ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:ヨーロッパ料理 ( 202 ) タグの人気記事

本日も懐古から。
この年の冬の旅は強行だった。
大晦日にドイツから帰国して、正月の2日にポルトガルへ。
さてさて、
ラテンはコメ料理が豊富。
イタリアはリゾット。
スペインはパエリア。
そしてポルトガルはアローシュ。

e0297347_10533622.jpg

アローシュとは雑炊のこと。
一人旅なので、気の向くままにレストランへ。

e0297347_1054361.jpg

ラテンのコメ料理の中ではアローシュが一番美味しいかも。
インディカ米の臭みが煮込むことで消えるからだと思う。
種類も豊富。

これまた、再訪したい国の一つ。

e0297347_10542644.jpg








(完)
by doitsuwine | 2018-04-05 17:46 | ポルトガル | Comments(0)
海外へ出かけたら、朝食は外出していただきたいものだ。
ホテルの朝食は安ホテルではコンチネンタル、中級以上はほとんどがブュッフェスタイル。
手間がかからないし、いろいろチョイスできるからいいと人はいうけれど、そんなのちっともよくない。
海外へ行ったら、朝食だって「現地ならではの」ものをいただきたい。
そのために外へ出て、朝から開いている小さな店でいただく。

e0297347_10234483.jpg

これも一つの醍醐味であるのです。
現地の生活に触れるいい機会でもあります。




(完)
by doitsuwine | 2018-04-01 17:15 | 生活 | Comments(2)
本日のランチから豆知識‼️
アラビアータ。
アラビアのスパゲティのことではない。
イタリア語で「怒る」の意味。
食べると辛くて顔が怒ったように赤くなるから。
e0297347_14201752.jpeg





(完)

by doitsuwine | 2018-03-19 14:13 | 生活 | Comments(2)
ハンガリー初日のディナーはホテルに近い老舗レストランの『ムゼウム』にて。
ムゼウムとはミュージアム、つまりすぐ隣に国立博物館があることから名付けられた。

e0297347_2394254.jpg

ディナータイムにはピアノのライブがある。
私たちが食事を始めると日本の曲を弾いてくれる。
すごいサービスだ。

e0297347_2310227.jpg

しかも料理が美味い。

e0297347_23104286.jpg

同行者はその美味しさに感涙してしまったほど。
次回もまた行きます。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-26 17:05 | ハンガリー | Comments(0)
ローマを十分満喫した後は、ハンガリーの首都ブダペストへの直行便に乗る。
もうハンガリーには十数回上陸している。
昼前に到着すると、空港でホストがお出迎え。
さっそくホテルに荷物をおいて、ホテル前のレストランでランチ。
ハンガリーのランチはスープだけで十分であることをよく知っている私はもちろん「グヤーシュ」を注文。

e0297347_20395695.jpg

これをいただくと、ハンガリーに来たことを実感する。
さあ、午後の行動開始だ。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-22 17:34 | ハンガリー | Comments(0)
3日目の朝食は計画通りホテルから徒歩5分の 「Trecaffe」 にて
ここは早朝6時から営業しているモーニングの人気店。

e0297347_13102691.jpg

これも現地のサイトで検索して決めた店。
ここでホッカホッカのパニーノをいただく。

e0297347_13104612.jpg

カプチーノでいただくパニーノ。
ローマの朝。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-01-26 17:03 | イタリア | Comments(2)
次にカンポ・デ・フィオーリ(花の野)広場に向かう。

e0297347_10292644.jpg

この広場には毎朝メルカート(朝市)が立つ。

e0297347_10325195.jpg

2日目の朝食はこの広場に面した「フォルノ・カンポ・デ・フィオーリ」と決めていた。
ローマの典型的な長方形ピッツァがいただける。

e0297347_10332334.jpg

16世紀にはすでにパン焼き窯があったという由緒ある場所で、広場に面した工房では職人が生地を伸ばし、焼く姿が見える。
店内のカウンターに並ぶなかから好みのピッツァを切り分けてもらい、テイクアウト。
すっかりローマに溶け込んでいる。

この後、カフェで休憩。
e0297347_10342013.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2018-01-15 17:09 | イタリア | Comments(2)
江戸の夕餉といったら私の中には神楽坂の 『夏目亭』 しかない
いただいたのはクリスマスディナーコース
ちょっと奮発してワインはアルザスのリースリング
夏目安彦氏の料理をそのまま受け継ぐ篠田シェフにソムリエ兼オーナーの荒川氏が切り盛り

e0297347_12315610.jpg

いつもおいしいフランス料理に感激です。

e0297347_12321946.jpg

e0297347_12325598.jpg

今宵もおいしくいただきました。

e0297347_12331120.jpg


e0297347_12381535.jpg

ごちそうさま





(つづく)
by doitsuwine | 2017-12-26 17:24 | 東京・神奈川 | Comments(2)
今週末の日曜日はクリスマス・イブ。
今年はお江戸で少し贅沢を☆☆☆
いつもならクリスマスはヨーロッパでしたが、今年は年明けに渡欧するので、クリスマスはお江戸。

写真は数年前にルーマニアで過ごしたクリスマス。

e0297347_16191819.jpg

e0297347_1620599.jpg

e0297347_162049100.jpg

ケーキ三昧でした。





(完)
by doitsuwine | 2017-12-18 16:21 | 生活 | Comments(2)
長野市篠ノ井の駅前にあるイタリアンレストラン「寿家」。

名前からして年配の人が経営しているのかなと思いきや、若者がやっていました。
イタリアンというよりもヨーロピアン、さらにいうと創作料理と言った方がいいかもしれない。

e0297347_21175614.jpg

しかし、出てくる料理、すべてが美味しい。

e0297347_21181330.jpg

若者も捨てたものではない。

e0297347_21183243.jpg

ワインもいただき、ほろ酔い気分でホテルにもどりました。
来年の春もお邪魔します。





(完)
by doitsuwine | 2017-10-07 21:19 | 長野 | Comments(0)