ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:風景 ( 545 ) タグの人気記事

富士五湖観光といえば白糸の滝。
ハンガリーのみなさんを誘いました。

その前に腹ごしらえ。
富士宮といえば、もちろん焼きそば。

e0297347_1341860.jpg

それに今年初のかき氷(*^▽^*)
ここは絶対にミルク金時!!!

e0297347_1345426.jpg

いや、旨い。

そして白糸の滝へ。

e0297347_1355695.jpg

この水しぶきに体全体が癒される・・・

e0297347_1362174.jpg

いいねぇ(*^▽^*)

e0297347_1363763.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2017-07-01 17:10 | 静岡 | Comments(2)
みなさん、ブログを更新できなくてごめんなさい。
ウイルスに侵入されて、戦っていました。
完敗です。
滅茶苦茶にされました。

でも悩んでも仕方ない。
心機一転、気を取り戻して、さあ、

現在、ハンガリーから弟子が来日していて、稽古&富士五湖地方観光を執行中。

e0297347_21373110.jpg

まずは地元の忍野八海へ。

e0297347_21374892.jpg

ここはほとんど中国の飛び地(泣)

でも富士北麓きっての観光地だからこれも仕方ない。

e0297347_2138767.jpg

ハンガリー人はいろいろ楽しんでいました。

e0297347_21383037.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2017-06-30 21:38 | 山梨 | Comments(2)
長野市の松代を散策した。
城跡から少し離れると田園風景が広がる長閑な地域。

e0297347_23394974.jpg

ここにも庚申塔がたくさんあった。
私にはそれだけでも嬉しいこと。

e0297347_2340197.jpg

e0297347_23403940.jpg

文字碑の他に、
下部に三猿を彫塑した優れものにも出合った。

e0297347_23411430.jpg

行き当たりばったりの散策の醍醐味。




(つづく)
by doitsuwine | 2017-06-02 23:42 | 長野 | Comments(2)
本日午前中、都留市夏狩の菊地わさび園にお邪魔した。
e0297347_13352877.jpg


社長は私の従弟。
こちらのわさび園には約半世紀ぶりの訪問(^^;)

e0297347_13363956.jpg

明朗闊達な社長とアイデアマンの従業員さんが二人で頑張っている。

e0297347_1337148.jpg
e0297347_1340354.jpg


富士の湧水で無農薬栽培するわさびは今や県内外で大人気。

e0297347_13383333.jpg

e0297347_13374034.jpg

周囲を山に囲まれた静寂な空間でワサビは元気に育つ。

e0297347_13392546.jpg

また行きますね!
帰りに「くれちうどん」で昼食。
e0297347_13401620.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2017-05-12 13:40 | 山梨 | Comments(4)
少し進むと路傍に馬頭観世音がある。
大層立派なもので、施主は天野勇造とある。

e0297347_1095827.jpg

白い枝垂れ桜に覆われて幸せである。
e0297347_10101572.jpg


その後、御坂町の旧鎌倉往還に残る唯一の石畳を撮影しに下りて行くと、

e0297347_10103886.jpg

カメラのバッテリーが無くなっていた。
e0297347_10105376.jpg


スマフォは車の中、あ~あ。

ちっくしょ~~~

また来ます。




(完)
by doitsuwine | 2017-05-01 17:01 | 山梨 | Comments(0)
庭の植木の花が満開

まずは花かいどう

e0297347_2171460.jpg

そして枝垂れ桃

e0297347_2173218.jpg

こちらは芝桜

e0297347_2174594.jpg

そしてこちらは先日紹介した桜(富士桜)が今満開。

e0297347_2181056.jpg

富士山に焦点を当てたので桜はぼけてしまいました。
ごめんなさい。

そして照手桃

e0297347_218482.jpg

最後は八重桜

e0297347_219435.jpg

今年の春も我が家の庭は賑やか。





(完)
by doitsuwine | 2017-04-29 17:01 | 我が家 | Comments(0)
松尾芭蕉の 『野ざらし紀行』 中の一句に、

甲斐の山中に立よりて、
行駒の麦に慰むやどり哉

というのがある。

駒の産地である甲斐に差し掛かり、我が行く駒もしばし麦を食らっては休らっている。
そのようにわたしもくつろいで休んでいることだ。(季語) 麦-夏

昨日、その名馬黒駒の産地、御坂町黒駒を散策していると、偶然にもその句碑に出合った。

e0297347_21133575.jpg

限界集落研究会会長として、また全国石造物保存調査委員会会長として、芭蕉の長旅に思いを馳せながら、しばらく私もその場所で佇んだ。

e0297347_21151625.jpg

山村歩き同好会会長の久しぶりの散策。




(つづく)
by doitsuwine | 2017-04-28 17:06 | 山梨 | Comments(2)
我が家の庭からは富士山が見える。
庭の小さい桜が開花したので富士を入れてアングルを決める・・・

e0297347_1322421.jpg

しかし、
アパートとその階段、電線のせいで風情も何にもない。

e0297347_13222737.jpg

私が子どもの頃は、我が家から見る富士に、人工建造物は何一つなかったのに・・・





(完)
by doitsuwine | 2017-04-24 17:16 | 我が家 | Comments(2)
わが富士吉田市。
標高が高いので、関東でも桜の開花がもっとも遅い。

ここはわが町を通り抜ける旧鎌倉往還の要所。
ここには道標があり、その背後には根本から二股に分岐した見事な桜がある。
まさに夫婦桜。

e0297347_21311878.jpg

これから一週間ほどが見頃。

道標には「右 吉田ぬまつ(沼津) をだはら(小田原)」と刻まれている。

e0297347_21315121.jpg

市内でも屈指の優れた道標である。





(完)
by doitsuwine | 2017-04-20 17:26 | 山梨 | Comments(2)
その場所の景色を代表する二つのもの。
たとえば長州萩の場合は夏みかんと土塀。
e0297347_22444664.jpg

これがわが町、富士吉田市になると、丸尾 (まるび、溶岩のこと) と
e0297347_22451837.jpg

松林、とこうなる。
e0297347_22461600.jpg

あなたの町にも景色を象徴する二つのものがありますか。





(完)

by doitsuwine | 2017-04-08 17:36 | 生活 | Comments(4)