ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

相国寺塔頭慈照院の陸船松

ここは同志社大学の北にある相国寺塔頭の慈照院。

この相国寺というお寺はいつ行っても閉まっていて拝観できた試しがなかった。

今回の「京の冬の旅」で慈照院が拝観できるという。

12年ぶりの公開「妙心寺東海庵」、7年ぶりの公開「三時知恩寺」、27年ぶりの公開「大聖寺」
と巡り、最後にここへ来た。

山門をくぐると延段があり、その右側に枯山水式庭園が広がる。

私にとっての一番の見所は本堂客殿東の庭園。

ここに樹齢300年以上という「陸船松」がある。

平石上に太い幹とその根本から横に張り出した松の枝が帆を張った船に見えることからそう名付けられた。

この松をカーテン開きのように戸を両側に配置して撮影してみた。

e0297347_20195123.jpg


しかし、特別公開はゆっくり落ち着いて拝観できる環境にないのが残念。
by doitsuwine | 2013-04-26 18:55 | 京都 | Comments(0)