人気ブログランキング |
ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

カテゴリ:生活( 362 )

神は12歳の我におっしゃった 「それでよし」と
神は16歳の我におっしゃった 「信じなさい」と
神は18歳の我におっしゃった 「それがあなたの道である」と
神は22歳の我におっしゃった 「決断しろ」と
神は27歳の我におっしゃった 「今しかない」と
神は33歳の我におっしゃった 「行きなさい」と
神は43歳の我におっしゃった 「そんなこともある」と
神は50歳の我におっしゃった 「お前しかいない」と
神は今おっしゃった 「よく私の言うとおりにできましたね」と

e0297347_214745100.jpg


我は神に祈りを捧げた・・・






(完)
by doitsuwine | 2019-04-08 21:49 | 生活 | Comments(0)
あなたには自分が日本人であることを自覚できるほどのアイデンティティーがありますか。

日本で生まれ、日本で育って、日本語を話したって、そんなものは見せかけだけの日本人に過ぎない。

要は身体の中、精神文化の世界があなたの心の中に存在しているかどうか。

外人があなたを見たときに、彼らに日本人としての魅力を感じさせるだけの何かがあなたにはありますか。

それがすなわち日本文化を学ぶ中で培われる日本人としての 「素養」 と 「美徳」 なのです。

今の日本人はお偉い官僚さんたちを筆頭に、そのことを本当に理解している人は皆無に近いかもしれません。

ここはどこ?

私はだれ?

もうおしまい・・・


私は日本人であるための精神生活を高揚させるために前近代的な武芸の稽古に励んでいるのです。

e0297347_0264714.jpg






(完)
by doitsuwine | 2019-04-06 00:29 | 生活 | Comments(2)

例年に増して早咲きとなった富士北麓の桜。

e0297347_22351822.jpg


まるで 「令和」 を祝う如く。

敷島の大和心を人問はば陽日に揺れる里桜花






(完)
by doitsuwine | 2019-04-02 22:35 | 生活 | Comments(2)
私、周りは気にしない

e0297347_22121123.jpg

だから周りがまだ、と言っても私、一人で花開く

e0297347_22123659.jpg

そうすれば、誰かに見てもらえる

e0297347_22131934.jpg

きれいじゃなくてもいい

e0297347_22135240.jpg

でも生きているかぎり自由は私のもの

e0297347_22142712.jpg

ほら、見た目よりもいい芳香するでしょ

e0297347_22145612.jpg

春は私の季節

e0297347_2215364.jpg

そしてあなたの季節







(完)
by doitsuwine | 2019-03-28 22:16 | 生活 | Comments(2)
あのさ。

もしも、もしもの話だけど。

もしも 背中に つばさが
あったなら、僕はどこへ
とんでゆくと思う?

e0297347_14503415.jpg

空!・・・でしょ!

e0297347_1451786.jpg

海!・・・かしら?

e0297347_14513049.jpg

草原!・・・とか?

e0297347_1451488.jpg

なるほど。

世界は広いな、
キレイだなって
僕は思うだろう。

それは とっても
ステキ だろうね。


『君は わらうかな』 菊田まりこ  より





(完)
by doitsuwine | 2019-03-26 14:52 | 生活 | Comments(4)
横浜のEさんからのいただきもの。

秋田の銘酒、雪の茅舎 純米吟醸。

e0297347_15402954.jpg


旨い!!!!!

いつもありがとうございます。

毎晩、晩酌が楽しみです。






(完)
by doitsuwine | 2019-03-21 15:40 | 生活 | Comments(2)
自分だけの世界があってもいいじゃないか

その際の肩書き 路傍の石造物観察同好会会長

この肩書きはいつも変わります

だって会長しかいませんから

隠れ会員が何名かいますが・・・

石造物を観て何をするのかって?

そんなの決まってるじゃないか

e0297347_16223982.jpg



会話だよ!

私は石造物と会話ができるんだ

すごいだろ!

おしまい。





(完)

by doitsuwine | 2019-03-14 07:22 | 生活 | Comments(2)
結婚披露宴に招待された。

e0297347_017586.jpg

私は彼の職場の上司だから行かないわけにはいかない。

e0297347_017268.jpg

しかし、最近のご祝儀は相場が高すぎないかい?

e0297347_0174842.jpg

料理も引き出物もまったく見合ってないよ!
まあ、お祝いなので、見返りを期待してはいけないが・・・
それにしても財政困難な時節柄、出費は痛い。
今週は自動車二台の車検や保険の契約更新などもあり、マネーは放出し続けている。
本日の披露宴の料理、どう見ても4千円のフレンチコースだよ。

e0297347_018544.jpg

e0297347_0194150.jpg

e0297347_0195913.jpg

e0297347_0202376.jpg

e0297347_0205078.jpg


おめでとうございます 泣

昨日のランチで食べた「ポワル」のスープカレーの方が美味いよ!

e0297347_0222751.jpg


ところで、スターターの器の敷物に使われている菱餅を象ったペーパーの襲色目、上二枚の色が逆だよね。
料理ばかり勉強してないで(その料理も大したことないが)もう少し日本の有職故実を勉強しなさい。





(完)
by doitsuwine | 2019-03-10 00:23 | 生活 | Comments(6)
私の道場の奈良県会員様が今回も銘醸今西酒造の「春鹿 大吟醸」を送ってきてくれました。

大吟醸でも甘ったるくなく、シャキッとして、清涼なところが春鹿の魅力。

いつも美味しくいただいております。

e0297347_2213270.jpg


ごちそうさまです。





(完)
by doitsuwine | 2019-03-07 22:02 | 生活 | Comments(2)
日本のホテルでの朝食スタイルは瞬く間に全世界に波及していった。

しかし、日本でかつて使われていた 「バイキング」 という言葉は普及せず、日本も世界の趨勢に倣って 「ブュッフェ」 という言葉が普遍化している。

このスタイルは今やヨーロッパでも中級以上のホテルではほとんど採用している。

中には珍しい食べ物もあるが、概して美味くない。

この冬、ハンガリーのホテルで、見た目が美味しそうだったオートミールを思わず取ってしまい、一口食べてギブアップ。

私はホテルでの朝食が好きではない。

そもそも自分で持ってくるのが気に入らない。

たくさんある中から選ぶのも嫌いだ。

だからどんなホテルに行ってもブュッフェの場合、いただくものは決まっている。

私の場合、いつも大体下の写真のような(これは日本のホテルでの朝食)・・・

e0297347_20414830.jpg


これだけで十分。

食べ放題というと山盛り持ってくる人たち・・・

見ているだけで具合が悪くなる・・・

海外では朝食も外食にしたい。






(完)
by doitsuwine | 2019-03-01 20:42 | 生活 | Comments(2)