ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

タグ:風景 ( 591 ) タグの人気記事

富士のベストビューポイント、富士吉田市の忠霊塔から富士山を見る。

e0297347_21304612.jpg


子どもの頃から見慣れた景色。

桜は散ってしまったが、この日の富士は帽子をかぶり、マフラーをして、オシャレでした。

e0297347_2131496.jpg







(完)
by doitsuwine | 2018-04-17 17:27 | 山梨 | Comments(2)
通勤途中の辻に太くて立派な夫婦桜がある。

e0297347_19591813.jpg

この辻は旧鎌倉往還と茶付け道の交差点。
市内でもっともすばらしい道標と道祖神が仲良く並んで立っている。

e0297347_19593846.jpg

この季節には毎年、朝夕、私の目を楽しませてくれる。
お前に出合って15年目の春だよ。

e0297347_19595669.jpg








(完)
by doitsuwine | 2018-04-11 17:55 | 生活 | Comments(2)
懐古

20年近く前

ハイドパークを歩く

e0297347_1014427.jpg


雪の白い絨毯

しっとりと一人旅はつづく





(完)
by doitsuwine | 2018-04-04 17:10 | イギリス | Comments(2)
何年前のことだろう。
すでに記憶からも遠ざかっている。
ここはベルギーのデュルビュイ。
世界一小さな町で美食の休日。

リエージュから直線にして15キロ、ウルト川沿いに道路で60キロほど南下した場所にある絵本のような、世界で一番小さな古代からの町。

e0297347_1002591.jpg

緑深いウルト渓谷にすっぽりと包まれるようにしてデュルビュイの町はある。

人口500人足らず。
グルメの里としても有名。

またいつか訪れたい町。





(完)
by doitsuwine | 2018-04-03 10:01 | ベルギー | Comments(0)
武芸の多くは稽古に相手が必要だけれども、居合・手裏剣・拳法は独り稽古ができる。
好天のオフ日は四畳半の茣蓙を持ち出して、特設野外道場で独り稽古をする。
この野外道場、山腹の小さな神社の境内。
なんと、真正面に富士山をいただく絶景ポイント。
春にはさらに桜が満開。
ここに茣蓙を敷くだけで道場はできあがり。

e0297347_21265394.jpg

小春日和に爽やかな風を受けながら稽古は続く。





(完)
by doitsuwine | 2018-03-05 21:27 | 生活 | Comments(2)
ブダペストの町を歩いていると、路上で「ホットワイン」を売っている。

e0297347_20545574.jpg

そう、これも焼き栗と並ぶヨーロッパの冬の風物詩の一つ。
いつもならば勇んで買うところだが、身体の調子がイマイチ。
なので横目で見ながら我慢して通り過ぎた。






(完)
by doitsuwine | 2018-02-24 17:51 | ハンガリー | Comments(2)
ぽっかぽかの先週末、焼津市花沢地区を訪ねた。

e0297347_18362220.jpg

焼津市花沢地区は伝統的建築物群保存地区の指定を受けている。

e0297347_18363760.jpg

私は全国にあるこの伝統的建築物群保存地区をすべて踏破するぞという、だれから見ても「異常な野望」を抱いている。

e0297347_1837017.jpg

もうすでに半分以上はクリアしているから、あながち不可能な挑戦でもない。

e0297347_18372155.jpg

花沢地区についてはネットでいくらでも検索できるので、ここでは雰囲気だけ紹介します。

e0297347_18374050.jpg

屋敷は街道の西側、つまり花沢川の右岸に集中し、石垣を築いて屋敷地を造成している。

e0297347_1838121.jpg

ここを歩いているだけで心が癒やされるのはどういうわけだろうか。

e0297347_18383552.jpg

各家では特産のミカンを無人販売している。

e0297347_18385775.jpg

でも私はそれを買わずに下仁田ネギを買った。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-17 17:24 | 静岡 | Comments(0)
奈良井と木曽福島。
どっちのアイスキャンドル祭りが元祖なのだろうか。
多分、様子から見て奈良井だろう。

電車で木曽福島へ戻り、宿までの古道を歩く。

e0297347_2036091.jpg

e0297347_20362438.jpg

こちらはまた奈良井とは雰囲気がちがっていて、

e0297347_2036555.jpg

e0297347_20371644.jpg

これはこれで楽しめた。





(完)
by doitsuwine | 2018-02-14 17:31 | 長野 | Comments(2)
宿で夕食を済ませ、再び奈良井へ。

e0297347_21585899.jpg

アイスキャンドル祭りを見るため。

e0297347_21593093.jpg

幻想的であり

e0297347_21595445.jpg

浪漫的であり

e0297347_2201522.jpg

そしてまた情熱的でもある

e0297347_2203226.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-13 17:54 | 長野 | Comments(0)
今年もまた早々に奈良井宿に来てしまった。

e0297347_20421638.jpg

何かに吸い込まれるかのように。

e0297347_20423244.jpg

この宿場の節分の夜は街道が歩行者天国になり、アイスキャンドル祭りが開催される。

e0297347_20425665.jpg

この祭りに来るのは二度目。
奈良井へはもう30回ほど来ている。

e0297347_20432270.jpg

まずは行きつけの松屋茶房さんでお茶をいただく。

e0297347_20434799.jpg

お品書きの上に飾られている絵は私の作品(^^;)
※近くで撮影した写真を見せたいが、サインが入っているのでご勘弁。

e0297347_20451483.jpg

かわいいショパンとピアノに迎えられ、ほっこりと寛ぐ。

e0297347_2045408.jpg

いいなぁ、奈良井。

この後、木曽福島の宿に荷物を置きに行き、夕食後に再訪して祭り見学・・・






(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-10 17:34 | 長野 | Comments(0)