ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:その他の料理 ( 212 ) タグの人気記事

結婚披露宴に招待された。

e0297347_017586.jpg

私は彼の職場の上司だから行かないわけにはいかない。

e0297347_017268.jpg

しかし、最近のご祝儀は相場が高すぎないかい?

e0297347_0174842.jpg

料理も引き出物もまったく見合ってないよ!
まあ、お祝いなので、見返りを期待してはいけないが・・・
それにしても財政困難な時節柄、出費は痛い。
今週は自動車二台の車検や保険の契約更新などもあり、マネーは放出し続けている。
本日の披露宴の料理、どう見ても4千円のフレンチコースだよ。

e0297347_018544.jpg

e0297347_0194150.jpg

e0297347_0195913.jpg

e0297347_0202376.jpg

e0297347_0205078.jpg


おめでとうございます 泣

昨日のランチで食べた「ポワル」のスープカレーの方が美味いよ!

e0297347_0222751.jpg


ところで、スターターの器の敷物に使われている菱餅を象ったペーパーの襲色目、上二枚の色が逆だよね。
料理ばかり勉強してないで(その料理も大したことないが)もう少し日本の有職故実を勉強しなさい。





(完)
by doitsuwine | 2019-03-10 00:23 | 生活 | Comments(6)
日本のホテルでの朝食スタイルは瞬く間に全世界に波及していった。

しかし、日本でかつて使われていた 「バイキング」 という言葉は普及せず、日本も世界の趨勢に倣って 「ブュッフェ」 という言葉が普遍化している。

このスタイルは今やヨーロッパでも中級以上のホテルではほとんど採用している。

中には珍しい食べ物もあるが、概して美味くない。

この冬、ハンガリーのホテルで、見た目が美味しそうだったオートミールを思わず取ってしまい、一口食べてギブアップ。

私はホテルでの朝食が好きではない。

そもそも自分で持ってくるのが気に入らない。

たくさんある中から選ぶのも嫌いだ。

だからどんなホテルに行ってもブュッフェの場合、いただくものは決まっている。

私の場合、いつも大体下の写真のような(これは日本のホテルでの朝食)・・・

e0297347_20414830.jpg


これだけで十分。

食べ放題というと山盛り持ってくる人たち・・・

見ているだけで具合が悪くなる・・・

海外では朝食も外食にしたい。






(完)
by doitsuwine | 2019-03-01 20:42 | 生活 | Comments(2)
カレーにはカッツ。

e0297347_2352209.jpg

私の定番。

グラス、ちゃ~~~~~んとモーゼルのツェル村で買ったんだぜ!!

いいだろ。

e0297347_23524810.jpg








(完)
by doitsuwine | 2019-02-19 07:50 | 我が家 | Comments(2)
まだまだ寒い日がつづくが、立春も過ぎたことだし、雪の降らないことを祈って、自分の中では勝手に春到来としておこう。

ということで、早春の鎌倉へ遊びに出かけた。

3年振りだろうか。

夜は大船に宿を取り、飲み屋街を物色して 『寿司正』 に決定。

e0297347_2143049.jpg

「上にぎり」 のさらに上のランク 「おまかせにぎり」 をいただく。

酒は秋田の 「雪の茅舎」。
お通しによく合う。

e0297347_2141280.jpg

まずは一の皿(寿司下駄じゃないのが玉に傷)
次の酒は大好きな宮城の 「一ノ蔵」。

e0297347_2162147.jpg

次に二の皿。

e0297347_2164226.jpg

そして三の皿。

e0297347_217237.jpg

三の皿で干瓢巻きとだし巻き卵を出すのも粋だねぇ、大将。

今宵もご機嫌うるわしゅう。





(つづく)
by doitsuwine | 2019-02-11 07:49 | 東京・神奈川 | Comments(2)
我が町富士吉田には全国的にも有名な 「吉田のうどん」 がある。
5万人に満たない人口の小都市に70軒以上のうどん屋がある。
特徴はいろいろあるが、とにかく固いのが一番の特徴で、腹持ちがいい(つまり消化が悪い)。
これはうどんに大量の塩を使い、男が足で踏みつけてうどんを捏ねるからである。
具は基本的にキャベツだけ。
肉を入れる場合は馬肉に限る。

お客さんが来ると、うどん屋を紹介するが、私は「そば」を食べる(^^;)
(年を取ったので塩分を控えなければならないのだ)

e0297347_22433562.jpg






(完)
by doitsuwine | 2018-12-26 22:36 | 山梨 | Comments(0)
パリよりも 美味しいオムレツ あるところ 甲州吉田の 西裏の 一本隔てた 裏通り 小さな居酒屋 暖簾あり ママが一人で クッキング 焼き山芋は こんがりと 梅酒のロックに ウイスキー 芸州賀茂鶴 いただけば この世は天国 また来て四角。

e0297347_16244623.jpg

e0297347_16291594.jpg

e0297347_162942100.jpg

e0297347_1630020.jpg
  






(完)
by doitsuwine | 2018-11-08 16:25 | 生活 | Comments(2)
今回もまた 江戸での〆は 中村屋

e0297347_16431477.jpg


一言、「美味い!!!」

※隣にいた客はなんだかんだ店員に注文をつけ、カレーは具なしのルーだけだとか・・・
お前、中村屋に来るんじゃないよ。周りの客にもえらい迷惑だ。






(お江戸 完)
by doitsuwine | 2018-10-01 17:39 | 東京・神奈川 | Comments(0)
その日の夕餉は南大塚にある居酒屋 「はなおか」 へ。
牛丼かラーメンでも食べていれば、野口英世で済んだけれど、

お江戸の夕餉は少々贅沢にね。

e0297347_22143073.jpg


ここは全国の銘酒が勢揃い。

e0297347_22145643.jpg


どれもハズレなし。
料理もおいしい。

e0297347_22151727.jpg

料理ごとに酒はお替わり(*^_^*)

e0297347_2217012.jpg


福沢が軽く飛んでいったけれど、

e0297347_22173463.jpg

e0297347_2218277.jpg


女将も愛想がよく、

e0297347_22184217.jpg


酒の順序も弁えており、

e0297347_22193530.jpg

e0297347_22211110.jpg


幸せなひとときを過ごせました。

e0297347_22221099.jpg

e0297347_2222416.jpg


一晩でこれだけ呑める幸せ・・・
でも私はほとんど酔いません。

e0297347_22232992.jpg


〆の卵掛けご飯がいいじゃありませんか(*^_^*)
こういうの、すきだなぁ!

e0297347_22245923.jpg


あ~~~吞んだ、食った。

ごちそうさま。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-29 17:39 | 東京・神奈川 | Comments(0)
ヨーロッパから帰国して、すぐに山形県新庄市へ向かった。

とあることを調査するため。

夕方着いたので、初日は無理せず、ホテルで休んでから、夕餉に向かった。

e0297347_2244384.jpg


フレンチをいただく予定であったが、国道にでたら、とんかつ屋の 「とん八」 を発見。

ここのトンカツは平田牧場産の三元豚を使っているので、ジューシーで柔らかく、最高に美味い。

e0297347_225399.jpg


初日から満足一杯。

ごちそうさまでした。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-16 22:06 | 東北 | Comments(0)
甲州名物 馬刺し
西裏に馬刺しの美味しい居酒屋があるのだが、この店はもう何度も紹介しているように馬刺しよりも 「馬もつ」 で有名なのだ。
といっても、地元でしかも飲兵衛だけが知る老舗なのだけれども。
先日、久しぶりにお邪魔した。
コップに入った串の数をご覧あれ。

e0297347_21131567.jpg

馬もつは右に、馬刺しは真ん中にある。
これによく冷えた21度の灘の原酒をいただくと、もう幸せな世界に突入。

ごちそうさまでした。




(完)
by doitsuwine | 2018-06-14 21:13 | 山梨 | Comments(2)