が出てくるな、この名馬。


(完)

簸上清酒合名会社
島根県仁多郡奥出雲町横田1222番地
TEL (0854)52-1331(代)
FAX (0854)52-2446
by doitsuwine | 2017-03-05 20:18 | 生活 | Comments(2)