ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

今、チリのシャルドネが美味い。

今週前半はシーズンごとに一回訪れる偏頭痛に悩まされていたが、昨晩完治したのでさっそくワインを。

開栓したのはチリの 「ビーニャ ウィリアム フェーヴル」 のシャルドネ・グラン・キュヴェ。
輸入業者は言わずと知れた 「稲葉」。
シングル・ワインヤードでの醸造なので、香りがバツグンに良い。

e0297347_20262182.jpg

チリ産のワインは欧州行きの機内でも今や多くの航空会社が持ち込んでいるほどの優れもの。
鶏肉で美味しくいただきました。

ごちそうさま。




(完)
by doitsuwine | 2017-09-22 17:17 | 我が家 | Comments(0)
埼玉のSさんからいただいた武州上尾の銘酒「文楽」。
化粧箱に入るは大吟醸。
昨晩、開栓していただいた。
洋物のアンティークグラスで。

e0297347_20285981.jpg

やっぱりこりゃ旨いわ。
肉詰め茸との相性もバツグン。

ごちそうさまでした。





(完)
by doitsuwine | 2017-09-07 17:24 | 生活 | Comments(2)
ワインは奥が深い。
今宵のワインはフランス、ラングドック・ルション地域の銘醸、フォン・カリユ自慢のシャルドネ。

ペイ・ドック・シャルドネ

e0297347_19312935.jpg

美しい黄金色、豊かな香りがすばらしい。
価格も手ごろでおすすめの一品。





(完)
by doitsuwine | 2017-09-02 17:24 | 生活 | Comments(0)
奈良にお住まいのYさんからのいただきもの。
春鹿 超辛口 純米酒

e0297347_20361794.jpg

どうすればこんな辛口の酒ができるのだろうか。
舌が痺れるほどの辛さ。
山椒でも入っているのだろうかと思うほど。
しかし、美味い!

美酒、御礼申し上げます。




(完)
by doitsuwine | 2017-07-19 20:37 | 生活 | Comments(6)
『殿、利息でござる』でおなじみのもう一つの酒「霜夜」。
武術の極意でもある「霜夜」。
さて、その歴史ある酒を開栓。
旨い! 
合わせた魚=肴は珍魚「石持」。

e0297347_22503793.jpg

淡泊な白身魚なので、おろしでいただく。
この酒にピッタリだ。

ごちそうさまでした。




(完)
by doitsuwine | 2017-07-06 22:51 | 生活 | Comments(2)
先日、長野の諏訪で購入した伊東酒造の 『純米吟醸 横笛』 。
一昨日開栓。

e0297347_227011.jpg

醸造米に 「しらかば錦」 を使用。
吟醸酒なのにすごい濃厚な酒。
でも喉越しはよく、後味もいい。

以下は、伊東酒造のコメント。
「穏やかな香りと優しい旨味」 穏やかな吟醸香と柔らかな酸が、お米の旨味を引き立て、料理にもあわせやすい純米吟醸です。

うん、まぁ良しとしよう。




(完)
by doitsuwine | 2017-06-17 17:58 | 長野 | Comments(2)
私がモーゼルワインでベスト3に挙げるワイン。
トリアー慈善協会。
酒神バッカスが杖を着くエチケットで有名なワイン。
もちろんその醸造所へも行ったし、セラーも特別に個人で見てきた。
だから愛着もある。
もちろんこのワインをいただくときには専用のグラスで。
で私はこのワインをなんとカレーライスに合わせる。
これもお決まり。

e0297347_23335396.jpg

しかし、今回のワイン、エチケットにもあるように瓶詰めが2011年なのだ。
嫌な予感がズバリ的中。
酸が抜け、酸化が始まっていた。
もちろん問題なくいただけるが、フレッシュさがまったくない。
ドイツの白は3年目までに飲まないとどんなにいいワインでも品質が低下する。
今は2014年以降の新しいワインを購入したい。





(完)
by doitsuwine | 2017-06-16 17:24 | 生活 | Comments(0)
『殿、利息でござる』で売り出された宮城の酒「殿の春風」を開栓。

e0297347_21215849.jpg

名醸大和蔵酒造が映画の公開記念に合わせて発売。
伊達重村公より命名された「春風」を「殿の春風」として復刻した。

さすが酒処、癖のないすっきりした大吟醸で飲み口抜群。

妻特製の肉料理でいただいた。
e0297347_21221333.jpg







(完)
by doitsuwine | 2017-06-13 17:09 | 我が家 | Comments(0)
長野の夜は門人たちといつもの居酒屋で小宴を。

なんと、お通しに 「そば」 が・・・

e0297347_1946698.jpg

いくら長野と言えども、そばは〆だろう!
まあいい。

e0297347_19462823.jpg
e0297347_19465157.jpg

つまみをいただきながら、酒は 『水尾』。

e0297347_194767.jpg

ここではしっかりと枡で飲ませてくれる。

e0297347_19472563.jpg

肴も入れ替わる。

e0297347_19474347.jpg
e0297347_1948338.jpg


酒も 『直虎』 に。

e0297347_19482011.jpg

〆に 「ごはんセット」 を頼んだら、
おばちゃんが 「それ、おかずがないよ」 だって。
「じゃあ、お茶漬けならいいの?」
おばちゃん 「そうね」

e0297347_19484634.jpg

なんで長野は注文したものを食わせてくれないんだ~~~





(おわり)
by doitsuwine | 2017-06-06 17:34 | 長野 | Comments(0)
とにかく忙しい・・・
いい加減 + 手抜き = 低俗
な記事ですが、ご寛容を。

本日は家内特製のクリームシチュー。
ハンガリーのグヤーシュよろしく豪快に鍋で作ってくれたので、
これにはイタリアの金賞受賞ワイン「パラッツォ・マッフェイ・ソアーヴェ DOC」を合わせる。

e0297347_18461489.jpg

ワインもシチューも美味い!!!





(完)
by doitsuwine | 2017-05-29 18:46 | 生活 | Comments(0)