ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

『カフェ・ロトンド』でランチをいただく。

1月5日、日曜日なので「バンブの蚤の市」へ出かける。
ここは路上に出ているアンティーク・マーケット。

e0297347_21513893.jpg

約2時間見て歩く。
ここでも小物をいくつか購入。

そして、ランチはお目当ての『カフェ・ロトンド』へ。
約100年前、ロトンドがあるモンパルナス地区は世界の芸術の中心地だった。世界中から多くの画家や作家たちが集まり、この界隈のカフェで議論した。ロトンドもそのうちの一つ。昔から変わらない赤い庇が目印。1903年創業というから110年の歴史を持ち、常連客には藤田嗣治、ユトリロ、シャガール、モディリアーニ、ピカソ、ジャン・コクトー、アポリネール、マックス・ジャコブなどがいた。

e0297347_21523359.jpg

e0297347_21524850.jpg

e0297347_21534867.jpg

となりのグループはフランス料理の王道、生牡蠣を食べている。
でも、私はあえて「Bass files slighly pan-sauted seasoned with preserved lemon and wild rice」を注文。フランス料理を代表するスズキのソテーだ。
出てくるのが楽しみだな016.gif

e0297347_22132164.jpg


これは美味い011.gif
by doitsuwine | 2014-01-26 17:47 | フランス | Comments(0)