ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:ヨーロッパ料理 ( 210 ) タグの人気記事

私の友人である坂本龍馬君は常々言ってました。

「何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから」

e0297347_2358351.jpg


そう、人間死んでしまえば、あの世に持っていくものなど何もない。

e0297347_2359557.jpg


だったら、生きているうちに、たくさんのことに挑戦し、旅行もたくさんし、美味しいものもたくさん食べて・・・

e0297347_23593184.jpg


人生、楽しまなきゃ面白くない。

e0297347_00022.jpg


でしょう?、みなさん!





(完)
by doitsuwine | 2018-10-27 00:02 | 生活 | Comments(6)
パリで最も有名なカフェの一つとして、歴史のある「ドゥ マゴ」は、ピカソやヘミングウェイなど様々な芸術家が集い、幾多の文学や芸術が育まれた老舗カフェ。

この過ぎし夏、ここで朝食をいただくのが夢だった。

しかもパリと言えば朝食はオムレットに決まっている。

e0297347_20163480.jpg


美味い!!!

終わり。






(完)
by doitsuwine | 2018-10-10 20:17 | 生活 | Comments(2)
講習会初日の晩は、骨付きのグリルをいただき、

e0297347_2122567.jpg


2日目の晩のスターターは、一悶着あり・・・
(ホストが料理をまったく理解していないことが原因)
その一皿がこちら。

e0297347_21244286.jpg


けれどメインの肉とポテトのクリーム煮は最高に美味しかった。

e0297347_2125155.jpg


ワインはルーマニア産のリースリング。

e0297347_21255582.jpg


そしてこちらはこれまた最高に美味しいデザート、メロンクリーム。

e0297347_21261613.jpg


お連れが注文したのに、ほぼ私が平らげてしまった。
ごめんなさい!!!

最後はいざこざも無事に収まり、ごちそうさまでした。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-15 17:15 | ルーマニア | Comments(0)
ホテルに戻り、

e0297347_2320917.jpg


今回、最初の本格的なルーマニア料理。

ミティティ(左のひき肉のグリル)。

e0297347_23203634.jpg


ポークソテーも美味しい!

久々のヒット。

ごちそうさまでした。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-11 17:13 | ルーマニア | Comments(0)
ルーマニアでの初日の夕餉はホテルのレストランで。

e0297347_21322100.jpg


結局、ヨットハーバーに泊まったものの、ヨットとは無縁の日々だった(^^;)
しかし、快適なのでよしとしよう。

さてお楽しみの夕餉は、巨大な食パンを好きに切って、

e0297347_21333530.jpg


それに具を塗ったり載せたりしていただく東欧では一般的なオープンサンド。
ちなみにこれ、私一人分。

e0297347_2134091.jpg


ジャガイモ、ポテトも付いて美味しい。
ワインにも相性抜群。

e0297347_21342867.jpg


ついでにテラスでの二次会も盛り上がり・・・

e0297347_21351516.jpg








(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-03 17:19 | ルーマニア | Comments(2)
パリでの最後の晩餐は、予約しておいた 『 ベル・カント 』。

もちろんドレスコードがある。

本格的なオペラの美声と3コースのプリフィックス・ディナーが堪能できるシアターレストラン。

プロのオペラ歌手でもあるサービススタッフが料理を運びながら突然歌い出すという迫力満点の演出!

3時間をここでゆっくり過ごす。

最後は少し贅沢を。

e0297347_19585068.jpg

e0297347_195924.jpg

e0297347_195918100.jpg


ごちそうさまでした。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-26 17:35 | フランス | Comments(2)
白鳥の小径を歩き、ブーローニュの森へ向かう途中、すでに腹が減ってきた。

森のレストランでランチをとる予定であったが、途中でレストランを探すことに。

少し賑わいのある交差点に数軒のレストランがあったが、いずれもイマイチ雰囲気がよくない。

それでもう少し歩く。

するとイタリアンレストランを発見。
ここに決定。

e0297347_1715478.jpg


これがグッドチョイスだった。

e0297347_1721322.jpg


ワインもシーフードスパゲッティも美味しかった~~~!

e0297347_1723218.jpg








(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-24 17:50 | フランス | Comments(2)
3日目のディナーもモンマルトルで。

今宵も地元客で賑わうアベス通りに面したフレンチレストランで。

同行者と二人でガッツリと肉料理を。

e0297347_1583092.jpg


私のスパゲッティは見た目が悪いが、これがまた美味いのです。

e0297347_1585595.jpg


ワインもデカンタで注文してたっぷりと。

夢心地・・・





(つづく)
by doitsuwine | 2018-08-20 17:02 | フランス | Comments(2)
本日も懐古から。
この年の冬の旅は強行だった。
大晦日にドイツから帰国して、正月の2日にポルトガルへ。
さてさて、
ラテンはコメ料理が豊富。
イタリアはリゾット。
スペインはパエリア。
そしてポルトガルはアローシュ。

e0297347_10533622.jpg

アローシュとは雑炊のこと。
一人旅なので、気の向くままにレストランへ。

e0297347_1054361.jpg

ラテンのコメ料理の中ではアローシュが一番美味しいかも。
インディカ米の臭みが煮込むことで消えるからだと思う。
種類も豊富。

これまた、再訪したい国の一つ。

e0297347_10542644.jpg








(完)
by doitsuwine | 2018-04-05 17:46 | ポルトガル | Comments(0)
海外へ出かけたら、朝食は外出していただきたいものだ。
ホテルの朝食は安ホテルではコンチネンタル、中級以上はほとんどがブュッフェスタイル。
手間がかからないし、いろいろチョイスできるからいいと人はいうけれど、そんなのちっともよくない。
海外へ行ったら、朝食だって「現地ならではの」ものをいただきたい。
そのために外へ出て、朝から開いている小さな店でいただく。

e0297347_10234483.jpg

これも一つの醍醐味であるのです。
現地の生活に触れるいい機会でもあります。




(完)
by doitsuwine | 2018-04-01 17:15 | 生活 | Comments(2)