ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:風景 ( 644 ) タグの人気記事

散々な思いをして約2時間遅れのブラーノ島に到着。
しかし、この島は時間が止まっている。
この島も二度目の訪問。
世界でもっともカラフルで、綺麗で、可愛いパステルカラーの家々が立ち並ぶ。
いろいろ言うより見ていただいた方が早い。
以下、この町の風景です。
e0297347_22263914.jpg

e0297347_2227355.jpg

e0297347_22273278.jpg

e0297347_22275911.jpg

e0297347_22282388.jpg

e0297347_22285347.jpg

e0297347_22291557.jpg

e0297347_22294367.jpg


もし、ヴェネツィアを訪れることがあったら、絶対にこの島に渡ってください。
あなたの人生観が変わります。






(つづく)
by doitsuwine | 2019-01-20 07:23 | イタリア | Comments(2)
朝食を済ませてファンダメンタ・ヌオーヴェへ。

本日はここからまず、ヴェネツィアングラスの島、ムラーノ島へ渡る。

e0297347_0543971.jpg

すごい霧の中、順調に島に着いた。

e0297347_055228.jpg

ムラーノ島
ムラーノ島は、カラフルな色合いが特徴のヴェネツィアン・グラスの生産地として有名です。鉛を含まないソーダ石灰を使用し、鉱物を混ぜることで色鮮やかなガラスが生まれます。島内には様々なガラス製品のお店が軒を連ねており、ヴェネツィアン・グラスの歴史がわかる「ガラス博物館」もあります。


当日25日はクリスマス。
教会は礼拝中だったので入らず、ガラス博物館は年に一度の休館日(>_<)

仕方ないので家族への土産を買って、船着き場に戻る。
次に予定しているブラーノ島への便は一時間に一本しかない。
しかも出たばかりだという。
一時間近く待ってもゲートが開かない。
予定の時間に一隻の船が来たが(この船がブラーノ島行きに違いなかった)ゲートが開かない。
みんな騒いで訴えているが、係員はなんと、英語ができない(@_@)

また、30分ほど待たされて、これに乗れと言われたのは、実は本島のファンダメンタ・ヌオーヴェ行きだった。
挙げ句の果てに、今朝の出発地点に戻ってしまった。
この先、真っ暗・・・
しかも、連れがどこかへ消えてしまった・・・

もう、オレ、泣きそう・・・(;_;)

※ヴェネツィア市長様へ
公共の案内場には英語のできる人間を配置してください。
世界中の観光客が怒り心頭です。





(つづく)
by doitsuwine | 2019-01-19 07:37 | イタリア | Comments(2)
実質2日目の朝も濃霧で景色は霞んでいた。
海に浮かぶ島だから仕方ない。

e0297347_2011093.jpg

ゆっくり散策しながらファンダメンタ・ヌオーヴェ (船乗り場) に向かう。

途中、腹ごしらえにカフェへ。

カスタードクリームパンが美味い(^o^)

e0297347_2014243.jpg

ヴェネツィアの街歩きは芸術鑑賞の場でもある。

教会のファザードや古い住宅の壁にはさまざまな意匠が見られ、デザインの素晴らしさに感動を覚える。

e0297347_2033440.jpg

e0297347_2022667.jpg

な、な、なんと、カトリックの町にプロビデンスの目もある。

e0297347_2025382.jpg

強烈だ!!






(つづく)
by doitsuwine | 2019-01-18 07:50 | イタリア | Comments(0)
カナル・グランデには歩いて渡れる橋が3本しかない。

e0297347_1112224.jpg

その他の場所で対岸に渡るには乗り合いの渡しゴンドラ 「トラゲット」 を利用する。
ペギー・グッゲンハイム美術館の近くにもトラゲットがある。

e0297347_1123493.jpg

わずか2分ほどで対岸に着くが、これもまた楽しい体験である。

e0297347_115930.jpg

着くと再び迷宮へと誘い込まれていく。

町のいたるところに芸術が見られるのもヴェネツィア散策の楽しみ。

e0297347_116714.jpg

町全体が美術館でもある。






(つづく)
by doitsuwine | 2019-01-07 07:04 | イタリア | Comments(0)
バーカロで朝食を済ませ、散策へ。

e0297347_16394843.jpg

ヴェネツィアに現存する最後のゴンドラ造船所を見て、

e0297347_16402037.jpg

ザッテレからアカデミア橋に向かう。

e0297347_16411786.jpg

橋の上からカナル・グランデを眺める。

e0297347_16432988.jpg

橋詰にあるカフェでエスプレッソをいただく優雅なひととき。

e0297347_16441497.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2019-01-05 07:00 | イタリア | Comments(0)
皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

e0297347_11121529.jpg


今年一年が皆様にとって素晴らしい年になりますように!

私は本日ハンガリーを飛び立ち、明日、帰国します。






(完)
by doitsuwine | 2019-01-01 08:00 | 生活 | Comments(4)
私は今、ヴェネツィアにいます。

でもブログは勝手に更新されます。

近い将来、真っ先に行きたい場所。

ダージリン。

もちろんインドに着いたら飛行機ではなく、ダージリン鉄道で。

e0297347_1539139.jpg


ダージリンに着いたらチャイで一服。

e0297347_15394496.jpg


目的完了(^o^)





(完)
by doitsuwine | 2018-12-24 17:35 | 生活 | Comments(2)
「なぜ旅行するの?」

「旅行しない人には説明してもわからないよ」

e0297347_09403889.jpg

by doitsuwine | 2018-12-23 17:32 | 生活 | Comments(0)
行きたい場所の一つ、ンゴングヒル。

e0297347_1522770.jpg


ナイロビの郊外にある。

一日ここに登り、一日サバンナでカクテルをいただき、一日ホテルでのんびりしたら、ヨーロッパへ。

すでにシミュレーションはできている。





(完)
by doitsuwine | 2018-12-22 17:16 | 生活 | Comments(0)
私が今までに見てきた感動の景色でまず筆頭に挙げるのは、ドナウデルタの夕暮れ。

e0297347_16344685.jpg

これはもう最高に感動ものでした。

モーターボートから見たサンセットの風景です。

これぞ大自然!!

帰国後、水彩画にしました。





(完)

by doitsuwine | 2018-12-21 17:27 | ルーマニア | Comments(2)