ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:寺社・建築物 ( 444 ) タグの人気記事

京都はお終いと言っておきながら、大事な写真を出すのを忘却していた。

それは赤山禅院の寒桜。

赤い紅葉と白の桜の競演。

e0297347_2112736.jpg


なんて素敵な景色でしょう。

さらにカラフルな獅子が見送ってくれた。

e0297347_2122189.jpg

by doitsuwine | 2018-12-05 17:57 | 京都 | Comments(6)
清き朝 四条大宮 打ち出でて 阪急河原で 乗り換へる 四条京阪 快速の 出町柳で 外へ出て 叡電揺られて 修学院 行く着く先は 円仁の 遺命によりて 平安の 慈覚大師 創建す 赤山禅院 静閑な 紅葉の名所 人知らず 赤山奉る 大明神 陰陽道の 祖神たる 泰山府君を 勧請し 京都の御所の 表鬼門 守護する猿は 知られたり 比叡山から 雲母坂 赤山苦行は 千日回 比叡の峰行 大阿闍梨  ぜんそく封じに へちま加持 都七福 福禄寿 石段登りて 境内へ 朝一番に 参詣す もみじの競演 赤緑 京の外れの 安らぎの園

e0297347_2252046.jpg

e0297347_2253750.jpg

e0297347_2255978.jpg

e0297347_2261660.jpg

e0297347_2264021.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2018-11-29 22:07 | 京都 | Comments(2)
京のライトアップされた特別公開の場には、それに相応しく和服で出かけた。

場所は北野天満宮。

e0297347_22225733.jpg


そのもみじ苑を公開していた。

e0297347_222335100.jpg


大和撫子の和服姿もちらほら。

e0297347_2224458.jpg


私はラフなデニム地の着流しであったが、やはりこういう場には和服がいい。

e0297347_2225721.jpg


日本を感じた素敵な夜でした。

e0297347_2225321.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2018-11-26 22:26 | 京都 | Comments(2)
二ノ瀬にて 訪ねた先は 白龍園 不老長寿の 白髭の 翁と白蛇 ご祭神 四季の楽園 つつじ山 僧正ヶ谷を 水源に 浄水流れて 太鼓橋 石段苔むし 紅葉舞う 秘境は清し 石灯籠 見晴らし楽し 洛北の朝 

e0297347_19201740.jpg

e0297347_19203461.jpg

e0297347_19205265.jpg

e0297347_19214867.jpg



※修学旅行の団体も、赤い国の人たちも、青い国々の人たちでさえここには来ません。
京に通い慣れた邦人だけがわずかに訪れる本当に隠れた名園です。







(つづく)
by doitsuwine | 2018-11-18 19:24 | 京都 | Comments(2)
秋の日に 桂見下ろす 渡月橋

e0297347_18154069.jpg
 

疎石開けし 霊亀山

e0297347_18204250.jpg


天龍伏したる 曹源池

e0297347_18213080.jpg
 

京都五山の 第一位

e0297347_18215029.jpg









(つづく)
by doitsuwine | 2018-11-12 18:22 | 京都 | Comments(2)
新庄にもどって瑞雲院へ。

e0297347_20582663.jpg


歴代の戸沢藩主が眠る名刹。

e0297347_20553115.jpg


とある戸沢藩士の墓を探しに参上するも、出合い叶わず・・・

e0297347_20555364.jpg


そんなこともある。

親切にご案内いただいたお寺の奥さんに感謝いたします。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-24 17:50 | 東北 | Comments(0)
食事の後は、ゆっくりと蔵を見学。

江戸時代交通の要所として栄えた増田で、江戸末期にたてられた土蔵が今も残る。

e0297347_21125389.jpg


宝暦4年(1754)より平成15年まで営業された旧勇駒酒造は、建物正面にある酒樽をイメージした鏝絵(こてえ=漆喰で描いた絵)の看板が目印。

e0297347_2111119.jpg


かつてはお酒の仕込みに使用された、旧仕込み蔵は江戸末期の建築で大変貴重なもの。

e0297347_21114839.jpg


創業が宝暦年間であったことから「宝暦蔵」と呼ばれている。

e0297347_21121561.jpg


国登録有形文化財にも指定されている。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-23 17:05 | 東北 | Comments(2)
増田町には老舗が軒を連ねる。

e0297347_20103458.jpg


だから歩いているだけで楽しい。

e0297347_20105338.jpg


薬局には懐かしの品々が所狭しと飾られている。

e0297347_2011947.jpg


その入口では、サトちゃんとケロちゃんが迎えてくれる。

e0297347_20112815.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-20 17:06 | 東北 | Comments(0)
全国の重要伝統的建造物群保存地区を巡るのが趣味の私は、山形県新庄市を訪ねたついでに、お隣の秋田県横手市にある増田地区に行かずにはいられない。

翌日、朝から早速秋田に向かう。

電車で行く予定が、台風のために不通で、臨時のバスで向かうことに。

鉄道の各駅に停車する面倒なバス。
だいたい電車が動いていないのだから駅から乗る客がいるわけない。

このバスは臨時なのだから、各駅にこのバスの情報は届いていないのだ。

結局、難読駅にも寄りながら増田最寄りの駅まで行く。

e0297347_21251599.jpg


ここからはタクシーで。

着いた。
好きだなぁ、この景色!

e0297347_21253764.jpg


重厚な構えの商家が立ち並ぶ。

e0297347_21261388.jpg


街歩きが楽しみだ。

e0297347_21263087.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-19 17:15 | 東北 | Comments(0)
次も無学な私のあまり興味がない考古博物館へ

e0297347_2215255.jpg


しかし、お連れ様が大好きとあってはお付き合いをせねば。

私はもっぱら石灰岩に施された彫刻に見入っていると・・・

e0297347_2215509.jpg


お連れ様は古代の衣装体験を。

e0297347_2216176.jpg


なんでもやる根性、大したものだ(*^_^*)

e0297347_22164965.jpg


さあ、次はお楽しみのランチタイム。






(つづく)
by doitsuwine | 2018-09-05 17:10 | ルーマニア | Comments(0)