ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:その他の料理 ( 204 ) タグの人気記事

ヨーロッパから帰国して、すぐに山形県新庄市へ向かった。

とあることを調査するため。

夕方着いたので、初日は無理せず、ホテルで休んでから、夕餉に向かった。

e0297347_2244384.jpg


フレンチをいただく予定であったが、国道にでたら、とんかつ屋の 「とん八」 を発見。

ここのトンカツは平田牧場産の三元豚を使っているので、ジューシーで柔らかく、最高に美味い。

e0297347_225399.jpg


初日から満足一杯。

ごちそうさまでした。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-16 22:06 | 東北 | Comments(0)
甲州名物 馬刺し
西裏に馬刺しの美味しい居酒屋があるのだが、この店はもう何度も紹介しているように馬刺しよりも 「馬もつ」 で有名なのだ。
といっても、地元でしかも飲兵衛だけが知る老舗なのだけれども。
先日、久しぶりにお邪魔した。
コップに入った串の数をご覧あれ。

e0297347_21131567.jpg

馬もつは右に、馬刺しは真ん中にある。
これによく冷えた21度の灘の原酒をいただくと、もう幸せな世界に突入。

ごちそうさまでした。




(完)
by doitsuwine | 2018-06-14 21:13 | 山梨 | Comments(2)
昨日、あのようなことを書いたら、桜井うどんの 「あったかいうどん」 がたべたくなった。

本日、さっそくお邪魔。

e0297347_082121.jpg


キャベツと揚げだけ。

これが正真正銘の 「吉田のうどん」

美味い!!!





(完)
by doitsuwine | 2018-04-15 17:04 | 山梨 | Comments(4)
「吉田のうどん」がとうとう「カレーうどん」になってしまった。

もはやこんなものは「吉田のうどん」とは呼べない。

e0297347_1584810.jpg

それでは「吉田のうどん」とは何か、ということになるのだが、すくなくても麺の特徴だけではありえない。
固くて腰のある麺というのは確かに重要な要素ではあるが、汁から具、辛味にいたるまで、吉田のうどんには長い歴史が形成してきたそれなりの「定義」がある。

汁は味噌と醤油のミックス、具はキャベツと油揚げ、肉は本来入らないが、入れるとすれば馬肉である。
それ以外の具は使わない。
練り辛子は各店それぞれのオリジナル。

これらの点を鑑みると、もはや「吉田のうどん」と呼べるのは「桜井うどん店」だけになった。





(完)
by doitsuwine | 2018-04-14 17:58 | 山梨 | Comments(2)
今回はホテルではなく、旅館に泊まった。

だから朝食は私の嫌いなブュッフェではなく、心の籠もった和食膳。
主体性をいつも強調している私であるが、旅先での食事はもっぱら受け身のコースや和食膳が好き。
自分で料理を取りに行くなど言語道断!
朝から豚の餌の如く山盛りに持ってくる人たちを見ると、気分が悪くなる。

さてさて、今回もおいしい朝食をいただいて気分がいい。
お新香、海苔、山芋の煮付け、ひじきと豆の煮付け、煮豆、鮭、蒲鉾、サラダ、それにご飯と味噌汁、ヨーグルト。

e0297347_20515128.jpg

身体にもよさそうだ。
ごちそうさまでした。




(完)
by doitsuwine | 2018-02-15 17:38 | 長野 | Comments(2)
カピトリーニ美術館を出ると目の前には広大なフォロ・ロマーノが広がっている。

e0297347_15191517.jpg

さすがにここは時間的にも体力的にも見る気力はない。
高台から展望だけで大満足。
鳩の番いもいれば、

e0297347_15195932.jpg

犬の散歩をする女性もいる。

e0297347_15202788.jpg

どれも絵になる光景。
さて、こちらを下っていくとヴェネツィア広場へと出る。

e0297347_15205870.jpg

広場の一隅でヨーロッパの冬の風物詩の一つ「焼き栗」 を売っている。

e0297347_15213124.jpg

日本ではかつて石焼き芋が冬の風物詩になっていたけれど、今はもう昔の話。

ヨーロッパは古き時代のものと新しき時代のものが共存できる素晴らしい場所。
日本も見習うべきである。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-01-20 17:10 | イタリア | Comments(2)
落語 「鼠穴」 を聴いていたら、無性に 「深川めし」 が食べたくなった。

矢切の渡しを入れて混む時間帯を避け、第一陣が出る頃に入店
入ったのは森下の「みや古」

e0297347_1354113.jpg

大正13年創業の老舗割烹。

e0297347_13543136.jpg

あさりの風味や味わいを豊かに炊き込まれた深川めしがいただける。

お通しは巻き貝の煮付け

e0297347_13552176.jpg

どうせ食べるなら、こういうところを選ぶに限る

e0297347_13554770.jpg

文句なし、旨い!!!!!!!!!!!!!(*^_^*)





(つづく)
by doitsuwine | 2017-12-31 17:45 | 東京・神奈川 | Comments(4)
とにかく夜は寒い。
そんなこんなで今宵は豚シャブで一杯。

e0297347_21164682.jpg

酒は九月に木曽で買った 『七笑』 の純米吟醸。

e0297347_2117025.jpg

冬でも一貫して冷やですよ。

久しぶりに自分で買った酒を呑んだ (*^_^*)





(完)
by doitsuwine | 2017-12-19 21:18 | 我が家 | Comments(4)
CoCo壱番屋

さっそく季節限定メニューの「手仕込豚ヒレ勝つカレー」を食べに行ってきました。

e0297347_16491627.jpg

2辛で食後は汗ダラダラ、舌ヒリヒリ・・・

やっぱりCoCo壱のカレー、旨い!!!





(完)
by doitsuwine | 2017-12-16 16:49 | Comments(2)
今回も横浜のYさんからとびきり高級な酒をいただいた。

久保田 純米大吟醸 雪峰

黒瓶に黒文字、見るからに美味

いつも最初に息子がいただいて感想を言う。
最近、利き酒ができるようになって、ほぼ適中するようになってきた、危ない (^▽^)

いただくと、今まで呑んだことのない個性の強い風味。
最初は「えっ?」と思う。
やや苦みを有し、とろける感じがして、他の吟醸酒とは山廃ゆえに完全に一線を画している。

これに合わせるのはあっさり系吟醸酒に合う刺身ではなく、肉料理であり、今宵は牛焼きで大正解。

e0297347_9284960.jpg

東京のN先生から毎年贈られてくる銀杏もまた、この酒によく合う。
この個性ある酒が、次第に口に合ってくる。
美味い。

ごちそうさまです。




(完)
by doitsuwine | 2017-11-22 09:31 | 我が家 | Comments(4)