ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

カテゴリ:フランス( 71 )

モンマルトルの歌
モンマルトルは 坂の街 階段上がれば 真っ白な お伽の教会 現れる お絵描きさんに 誘われて 椅子に座るは 澄まし顔 階段下れば ユトリロの コタンの小径 現れて サクレクールは 空の中 二台の風車で ブリュレ割る アメリはいずこ 跳ねうさぎ ブドウ畑を 通り過ぎ シャンソン歌えば シャンゼリゼ 静寂の街を てくてくと 歩けば楽し 跳ねうさぎ ミュージアムには ルノワール ブランコ乗って 夢心地 スケッチすれば シャノワール どこからともなく 現れて ムーランルージュは 今日もまた 踊り子舞って 世は更ける 明けてカフェオレ クロワッサン オムレツあれば ここは極楽

e0297347_18512822.jpg
 
by doitsuwine | 2018-11-01 18:51 | フランス | Comments(5)
この一盃で三時間。

e0297347_22512495.jpg


モンマルトルのナイトライフは夢世界・・・






(完)
by doitsuwine | 2018-10-11 22:51 | フランス | Comments(2)
パリでの最後の晩餐は、予約しておいた 『 ベル・カント 』。

もちろんドレスコードがある。

本格的なオペラの美声と3コースのプリフィックス・ディナーが堪能できるシアターレストラン。

プロのオペラ歌手でもあるサービススタッフが料理を運びながら突然歌い出すという迫力満点の演出!

3時間をここでゆっくり過ごす。

最後は少し贅沢を。

e0297347_19585068.jpg

e0297347_195924.jpg

e0297347_195918100.jpg


ごちそうさまでした。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-26 17:35 | フランス | Comments(2)
今回のパリ旅行で楽しみにしていた場所の一つ。

ブーローニュの森

e0297347_18214313.jpg


ここで絵を描いた。

e0297347_18222157.jpg


そして船で島に渡り、

e0297347_18235974.jpg


ジュースで一息。

e0297347_18225193.jpg


のどかに時が流れていく・・・・・・・・・♪♫







(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-25 17:18 | フランス | Comments(2)
白鳥の小径を歩き、ブーローニュの森へ向かう途中、すでに腹が減ってきた。

森のレストランでランチをとる予定であったが、途中でレストランを探すことに。

少し賑わいのある交差点に数軒のレストランがあったが、いずれもイマイチ雰囲気がよくない。

それでもう少し歩く。

するとイタリアンレストランを発見。
ここに決定。

e0297347_1715478.jpg


これがグッドチョイスだった。

e0297347_1721322.jpg


ワインもシーフードスパゲッティも美味しかった~~~!

e0297347_1723218.jpg








(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-24 17:50 | フランス | Comments(2)
モンマルトルを除く今回のパリで一番気に入ったのは、

その名も「白鳥の小径」(Ile des Cygnes)。

e0297347_1643627.jpg


名前の響きもいい。

ビラケム橋からグルネル橋まで続く、約1キロの細い 「水上」 散歩道。
この散歩道、セーヌの真ん中を走るので、眺めもよくとても気持ちいい。

緑の中の白鳥の小径。

もとは19世紀初頭に堤防として造られたもので、現在は犬を連れた地元の人やジョギングする人が目立つ。
ベンチもあるので休憩にぴったり。

e0297347_1643371.jpg


パリのブルジョワジー観察にもよいかもしれない。

この辺りは人通りも少なく、不思議な静けさが残る珍しいパリエリア。

ここから眺めるエッフェル塔が一番いい。

e0297347_16435572.jpg








(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-23 17:15 | フランス | Comments(4)
朝食を済ませてシャンゼリゼ通りを歩く。

e0297347_1643686.jpg


パリの 「 名所 」 は好きではない。

しかし、お連れ様がいるので、とりあえずはひととおり。

まずは凱旋門。

e0297347_165122.jpg


うるさい東洋人がたむろしているのがまた気にくわない。

さっさと通り過ぎて、緩い坂道をエッフェル塔に向かって下りていく。

散策は楽しい。

エッフェルに着いた・・・が入口がない。
というか、フェンスで厳重に遮られていて敷地に入れない。

ぐるりと廻ってようやく入口発見、セキュリティーチェックを受けて入場。
しかし、ここはエッフェル塔に上る人用の入口。
無駄な時間を浪費して外に出て、またまたぐるりと回遊してようやく芝生に辿り着いた。

e0297347_1654431.jpg


ここでかなり疲労感が出た。
絵を描こうかと思ったが、適当な場所もない。

ここは無用の場所

e0297347_166593.jpg


写真だけ撮って素晴らしいタワーに別れを告げた。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-22 17:43 | フランス | Comments(2)
パリ最終日の朝食はもちろんカフェ・ドゥ・ムーランで。

e0297347_1521145.jpg


モンマルトルへ来たら一度はここで食事をしないとね。
朝から開店しているのがうれしい。

アメリがいた当時の雰囲気はあまりないけれど、名物のクレーム・ブリュレは今も健在。

e0297347_15213686.jpg


これが食べたくてここへ来るようなもの。

e0297347_15215476.jpg


しかし、クロワッサンやコーヒーも美味い。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-21 17:14 | フランス | Comments(2)
3日目のディナーもモンマルトルで。

今宵も地元客で賑わうアベス通りに面したフレンチレストランで。

同行者と二人でガッツリと肉料理を。

e0297347_1583092.jpg


私のスパゲッティは見た目が悪いが、これがまた美味いのです。

e0297347_1585595.jpg


ワインもデカンタで注文してたっぷりと。

夢心地・・・





(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-20 17:02 | フランス | Comments(2)
この博物館の建物には多くの画家が住み、関わってきたが、特にユトリロはここで長く生活をし、今も彼の部屋が公開されている。

e0297347_14204495.jpg


そして、さらに彼のアトリエも見ることができる。

e0297347_14211683.jpg


もちろん、彼の絵は多く展示されている。

e0297347_1421404.jpg


私にはいつまでもいたい場所。

資料展示室にはラパン・アジルの昔の写真も展示されている。

e0297347_1422475.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-19 17:16 | フランス | Comments(0)