ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

カテゴリ:長野( 76 )

夕暮れの 木曽路はすべて 山の中 江戸の古 旅人の 行き交う街は 今もなお 人の往来 絶えずして 寄るはいつもの 喫茶室 弾む話は 絶えずして 歩いて眺むる 猿頭 寺に眠るは キリシタン 道に匂うは 五平餅 土産は常の 七笑 奈良井は我の 心のふるさと

e0297347_22401880.jpg








(完)
by doitsuwine | 2018-10-31 22:42 | 長野 | Comments(2)
晴れ渡る 中秋の日の 木曽谷の 歩くは嬉し 奈良井宿 足を止めるは 慣れ親し カウンターにて いただくは 松屋茶房の 香り立つ トラジャの一服 極まりて 窓辺を飾るは 赤黄色 枯れ葉酸漿 紅葉花 歩けば隣は 五平餅 食べるお方は どこの客 ここは古 通る侍

e0297347_22315296.jpg

e0297347_22322983.jpg

e0297347_2233160.jpg
 







(完) 
by doitsuwine | 2018-10-22 22:33 | 長野 | Comments(0)
先週の土曜日、長野での演武会の前日、少々早く現地入りしたので、付近の集落を散策した。

今回、昨年まで会長しか存在しなかった 「路傍の石造物観察同好会」 の新入会員が同行していたので、盛り上がった(*^_^*)
天神様の巨大な碑があったので、ひたすら山を登ったが、天神様はなかった(*_*)
しかし、お陰で素晴らしい景色を満喫した。
続いて寺社巡りをしながら観音様や

e0297347_2175942.jpg

庚申塔を次から次へと見て廻る。

e0297347_2190100.jpg

目を閉じ、耳を澄ませていると、昔日の人々の心と声が伝わってくる。

e0297347_2195924.jpg

田舎の名もなき石工職人の見事な腕前を見ると、感激せずにはいられない。

e0297347_21102034.jpg

今の人たちにこのことがどれほど理解してもらえるのか。

e0297347_21105298.jpg

こののんびりとした散策がたまらなく好きだ。

e0297347_21111868.jpg







(完)
by doitsuwine | 2018-05-28 21:11 | 長野 | Comments(2)
今回はホテルではなく、旅館に泊まった。

だから朝食は私の嫌いなブュッフェではなく、心の籠もった和食膳。
主体性をいつも強調している私であるが、旅先での食事はもっぱら受け身のコースや和食膳が好き。
自分で料理を取りに行くなど言語道断!
朝から豚の餌の如く山盛りに持ってくる人たちを見ると、気分が悪くなる。

さてさて、今回もおいしい朝食をいただいて気分がいい。
お新香、海苔、山芋の煮付け、ひじきと豆の煮付け、煮豆、鮭、蒲鉾、サラダ、それにご飯と味噌汁、ヨーグルト。

e0297347_20515128.jpg

身体にもよさそうだ。
ごちそうさまでした。




(完)
by doitsuwine | 2018-02-15 17:38 | 長野 | Comments(2)
奈良井と木曽福島。
どっちのアイスキャンドル祭りが元祖なのだろうか。
多分、様子から見て奈良井だろう。

電車で木曽福島へ戻り、宿までの古道を歩く。

e0297347_2036091.jpg

e0297347_20362438.jpg

こちらはまた奈良井とは雰囲気がちがっていて、

e0297347_2036555.jpg

e0297347_20371644.jpg

これはこれで楽しめた。





(完)
by doitsuwine | 2018-02-14 17:31 | 長野 | Comments(2)
宿で夕食を済ませ、再び奈良井へ。

e0297347_21585899.jpg

アイスキャンドル祭りを見るため。

e0297347_21593093.jpg

幻想的であり

e0297347_21595445.jpg

浪漫的であり

e0297347_2201522.jpg

そしてまた情熱的でもある

e0297347_2203226.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-13 17:54 | 長野 | Comments(0)
宿に荷物を置いて、すぐに外へ出る。
お目当ては高瀬資料館。

e0297347_21162443.jpg

木曽川河岸の高台にある。

e0297347_21164495.jpg

ここには私が見たい武芸関係の資料が展示されている。
行く前からワクワク状態。

e0297347_21171230.jpg

資料館の先祖は木曽代官山村氏に使えた砲術指南役で、その家は藤村の『家』のモデルになっている。

e0297347_21174058.jpg

幕末期の当主は剣術の師範でもあった。

e0297347_2119943.jpg

ご子孫である女性が丁寧に解説をしてくれた。

e0297347_21192784.jpg

この町の人たちはみんな大変に親切で暖かい。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-12 17:10 | 長野 | Comments(0)
宿を木曽福島にとったので荷物を置きに。

e0297347_21601.jpg

おっとその前に、宿の正面が七笑醸造元。

e0297347_2162394.jpg

荷物を持ったまま店に。

e0297347_216437.jpg

残念ながらお目当ての酒がなかった。
変だな、どういうことだろう。
私の勘違いか???

まあ、どうでもいい。
ちりめん山椒を買った。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-11 17:00 | 長野 | Comments(2)
今年もまた早々に奈良井宿に来てしまった。

e0297347_20421638.jpg

何かに吸い込まれるかのように。

e0297347_20423244.jpg

この宿場の節分の夜は街道が歩行者天国になり、アイスキャンドル祭りが開催される。

e0297347_20425665.jpg

この祭りに来るのは二度目。
奈良井へはもう30回ほど来ている。

e0297347_20432270.jpg

まずは行きつけの松屋茶房さんでお茶をいただく。

e0297347_20434799.jpg

お品書きの上に飾られている絵は私の作品(^^;)
※近くで撮影した写真を見せたいが、サインが入っているのでご勘弁。

e0297347_20451483.jpg

かわいいショパンとピアノに迎えられ、ほっこりと寛ぐ。

e0297347_2045408.jpg

いいなぁ、奈良井。

この後、木曽福島の宿に荷物を置きに行き、夕食後に再訪して祭り見学・・・






(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-10 17:34 | 長野 | Comments(0)
節分の日、電車でのんびりと信濃路へ。
塩尻で下車して、井筒ワインさんを訪問。

e0297347_20273992.jpg

車を運転しないので、試飲が楽しめる。
もちろん無料。
白専科の私は辛口から甘口まで、ほぼすべてのボトルをテイスティング(*^_^*)
ランチ前なので、かなりいい気分に♫

e0297347_2028312.jpg

ワインは8本購入して自宅に郵送。
ほろ酔い気分で駅に戻り、駅前の 『Fontana del Vino』 でイタリアン。
塩尻産の野菜をふんだんに使ったピッツァとスパゲッティ。

e0297347_20282482.jpg

色彩が鮮やか、しかも美味しい(^o^)

e0297347_20283922.jpg

日本のイタリアン、完全に本家イタリアを超えている。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-09 17:11 | 長野 | Comments(2)