ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

ドイツナンバー1の急傾斜ぶどう畑 「カルモント」

ドイツのモーゼルやラインガウなどの地域はヨーロッパにおけるぶどう栽培地域の北限にある。

だからぶどうはゆっくり熟成して糖分を充分に残した甘くてフルーティーなワインを造る。

気温が低く、日照時間も短いので、モーゼル川やライン川が日没後に発する放射熱により、発酵が進む。

日中は太陽からも充分な熱量を吸収するために、ぶどう畑は河川沿いの急斜面が利用される。

傾斜角度が急なほど充分な日照角度が長時間保てるわけである。

さて、本日紹介するエラー村の「カルモント」は「熱い山」という意味の単一畑。

この畑の傾斜角度は実に76度にも達し、ドイツナンバー1の急斜面畑となっている。

e0297347_21312291.jpg


ドイツの文豪ゲーテは、モーゼル川を旅した時に次のような言葉を残している。

太陽が降り注ぐすべての丘がワイン畑として利用されていた。しかし、間もなくわれわれは川沿いにそそり立つ絶壁の岩山に感嘆したのである。その鋭く高くそそり立つ絶壁の上には、まるで思いがけない自然のテラスのような最高の状態でブドウの樹々が育っていたのである」と。

カルモント畑は、112の区画に細かく分けられており、40ものワイナリーが所有している。
by doitsuwine | 2013-04-21 18:17 | ドイツ | Comments(2)
Commented by 南アルプス市 斉藤 at 2013-04-22 06:43 x
ご無沙汰しております。暑くなったり、寒くなったり可笑しな天候ですね。私にはワインは本当に判らないのですが、ドイツワインは以前、従兄弟に貰った時、飲み易いなぁと感じました。投稿を拝見して、久し振りにドイツワインを買いたくなりました。
又、宜しくお願い致します。
Commented by 管理人 at 2013-04-22 20:08 x
斉藤さん♪

そうですね、昨日、当地では何と雪が降りました(>_<)
ドイツワイン、できれば量販店ではなく、しっかりした酒屋、あるいはネットで2000円以上のカビネット・シュペートレーゼクラスを選んでみてください。
日本酒が好きな人は、たいていドイツワインは合うと思います。